人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あまり知られていない【入れ歯】の“過去”について調べています
≪例えば≫
▼入れ歯が誕生した当初は、現在とは異なるフォルム・カラー・使い方だった
▼(結果、ボツにはなったけど…)今のものとは全く違う形・使用法になる可能性もあった
などなどです

もし、ご存知な情報ありましたら、是非教えてください!!!

●質問者: tooh11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:カラー ボツ 現在 誕生 過去
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● wise10
●15ポイント

入れ歯の元祖である木床義歯(もくしょうぎし)は木製で、室町時代末期に仏像や能面を作る職人が作り出したものと言われています。

現在は1538年に和歌山市の願成寺(がんじょうじ)の尼さん、通称仏姫(ほとけひめ)が入れていたという木の入れ歯が残っています。

かなりの高額で、上下合わせて1両3分(現在の40万?50万)と言う記録が残っています。

南総里見八犬伝を書いた滝沢馬琴や平賀源内なども木の入れ歯を持っていたらしいです。

この木製入れ歯は日本独自のもので、現在の入れ歯と同じ理論で作られたそうです。

当初から入れ歯として作られていた、という意外性のないエピソードですが参考になれば幸いです。

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● chinya
●15ポイント

入れ歯は紀元前からありました。

http://www.wakaba-d.or.jp/builder/ireba/ireba1.html

紀元前5世紀頃の墓から、下の前歯を金の針金で固定したものが発掘されました。

当時は抜けた歯を抜けていない歯で金属で固定していたようです。


3 ● nekomanbo56
●15ポイント

1.古代の入れ歯

1.古代エジプトの入れ歯

エジプトには,紀元前五世紀頃、歯科専門医(ヘシ・レ 歯を癒す医師の司)がいたことが記録に残っているが、これ以前、紀元前二五〇〇年頃のものと推定される義歯らしきものがギザの墓場から一九一四年に発掘されている。現存する世界最古の補綴物である。

2.古代ギリシャの入れ歯

さらに、ギリシア文化の中心地アッチカから、推定紀元前三〇〇年頃と思われる金線や補助的に金の帯状の板で固定した補綴物が出土し、またこれと同じような補綴物がテアノからも発掘されている。

3.ローマ時代の入れ歯

このように、現在のブリッジ義歯様の補綴物は、かなり古い時代からつくられていた。欠損部を隣在歯や近接歯牙に固定する技術は、ヒポクラテスによっても紹介されているし、ローマの詩人マルチアル(紀元四〇?一〇一年)の詩の中にも象牙と獣骨で作った義歯のことが記載されている

http://homepage1.nifty.com/06216/history.htm


4 ● marietta55
●15ポイント

古代からの入れ歯の歴史

http://homepage1.nifty.com/06216/history.htm


入れ歯の歴史http://www.wakaba-d.or.jp/builder/ireba/ireba1.html

「木の文化」と手先の器用さから生まれた、日本の「木床義歯」http://www.wakaba-d.or.jp/builder/ireba/ireba1.html#ireba9



西欧の入れ歯事情

http://www.wakaba-d.or.jp/builder/ireba/ireba1.html#ireba4

ウェッジウッドの入れ歯があった!


5 ● kinnoji7
●15ポイント

総入れ歯の歴史

http://www.sinseikai-net.com/sougisinorekisi.htm


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ