人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

実家が自営業で、現在会社員(実家を継いでいない方)にお聞きします。
なぜ継がなかったのですか?また、将来的には家を継ぐ予定はありますか?

今私は、某ゼネコンで現場監督をしています。家は布団屋(内装もやっています)ですが、この仕事に向いていないのと
親も歳が歳(53歳)なので、1年程度どこかで修行をして戻ろうかと考えています。
でも、こんな世の中なので安定した給料を捨て、自営になるのはやはり抵抗があってかなり迷っています。
親は継がなくてもいいと言っていますが、知り合いに聞くとほぼ全員に親は戻ってきてほしいものだと言われました。
あと90年近くやっており、自分の目の前で潰れるのは一生悔いが残りそうです。

最初の質問の回答も含め、何かアドバイスをいただけませんか?よろしくお願いします。


●質問者: ikkun
●カテゴリ:就職・転職 人生相談
✍キーワード:ほしいも アドバイス ゼネコン 会社員 修行
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● standard_one
●17ポイント

我が家の場合は父親の意向として妹に継がせたい気持ちが強く、私が家業を継ぐ話をすると毎回煙にまかれました。

妹の方は徹底拒否の姿勢を崩さず嫁いでいきましたが、父親は未だに諦めていません。

ですので我が家に限って言えば父親が継がせたがらないから継がないということになります。

◎質問者からの返答

なるほど。お父さんの意向ですか。


2 ● pahoo
●17ポイント

なぜ継がなかったのですか?

いろいろな仕事をしてみたかったから。


また、将来的には家を継ぐ予定はありますか?

ありません。


こんな世の中なので安定した給料を捨て

親御さんの年齢からすると、20代後半から30代前半の方でしょうか。定年まで、あと30年前後ありますよね。その間、御社は安定して存続できるでしょうか? 会社があったとしても、クビにされない自信はありますか?

将来性を考えると、私はサラリーマンがbestな選択肢だとは考えていません。


あと90年近くやっており、自分の目の前で潰れるのは一生悔いが残りそうです。

生きていくためのビジネスです。ご自身が長いこと続けられる仕事であり、儲けを出せなければ本末転倒です。お知り合いの方には申し訳ありませんが、人情で飯は食えません(キッパリ)。

とはいえ、90年近くやっているということは、屋号にもそれなりに歴史があるのだと思います。布団屋という業態を変更させてもらうとか、直系の子どもが継承せずとも親類や知人に継がせるという考え方もあります。

◎質問者からの返答

今、働いている会社は某鉄道会社が筆頭株主なので間違いなく倒産することはなく、余程の事がない限り

クビにはなりません。

親戚も同じ職業(内装と布団屋)をやっている為、継ぐというか合併みたいな感じになるんです。

知人に継がすことは現実的にちょっと無理です・・・。


3 ● winbd
●16ポイント

今はやりたいことをやってます。

親が仕事出来なくなる頃までにその収入を超えなかったら継ぐことになっています。


とりあえず質問者さんはまだ10年?20年ぐらいは大丈夫でしょうから、いろいろやってみるのがいいと思います。

安定した給料にしても、ただの中小企業サラリーマンで90年の伝統を捨てるのはあまりにももったいないですよね。

せめて一流企業を目指すとか、会計士などの上位資格を目指すとかにして、もし合格したら家を継がないで安定した暮らしをするというような形がいいと思います。

◎質問者からの返答

>親が仕事出来なくなる頃までにその収入を超えなかったら継ぐことになっています。

これはおもしろい条件ですね。

やはり90年の歴史を捨てるのはもったいないんですよ。僕はこの歴史の中で育ってきましたから、恩返しがしたいというのもあります。

ただ理想だけでは生きていけないのも現実です・・・。


4 ● Biwa
●16ポイント

経済的な安定が一番の理由で、実家を継いでいません。

また、後述の理由から、継ぐ予定はありません。


実家は近日倒産することになり、残念ながら他の道を選んだことが正解となってしまいました。

質問者様と状況が違い、父が始めたばかりの商売ですから、自分の代でなくなってしまうのは忍びないと感じませんでしたが。


何代にもわたって商売を続けている以上、実家を継いでほしいという希望があるのは当然かもしれませんが、親は実家の商売を心配する以上に子供のことを考えるものです。

自分と同じ苦労は子供にさせてたくはないですから、継がなくていいという言葉も本音です。

また、親御さんのことを思うのなら、もし先がない商売のようでしたら、継がずに万が一の際に老後の面倒を見てあげるというのも考え方の一つです。

親子ともに収入が無くなってしまっては、路頭に迷ってしまいますから。

◎質問者からの返答

>親は実家の商売を心配する以上に子供のことを考えるものです。

>自分と同じ苦労は子供にさせてたくはないですから、継がなくていいという言葉も本音です。

これは母親に軽く相談した時に実際に言われました。心にズバッときた覚えがあります。


継ぐ継がない関係なく老後の面倒はみるつもりですよ。それが子供の責任だと思いますからね。


5 ● QuestR2
●16ポイント

帰って家業を継げばよいのでは?

それ以外の答えはありません。

◎質問者からの返答

シンプルな回答ですが、一番迷いを吹っ切ってくれる回答でもありますね。

ありがとうございます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ