人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【行動美学入門】人前で、あなたが選ぶ、とっさの最善策は?
万年筆でギッシリと書きこんだノートに、コップの水をこぼしました。
テーブルの上にひろげていたので、たちまち全ページが濡れたのです。

1.何もしないで、そのまま放置する。
2.自然に乾くまで、窓際で外気に当てる。
3.とりあえず、フーフー息を吹きかけてみる。

4.他のノートを、ウチワ代りにバタバタ扇いでみる。
5.電子レンジに入れ、小刻みのタイマーで、乾燥させる。
6.扇風機やエアコンの風に当てながら、ときどきページを開く。

7.整髪用ドライヤーの風を吹きつける。
8.掃除機の風で、水や湿気を吸いこむ。
9.文字が滲まないうちに、なんども床に叩きつける。

X.一ページづつ、ティッシュ・ペーパーで拭きとる。
Y.一ページづつ、タオルで拭きとる。
Z.その他

from Our Pictures;グラス H2O傾国
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20090217
金と銀 ? 金融相と日銀総裁 ?

1244229004
●拡大する

●質問者: adlib
●カテゴリ:生活 ネタ・ジョーク
✍キーワード:H2O あなた エアコン タイマー タオル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 24/24件

▽最新の回答へ

[1]Z.その他 Macho-duck

ページとページの間にティッシュ・ペーパーやタオル等「吸水性」の良いものを挟み、それぞれの作業が終わった段階で一旦「水分」それらにを吸収させ、何度か「湿り気」が無くなるまでそれを繰り返し、ほぼ「湿り気」が無くなった段階で最後にもう一度何かを挟み、そしてノート自体を覆うような大きさの捨てる様な雑誌で挟み、、そしてそうやってサンドウィッチ状にしたノートを他の雑誌等を重しにして、自然乾燥するのを待ちます。


[2]Z.ゴミ箱行き hk-83

エイヤっと投げ捨てます。


[3]Z.その他 あっーーー!と驚き、ふぅ・・・とため息 kn1967

本当に「たちまち全ページが濡れた」のならば、なんと吸水力の強い紙なのだろ・・・。

もはや、手遅れではないだろうか・・・。


否!!

閉じているページは既にインクも乾いているのだから、そうそう滲みはしないはず。

そもそも万年筆で書き込むようなものなのだから、そんな吸収力などあるはずもなく

全面が濡れるのは「開いているページ」だけのはずだ!


だから、「開いているページ」の表面に乗っている水分を

タオル(箪笥まで行く時間も惜しいので手がすぐ届く範囲でティッシュだな)に吸わせながら

乾いた場所(他のページに周囲からしみこむのを防ぐため)に移動するのが、まず第一だろう。


・・・などと考えながら、とにかく気を落ち着かせる事にする。


[4]Z.ぱらぱらめくりながらドライヤー koropicot

そんな状況になったことはないですが、たぶんなったらこうするでしょうね。

ただ風を当てるよりはよっぽど早く乾くと思います


[5]XまたはYそれから5または6 sevenseven

最初にしなければいけないのは水滴でインクが流れ出してしまうことです。

開いたページの主要な水分をティッシュでも雑巾でも何でもいいので吸い取ります。拭うとインクが流れるのであくまでもティッシュを乗せて押さえて吸い取る。

その後、各ページに厚手のペーパータオルを挟んで余分な水分を吸い取ります。

あらかた水滴を吸い取ったらあとは紙にしみ込んだ水分を飛ばすために温度を上げて飛ばすか風を当てて飛ばします。


[6]XかYその後6か7か天日干し saru7

まず行うべきなのが、水分を取ることです。

乾いたタオルなどを各ページにはさみ、水分が取れなくなったら、ドライヤー等で乾かします。

その後天日干しでからっと乾かします。


[7]>2 大事なことは覚えてる kuroyuli

内容の重要性が示されていない以上、たぶん自分もそうします。大事なことなら頭に入ってるはず。書くという行為自体が、重要性の8割を占めている。


[8]1か2かな T24oe

自分的には。とりあえず乾くまで待ってみる。


[9]>1 Z その他 人前でも人前じゃなくても同じ ノートを乾かす際に、行動美学とか、他人の目とか気にしない。迷惑をかけなければよい。 miraa

具体的には、私も、ティッシュペーパーなどを各ページにはさんで、吸水させ、それを適度に繰り返します。

その情報の重要度によっては、かなり手抜きしますし、場合によってはなにもしないで捨てます。


[10]>9 とりあえず nekomanbo56

とりあえずはティッシュ・ペーパーやタオル等で水気を取りますね。

そうしないと乾かないと思いますし。その後風通しのいい場所で自然乾燥を待ちます。


[11]>5 本能的に水を吸い取らなきゃ!と思う! anst0117

とにかく、水を吸い取ります!!


[12]慌てない慌てない、 lovespread13

Z.その他

ハンカチでささっと水を拭きはらって、「よかった、普段からパイロット インキ ブルーを使っていて、比較的水に強いのよね」といって何事もなかったように、空になったグラスを片手に水をもってくるように催促した。


[13]やりそうな事? HiroKi

自分の場合、自然に乾かしながらも

ティッシュでふく???みたいにします。


[14]Xです peach-i

とにかく身近にあるティッシュで。


[15]Xその後4 meizhizi87

あー!やっちゃったーって感じで…


[16]X lqdf

こするように拭くのではなく、ティッシュかなにかで抑えるように水をとる。

実際に何度かコーヒーでやってます。。

タオルがあればタオルですが、自宅じゃなければ手近にあることってなさそうです。


[17]>12 Z.その他 kaobook

ハンカチ賛成。

でも、にじむかもね。読めるには読めると思うけど。


[18]Z.その他 自分の凡ミスの処理 VEGALEON

コップの水をこぼしたのは、自分のミス。

ましてや、万年筆で書きこんだノートをひろげたテーブルの上に置くなどの行為は、自分の凡ミス。

先ず、周囲への迷惑を考えて こぼれた水の処理やコップの処理を優先させる。

自分のノートの処理は二の次。

私なら、その場の処理が一段落したら早々にその場を立ち去り、他の場所でノートをティッシュでもタオルでもいいですから、乾かします。


[19]Xがとっさに思いつく行動です amalfi-0219

「何とかしなきゃ!」という状況だと思うので効率などはあまり考えずに身近なティッシュを使うと思います


[20]2で自然乾燥 tunamushi

乾いてふにゃふにゃになったらアイロンをかけるかも。


[21]4です otayori

タオルが一番いいと思うけど、とっさなら、扇いでしまうと思います。


[22]Z. ひとつのおもしろエピソードに HaSUmi

うわーやっちまったと思いつつも、一つのおもしろエピソードとしていいネタができた考え、どうオチをつけるか考えます。そしてノートはびしょびしょのままです、ほおっておきます。


[23]スグに側にある「雑巾」で大雑把に拭き取る。 miharaseihyou

雑巾が一番なんじゃけどのぉ。

ワイはいつも置いとる。

そりゃあキッチンペーパーを大量に使う方が吸水力はある。

キッチンで慌ててやった事あるが、じゃが、後始末の有象無象は思い出しとうもなあ。

ついでに言うと、デスク周りにキッチンペーパーのホルダーを置けるか?

置いたとして、場所塞ぎで嫌気して捨てると思う。

後は、大事なモンなら半紙の束を取り出して・・・嫌になる・・・。

捨ててもええなら「思い切って」捨てる。つもり。


[24] 9.質問者の実体験でした。 adlib

むかし、友人の結婚披露宴の招待状を受取った日から(約一ヶ月間)、

リング・ノートに《晩秋日記》を書きつづけ、新婚旅行から帰った新婚

夫妻の来訪に、サプライズ・プレゼントする瞬間、とっさの反応でした。

華やいだ気分の来客を意識した行動で、一人の時のアクシデントなら

思いつかなかったでしょう。ヒトの脳に関する、意外な記憶です。

http://q.hatena.ne.jp/1244231420

── 万年筆用黒インク二種の耐水性を確かめるべく、書いた文字を水

にさらしてみました。── こととねお試しBlog

http://kototone.blogspot.com/2008/05/blog-post_12.html

── で、つきなみですが耐水性テストしてみました。丸善のメモ用紙

「万年筆物語」に文字を書いて1時間ほど放置して水道の蛇口の下に持

っていって流水をかけるだけ。── 徒然なるままに

http://blog.goo.ne.jp/venustrap/e/27b1976e74a2fcb98d645eb296bf89...

http://images.google.co.jp/images?q=Rorschach%20inkblot%20test&s...

ロールシャッハ・テスト

http://image-search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=slv1-fftbtop&...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ