人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世間的に誰もが知っていて当たり前の有名な「料理・食べ物」の、
意外な雑学について情報を集めています。

例えば、
●もともと、実は今とは違う食べ方が主流だった(昔は意外な食べ方をしていた、という情報)
●もともと、実は今とは違う素材を使っていた(昔は意外な食材が使われていた・・、という情報)

など、今と昔で、「食べ方」や「素材・材料」が全然違う!という料理・食べ物について教えてください!

よろしく御願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
✍キーワード:全然 料理 雑学 食べ物 食材
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● nekomanbo56
●17ポイント

お好み焼き類の起源は、安土桃山時代の千利休が作らせていた「麩の焼き」であるといわれている。その後、麩の焼きを起源として江戸末期から明治にかけ、味噌の代わりに餡を巻いて作る「助惣焼」が生まれる。この食べ物は東京の麹町で生まれ、明治時代には「もんじゃ焼き」「どんどん焼き」が生まれた。大正12年の関東大震災の際には主食的位置を占め、昭和になると東京ではウスターソースを塗って食べる「文字もんじゃ焼き」や「一銭洋食」が食料不足を補う方法としてもてはやされるようになる。それらが大阪にも伝わり、コンニャクや豆の具を入れしょう油味で食べる「ベタ焼」「チョボ焼」が誕生し、それが各種鉄板料理へと派生、関西地方や広島県において現在「お好み焼き」と呼ばれるスタイルに発展したといわれる。(麩の焼き -> 助惣焼 -> もんじゃ焼き -> どんどん焼き -> 「お好み焼き」)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%A5%BD%E3%81%BF%E7%84%B...


仏事用菓子。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%A9%E3%81%AE%E7%84%BC%E3%81%8...


2 ● kinnoji7
●17ポイント

昔のスイカの食べ方は今とは違っていた

http://hisitu.bne.jp/zatugakuou/871.html


3 ● lancer13
●16ポイント

昔の栗の食べ方

http://kakunodate-kanko.jp/blog/2008/08/post_893.html


4 ● afurokun
●16ポイント

海苔は、昔は自分で焼いて食べるものでした。

http://esperanza-inc.jp/nori/eat.htm


5 ● Lew
●16ポイント

江戸時代にオランダから入ってきたカステラは当時味噌汁の具として食されていた。

また、江戸時代にはお菓子として認識され、明治初期には一般的に食されるようになった。ただ、今われわれが食べているカステラというより、パンケーキに近かった。甘味には水あめが使われていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A...


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ