人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【江戸時代】の【東京】と【ロンドン】それぞれの【上水道】の【総距離】を調べています。

※ご回答の際は、信憑性のあるソースを添えて下さい。

●質問者: yuko11
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ソース ロンドン 上水道 東京 江戸時代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●60ポイント

日本最古の水道は、神田川から江戸城下に引いた「小石川水道」だそうです。天正18年(1590)のことです。

江戸時代にはいって神田上水・玉川上水ができ、17世紀中葉に地下式上水道としては、延長150kmという世界最大の上水道にまでなりました。

http://homepage1.nifty.com/shincoo/m092rekisi-nihon.html


2 ● doji
●10ポイント

http://en.wikipedia.org/wiki/London_water_supply_infrastructure

The New River was constructed between 1609 and 1613 (being officially opened on 29 September that year), and was originally some 38 miles (60 km) long.


http://www.city.hamura.tokyo.jp/museum/corner2/corner2.html

イギリスのロンドン市内へ給水しているニューリバーは、玉川上水より40年ほど早い1613年(慶長18)年につくられました。水路の延長は約60キロメートル、現在は約43キロメートルに短縮され現役の水道施設として使われています。驚くことに、このニューリバーは、取水地と水路部分の終点との標高差がわずか5.4 メートルしかありません(玉川上水は約92メートル)。つくられた時代やその規模など、玉川上水ときょうだいともいえる上水です。

ロンドンは60kmです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ