人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【江戸時代】に、【将軍】などの【下の世話】をする【公人朝夕人】の【土田家】について調べています。

【仕事の詳細】
【仕事が生まれた経緯】
【どんな人の世話をしてきたか】

などを知りたいのですが、この事に詳しい【書籍】を教えてください。

※信憑性が高ければサイトでも構いません。

●質問者: yuko11
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:サイト 土田 将軍 書籍 江戸時代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●35ポイント

若年寄の支配に属し、将軍が束帯して外出の際、尿筒(しとづつ)を持って従う役。将軍が尿意を催したとき公人朝夕人はこの竹の筒を袴(はかま)の裾(すそ)から差し入れて、用が済むまで持っていた。当然、世襲でこの役を受けついだわけである。

http://www.viva-edo.com/yakusyoku.html


2 ● lancer13
●35ポイント

尿筒係の役人は「公人朝夕人」と呼ばれ、これは、“朝冬臭い公務を果たす人”という意味です。

http://homepage2.nifty.com/i-tetuya/12hitoe.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ