人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よく赤ワインは健康によいと聞きます。一方、白ワインについては、そういった健康によろしいという話は聞かないばかりか、白ワインに含まれる何か?が体によろしくないとさえ言う人もあります。この当りの事実について、何がどう悪いか、飲み続けると具体的にどうよろしくないのかなど教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:事実 健康 白ワイン 赤ワイン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●50ポイント

白ワインも健康に良い

http://www.wine.or.jp/wands/1998/3/alacarte.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

何と逆な情報を持っていたということですか。

どうしてこんなことになってしまったのか?


2 ● QuestR2
●40ポイント

赤ワインの中にも酸化防止剤の亜硫酸塩が含まれてるので、体に悪いです。

http://plaza.rakuten.co.jp/kunaparu/diary/200810060000/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ワインも難しいですね。


3 ● harumi2
●40ポイント

http://www.winedesuccess.com/tokutoku_aboutWine04.shtm

URLをご覧ください。赤ワインのほうが体にいいということと、長期保存できることがわかります。私も赤ワインは家で作ります。売っているのよりはるかにおいしいです。

http://kisosuu.cocolog-nifty.com/zakki/2004/10/post_45.html

研究によると、赤ワインに含まれるタンニン、レスベラトロルなどの成分が、がん抑制の働きをする。タンニンは細胞に有害な活性酸素を取り除くなどの酸化防止作用がある。レスベラトロルはブドウなどの表皮に含まれるポリフェノール成分の一種で、がん細胞の成長を抑える働きがある。ただ、白ワインが肺がんの発生率を高める原因は不明だという

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● IroMonea
●30ポイント

赤ワインは圧倒的にポリフェノールが多い。

ここから健康のシンボルとなっている


白ワインは

白ワインには、カリウムも多く含まれていて利尿作用があり・・・

このようなところから多用しすぎると一部の持病ある方にはよくない。

例えば電解質のアンバランスや不足による心臓発作を起こす場合もある。

http://library.thinkquest.org/C007274/bulimia-j.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。白ワインの欠点について言われたのはこのあたりのことが誇張されたのでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ