人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

そぼくな疑問ですが、死者1人けが人99人でも、その逆でも、「死傷者100人」ですか。いつもなんて曖昧な情報なんだろうと気になっているんですが。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:けが 曖昧 100人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il
●20ポイント

「死傷者100人」です。


死者1人で怪我人100人以上というのは珍しいですが、死者数人で怪我人100人以上というニュースは見たことがあります。

ちゃんと「死傷者100人以上」と掲載されていました。

http://q.hatena.ne.jp/1245338063

◎質問者からの返答

ありがとうございます。やっぱりそうですか。でもなんか駄目な言葉だと思いませんか。事の程度がよくわからないんですよね。ほとんどが死ぬ密室での爆発や墜落などの事故もあれば、けが人のほうが多い群衆雪崩なんかもあるわけで。どうも気持ち悪いんですよね。


2 ● Gay_Yahng
●20ポイント

被害を受けた人が100人ということでしょう。

その時点で亡くなった人がいるし、けが人もいる。

その後も重傷者は亡くなってしまうかもしれない。

http://q.hatena.ne.jp/1245338063


3 ● suppadv
●20ポイント

>死者1人けが人99人でも、その逆でも、「死傷者100人」ですか

逆の場合で、けが人が急変する恐れを脱していれば、死者99人と奇跡の生還者が1名との報道になると思います。(これまでの報道でそんな感じのものをいくつか見たことがあります。)

http://q.hatena.ne.jp/


4 ● marietta55
●20ポイント

その規模だと緊急事故としか考えられません。

したがってアバウトにしか発表できないという事情なのでしょう。


逆に言えば、どんどん悪いニュース(死者)が増えそうな・・・ということです。

http://www.shikoku-np.co.jp/national/international/article.aspx?...


5 ● master-ryu
●20ポイント

言い回し的にはどちらも死傷者100名になると思いますが、TPOによると思いますよ。

災害や戦争などの被害については、被害者が多く詳細な情報を調べるのが難しいこともあり、

過去の事であれば詳細な情報よりもどの程度のことだったかという数字上のインパクトを出すためにもひとまとめにして扱われることが多いかと。

ニュースとかでは現在は基本的に確認できていれば死亡○名、重軽傷○名などど別れて報道されるはずです。

まあ海外での出来事の場合、死傷者○名、被災者に日本人はいませんでした等と扱われることも多いようですが…。

http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ