人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

教育機関などで本などのコピーを授業用に配布することが多いと思うのですが,著作権的に問題はないのですか?
こういうことが免除されているという公式な文書はどこにあるのでしょうか?
法律などで明文化されているものがありましたら教えてください.

●質問者: Ficus_palmeri
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:コピー 教育機関 文化 法律 著作権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● rafile
●23ポイント ベストアンサー

こういうものがあります

平成 16 年 1 月 1 日施行の著作権法改正法によって、第 35 条(学校その他の教育機関における複製)による著作権の制限. が拡大され、学習者による複製、遠隔地での授業への公衆送信等が著作権者等の許諾を得ずに行えるようになりました。

http://www.jbpa.or.jp/35-guideline.pdf#search='教育 著作権 複製'

◎質問者からの返答

ありがとうございます.

平成16年からだったのですね.


2 ● winbd
●23ポイント

http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/kyouiku/shouhisha/99/4.h...

著作権法第35条では『学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害する場合はこの限りではない』と定めています。

教育利用に関しては特別に著作権保護から免除されるという項目があるのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます.


3 ● IlO10l0Il
●23ポイント

一定の範囲内なら著作権的にも問題ありません。

法律でもちゃんと明文化されています。

http://www.cric.or.jp/qa/cs01/cs01_2_qa.html

作権法第35条第1項 学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。

◎質問者からの返答

ありがとうございます.


4 ● nekomanbo56
●23ポイント

著作権法第35条第1項 学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。


例えば、授業のために教員が他人の作品の一部を利用してプリント教材を作成し、児童、生徒に配付する場合などは、この規定により、著作権者の許諾を得ずに行えることとなるのです

http://www.cric.or.jp/qa/cs01/cs01_2_qa.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます.

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ