人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人間は進化によって高度な知能と自我を獲得しましたが、
今後の進化でどのような能力を獲得できると思いますか?
自然選択による進化でも、DNA操作とかコンピューターと融合する話でも構いません。
(隕石衝突と氷河は無視してください。

なぜそう進化していくと考えたのかもお聞かせ下されば嬉しいです。

【例】
・超自我の獲得によって現実世界とはアクセスしなくなるという話
・テレパシーのような能力を獲得できるという話
・コンピューターと融合して肉体的世界ではなくなってる話


●質問者: ちえのわ。
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:DNA アクセス コンピューター テレパシー 人間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● kn1968
●20ポイント

ニュータイプ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B...

(理由)

テレビでやっていたから。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ニュータイプについて調べてみましたが、定義できないとなっていました。

この「ニュータイプ」がどのようなものか具体的な意見が聞きたかったです。


2 ● chinya
●60ポイント

私は、よくテレビでやっている宇宙人って人間の進化形態ではないか?と思っています。UFOはタイムマシン?

と、勝手に想像したレベルでの妄想で、何の科学的根拠もございません。すみませんが、予めご了承ください。


パソコンといったコンピュータの発達で、人間は手と頭を使い肥大化。逆に足を使わないので収縮化。

頭上などの危険はなくなるので毛は抜け落ち…。

顔のパーツは情報伝達手段がメールばかりになり、目は大きく、逆に口は小さく…。


例の宇宙人のような容姿に近づくと。


結果、きっと頭と目を使いまくるので、テレパシーで情報交換が可能になるんじゃないかなぁ、と思います。

お恥ずかしながら(苦笑)

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

はい、いろいろなかたの考えを聞きたいのでありがたいです。

やはりあの宇宙人の顔は強烈に記憶にありますね。


3 ● peach-i
●30ポイント

http://motomiya.livedoor.biz/archives/51107134.html

植物とも会話が出来るようになってくる

◎質問者からの返答

たしかに考えられますね。

その波動のようなパターンを定義すれば、植物の感情ということになり、

専門的な方法で会話できるかもしれませんね。


4 ● yukitugu
●60ポイント

人間は単一種としては明らかに増えすぎです。質量ベースでこれだけ増えた生命体は地球の歴史上他にないでしょう。多分。

オマケに基本的に白紙の状態から所属する文化から自我を植え付けられる、元々プログラムされた生き方という物が存在しないから環境に適応するんじゃなくて基本環境を変える方向で問題の解決に当たる。

惑星単位で見たとき、これは脅威以外の何者でもないと思います。

宇宙に植民でもし始めればキャパシティの問題は解決するでしょうが、流石に宇宙で長期間滞在するようになれば環境適応のため、進化するでしょう。その場合の方向性の一つとしてkn1968さんご指摘のニュータイプという概念があるわけですが、他にも「星界の紋章」に出てくるアーヴなんかも面白い概念ですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/星界の紋章

http://ja.wikipedia.org/wiki/アーヴ

このままキャパシティの問題が解決しない場合、地球という限られたスペースに適応するために「種の衰退」ということが起こるかもしれません。

強毒性ウィルスの蔓延、環境の激変等で文明が杜絶する地域が出てきた場合、理性を放棄し環境に適応した生存プログラムによって効率的に生き存えた個体がその地域で優勢になって行く可能性です。

つまりある種の先祖返りですね。まあ、そのまま滅びてしまうという可能性もあるわけですけど。というかそちらの確率の方が高いのかな。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

種の衰退によって、生き残るために知性を捨てるというのは興味深いですね。

微細な空間をコントロールするタイムマシーンのようなものを使って、

種の情報だけを送るっていうのも似ていますね。


5 ● kntr1
●60ポイント

まず現実的な話から

男性を決定するY染色体がもう直ぐ消滅するという話は有名な話です。

X染色体は、父親と母親から合成されて継承されるのに対して、Y染色体は、父親からの純粋なコピーだそうです。

このコピーの過程で、コピーミスなどが発生しどんどん情報量が少なくなっているそうです。

元々は1400個あった遺伝子が現在は45個しかないそうです。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090522_y_chromoso...

このままいくと男性はいなくなり、人類は絶滅するしかない。

そのため人類が生き残る為に必要な進化とは、Y染色体なしで子孫を残す新しい生命体へと進化する必要がある

現在Y染色体を既になくしているが、別の手段で雄になっり生殖できる齧歯類が存在します。

はたまた、フナのように雌が一人で子孫を残す生命体に進化する可能性もあります。

現在日本にいるフナは、ほとんどが雌で雄のフナを探すことは非常に困難であり、フナは、まったく同じ遺伝子の子孫を残す。

しかし、これではいずれX染色体もきえゆく運命をたどりそうな気がします。

あと物や道具にあふれかえるこれからの社会では、例でもあるような精神的な進化は、今のままでは、外的要因がない限り退化

を遂げる可能性が高いとおもいます。

機械との融合という意味では、人体のパーツがどんどん機械化していきその結果、無線やデジタル通信で情報の共有や、誰かが見ている映像を共有化するというような将来、攻殻機動隊のようなことは出来そうな気がしますね。

人口眼

http://www.gizmodo.jp/2008/03/post_3294.html

◎質問者からの返答

大変興味深いお話、ありがとうございます。

遺伝子の問題を解決するための方法が、フナのように自然の力で長い年月をかけて解決するのか、

DNA操作やコンピューターなどの科学技術によるものかとても気になりますね。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ