人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

みんなの翻訳という素晴らしいサイトが誕生しましたがこのサイトの誕生は今後翻訳家にとって仕事面そしてツール面など、どの様な影響を与えるのでしょうか?専門の方の詳しい予想と解説をお聞きしたいです。

●質問者: buyout
●カテゴリ:インターネット
✍キーワード:サイト 翻訳 翻訳家 誕生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]試しに使ってみましたが australiagc

QRedit、まずページの読み込みがほとんど成功しません。まあこういったシステム的仕様は改善されるでしょう。


コンテキスト形式の辞書は良いですね。ちょっと単語が分からない時などは。ただ、本当に訳すのに悩む単語や文節を調べる時は例文などと付き合わせて訳して行くので、直訳が出てもあまり意味が無いかも知れませんね。おおよその単語の直訳くらいはすぐに出てこないと、翻訳の仕事なんてできないでしょうから。


こういったボランティア形式のサービス自体は先進的で良いと思います。wiki的な概念ですよね。ただ、wikipediaの日本語記事のクオリティの偏りを見ると分かるように、日本ではいわゆる「プロ」や「専門家」と呼ばれる人たちが無償で進んで知識や技術を提供する傾向が極めて弱い気がします。恐らく、このサービスを日本で伸ばそうとするとかなり難渋するかと。むしろ、自己主張の強い北米人をターゲットにした方が早くサービスが普及しそうです。


[2]専門でやっている人とは無縁のサイトかと TeX

大体、翻訳でお金をもらって生活している人は、無料で翻訳などやるわけがない。

不特定多数の人がかかわっているので、品質面での保証もどうなのかと思うし、専門家と非専門家の住み分けみたいなのはあるのではないかと。


[3]>1 大助かりです!!! Mathusala

ぼくは英語を真面目に勉強していなかったので、

現在、あるサイトを翻訳中です。

ちゃんと勉強していたら、わざわざ和訳する必要は無かったと思います。

印刷すると、100ページを越えるので、非常に有り難いです。


[4]>2 住み分け kaobook

住み分け・・・あると思います。

やっぱり有料な分だけ働きが違うだろうし。

よっぽどのボランティア精神と時間のある人は別として・・・そんなの稀でしょうし。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ