人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【国語】文春文庫「剣岳」327ページより。「業を海嶽の険に遣るの却て与みし易くして、内業を民舎裡に展するの甚だ苦慮多きに辟易するの際なりき」この全文読み、および全文現代語訳をお願いします。「業」「海嶽」「険」「与みし」「内業」「民舎」「展する」「際なり」すべてわかりません。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:剣岳 国語 文春文庫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mododemonandato
●60ポイント

「なりわいをかいごくのけんにやるのかえってくみしやすくして、ないごうをみんしゃりにてんするのはなはだくりょおおきにへきえきするのさいなりき」

「仕事を海や山のような危険な所にやるのは却ってやりやすい、内職を民の家に広げるのは苦しみが多くてうんざりする程である」

業 なりわい、仕事

海嶽 海と山

険 山などのけわしいこと。また、その場所。難所。

与みし易い 相手として扱いやすい。相手として恐れるに足りない。

内業 内の生業 内職

民舎 民の家

展する 展開する、広げる。

際 物事の程度。ほどあい

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ