人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

酒の器に使う「徳利」の美しさについて語られている言葉ってありますか?
首がしまったのがいいとか、くびれがいいとか、小林秀雄がこう定義したとか、
あと、徳利は備前といいますが、形と関係あるのでしょうか。

●質問者: nishiya9
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
✍キーワード:くびれ 備前 定義 小林秀雄
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/5件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●35ポイント

その絶妙な歪み具合、手にしたときに

感じるしっとりとした質感はやはり匠がなせる技

がつまっています。

http://www.utsuwayayuuyuu.com/SHOP/YS-062.html


2 ● suppadv
●35ポイント

備前は鶴首徳利が有名だからではないでしょうか。

備前鶴首徳利。ちょっと長めの首がよい感じ。ゴマもたっぷりかかってよい景色。首をむんずと使ってトクトクトとどうぞ。

備前徳利

備前歳忘れの写し。二段挽きの紐作りで口の造りも力強い。独酌するにも手ごろのサイズ。使い込めばどんどんしっとりと美しくなります。

以下のような褒め言葉もあります。

粉引徳利

でっぷりとしたお腹と、引き締まった口が良いバランス。徳利の王様 粉引の徳利です。

http://calamel.jp/%E9%99%B6%E8%8A%B8%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%AE%...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ