人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

健康器具「ルームランナー」の歴史について調べています。

もともとは、イギリスで、犯罪者を拷問するための道具だったとか・・・

そもそも、ルームランナーを最初に商品化したのはどこの会社だったのでしょうか。

ルームランナーの起源に迫る情報を、どんな些細な情報でも構いませんので教えてください!

よろしく御願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:医療・健康 美容・ファッション
✍キーワード:イギリス ランナー ルー 会社 健康器具
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●50ポイント

実は、トップの写真のルームランナー。別名、トレッドミルと呼ばれている訳なんですが、その意味は、「踏み車」

英和辞典などで調べてみると、「獄舎内で懲罰として用いられていた。」

つまり、もともと拷問用器具だった訳なんであります。

このマシンが誕生したのが19世紀の初頭。中空の大きなシリンダーの外側にステップが付いていて、人が手すりにつかまって歩く仕組みだったようです。

イギリスの監獄で使用されたのが最初で、1865年の監獄法によると、16歳以上の囚人は最初の3ヶ月、この、「踏み車」 をやらなければいけなかったのでありました。

監獄法が廃止された20世紀以降は、この「踏み車」 も廃止されたのですが、その後、健康器具として復活したのでありました。

http://blog.ryuzou.com/?eid=527878

http://plaza.rakuten.co.jp/kaigai999/diary/200612170000/

◎質問者からの返答

なるほど。

これは、個人の方が推測で書かれたようなブログ記事ですが、

確かに納得してしまいます。

有力な情報です。

参考にさせていただきます!

ありがとうございます!


2 ● sibazyun
●150ポイント ベストアンサー

以下の説明は英語版ウィキペディアによります(文献(1))

ルームランナーは、英語ではふつう treadmill と呼ばれています。ことばの成り立ちは、windmill=風車、watermill=水車と同じ、踏んで(treadして)製粉したりする機械のことです。で、もともとは水車を人が踏んで、これを動力にして製粉したり、ポンプにして水をくみ上げたりしていたものです。文献(2)にし昔の絵があります。で、そのページの真ん中あたり、prisoners のところにある絵が、囚人用のtreadmill です。1817年にイギリスのCubitという人が作ったとあります。目的は囚人がだらけないように、勤勉の心をえるようにで、副産物として小麦をひいたようです。

現代の、心臓病などに対する機械は1952年に米国のワシントン大学で開発され、また1968年のケネス・クーパーの無酸素運動(アエロビクス)理論がトレッドミルや自転車こぎの普及に貢献したようです。この都市にAerobics社が家庭用のトレッドミルを作ったとのことです。

(1)http://en.wikipedia.org/wiki/Treadmill

(2)http://www.uic.edu/aa/college/gallery400/notions/histories.htm

◎質問者からの返答

分かりやすい訳、そして簡潔にありがとうございます!

拷問器具だったtreadmillが、イギリス圏では今なお、

日本で言うルームランナーのことを指すのであれば、

確かな情報なんでしょうか。。

ひとまず、教えていただいたサイト、何とか頑張って、

自力でも訳にチャレンジしてみます。

ありがとうございました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ