人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

皆さまの生涯の読書生活の中で「これは素晴らしい」あるいは「共感でき感動した」本を十冊、挙げてください。

●質問者: h-imagine1972
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:共感 読書
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● kazumori7
●15ポイント

やはりシェークスピアですね。

『ハムレット』、『マクベス』、『オセロ』、『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』、『ヴェニスの商人』、『夏の夜の夢』、『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。物語詩『ヴィーナスとアドーニス』、『ソネット集』なども

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A...

◎質問者からの返答

残念ながら私はこの分野に無知で。イギリスの血ぬられた権謀や術数の中での劇。これは日本で言うところの能や狂言のようなものでしょうか。私はイギリス物は、コナン・ドイル氏、ヘンリー・ジェイムス氏の「ネジの回転」くらいで。ご回答ありがとうございました。


2 ● clippers
●5ポイント

http://ochoshimon.net

ここにあります。(下の方です)

ちなみに、わたしは“しゃちょさん”です。

◎質問者からの返答

社長さん。わざわざ土曜日にありがとうございます。私は最近、清水義範氏の「国語入試必勝法」を読みなして、浅薄ですが酷薄な筆に魅せられました。このシリーズいいかもしれませんね。


3 ● rsc
●30ポイント

こちらはいかがでしょうか。

●荘子―中国の思想 (徳間文庫) (文庫) 岸 陽子 (翻訳), 松枝 茂夫, 竹内 好, 『中国の思想』刊行委員会

http://www.amazon.co.jp/%E8%8D%98%E5%AD%90%E2%80%95%E4%B8%AD%E5%...

●孟子 (中国の思想) (単行本) 今里 禎 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%AD%9F%E5%AD%90-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3...

●荀子 (中国の思想) (単行本) 杉本 達夫 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/%E8%8D%80%E5%AD%90-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3...

●史記列伝 1 (岩波文庫 青 214-1) (文庫) 司馬 遷 (著), 小川 環樹 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B2%E8%A8%98%E5%88%97%E4%BC%9D-1-%...

●影響力の武器[第二版] (単行本) ロバート・B・チャルディーニ (著), 社会行動研究会 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%...

●利己的な遺伝子 <増補新装版> (単行本) リチャード・ドーキンス (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%88%A9%E5%B7%B1%E7%9A%84%E3%81%AA%E9%...

●国家の品格 (新潮新書) (新書) 藤原 正彦 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E5%93%81%E6%...

●あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫) (文庫) 山田 ズーニー (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E8%...

●「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3)) (文庫) 山本 七平 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E7%A9%BA%E6%B0%97%E3%80%8D%E3%...

●逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫) (文庫) 井沢 元彦 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E9%80%86%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%...

◎質問者からの返答

すさまじ過ぎます。「山田ズーニーさん」は東京にいたとき盛んにお名前をお聞きしました。本名なのでしょうか? 井沢氏の「逆説の日本史」は学生時代「週刊ポスト」連載中のをむさぼるように読みました。ご回答ありがとうございます。


4 ● 83
●30ポイント ベストアンサー

老人と海

とてもとても好きな作品。

海で生きていた祖父がいたので。


燃えよ剣

数年本を離れていたけれど、本をまた好きに好きにさせてくれた一冊。

本のエンターテイメントとしては完璧。


晩年

好きな太宰作のなかで、どうしても気になる一冊。


種田山頭火の随筆集

俳句とともに随筆や日記を読むと世界観が広がる。


よだかの星

涙、涙、涙、

ただこれだけ。


怒りの葡萄

自分も下っ端の人間なので。


五重塔

職人の心と名文に魅せられた。


山椒魚

短編ではこれが一番。


山月記

時々自分の中にある嫌な物を理解できそうに。


にごりえ

女流NO1。

◎質問者からの返答

私が読んだことがあるのは「老人と海」、「燃えよ剣」、「種田山頭火」、「山椒魚」、「山月記」。

太宰さんは「人間失格」であまりにも楽天的なのに繊細で何となく敬遠。「五重塔」は擬古文調で挫折。

短篇でもすばらしいものは素晴らしいですよね。私は今、川端さんの「掌の小説」を読んでいます。

貴重な十冊を教えていただきありがとうございました。(なんとなく「老人と海」はヘミングウェイの体験記ではないかと思っています)


5 ● zen2009
●5ポイント

北村慶「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」

http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%A7%E4%B9%8F%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%...

本のタイトルで損をしている感じがしますが、読んでみて目から鱗が落ちました。

この本は単なる投資テクニックのためではなく、普通の人が着実に長期にわたって資産を築くためにはどうしたら良いか、ということをわかりやすく書いてあります。

どうしてこの本を読んだかと言うと、現在現役のサラリーマンは将来の年金や貯蓄について少なからず不安を持っていると思います。

私もその一人です。

もっとわかりやすく具体的な長期投資方法について書かれているのが、藤田郁雄「みんなの投資」

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E6%...

2冊とも将来の生活設計(25?30年後)を考える上でとても参考になる良書です。

◎質問者からの返答

サラリーマンのノウハウ本ですね。案外、面白い発見があって楽しいですね。しかしながら、私は

投資すると証券取引委員会から注意を受けそうな身分なので。昔、上司に「サラリーマンのままでニ億円長者になる方法」という本をいただきましたが、まず告発する。そして本を出す。とありましたので、どこかの野球選手の生き残り術にそっくりだと思い、途中で読むのをやめました。(これは冗談です)


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ