人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

毎日毎日、色んな本が出版されています。 「一般的」に本・書籍の新刊は何部以上売れると「成功」と言われているのでしょうか? 本のジャンルによって、差があると思いますが、お願いいたします。
「成功」の定義も「採算が取れた」「他の書籍よりも、貫き出て売れた」など自由に定義して頂いて構いません。

●質問者: jokuriz8n
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ジャンル 出版 定義 書籍 毎日
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● owada
●19ポイント

出版社にいた(弱小出版社の)経験からしますと、それこそ3000部売り切ったでも成功という場合がありますし、1万部売れても失敗という場合があります。もちろん大作家先生の本などで初版30000部などという場合にはやはり損益分岐点を30000部近くに設定している場合もあるかと思います。

書籍の場合には初期費用、取り次ぎ仕切り値、広告宣伝費などは定価決定時点でシミュレーション可能なものですので、更に、(初回)印刷部数は定価決定後に、主要書店などに「注文」を出していただくなどで初版印刷部数が決定するものですので、ここでもくろみ通りかどうかが成功、失敗の分岐点になるのではないのでしょうか。

だらだらと書きましたが、

?定価決定

?印刷部数決定

この2つを出版社のリスクで決定するので、この設定が、思惑通りの「販売部数」を達成できたかどうかが正否のポイントだと思っています。

(ありがちな失敗は、初版は返本の嵐にみまわれて、ぼろぼろになった本を再出荷できないのに書店から注文が殺到、二版を刷り始める。または、二版を出した後に返本の嵐にみまわれる)

http://www.nippan.co.jp/

http://www.tohan.jp/

結局この2社がどれだけ本を預かってくれるかは大きな問題だったりしますが・・・。


2 ● IlO10l0Il
●19ポイント

宣伝費のかかってない一般小説なら500部売れれば採算がとれると言われています。


それにプラス宣伝費や、500部以上刷った場合にかかる追加費用がかかると1000部程度が目安になることもあります。


ですので1000部以上売れれば一般的には成功の部類です。

http://q.hatena.ne.jp/1245652382


3 ● afurokun
●18ポイント

何冊という基準はないですが、目安というなら重版がかかれば成功といえるでしょう。版を重ねるということはそれだけ売れているということですし、注目もされますから。ちなみに無名の新人が出してもらえるとなったときは、初版が5000部程度です。印税は100万未満くらいですね。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1818942.html


4 ● lancer13
●18ポイント

「計画した部数」が売れれば成功です。

計画部数は本の内容・分野などでも異なります。

専門書では少ないです。

文庫や新書は万のオーダーでないと成功とは言えないでしょう。

出版社は、販売部数を想定し、本の作成経費、販売経費などをにらんで定価を決めます。

想定部数をクリアして利益が出れば成功です。

私の手伝った本は初版1000部、あと500部ずつ2回増刷で計2000部でしたが、

定価2万円の本でしたから、総売上4000万円、充分成功と思っています。

http://questionbox.jp.msn.com/qa1818942.html


5 ● rsc
●18ポイント

本は、10万部以上でベストセラー、100万部以上でミリオンセラーというのは、テレビでもよく聞きます。

ちなみに、本の印税は、定価の10%が相場らしいです。

●ベストセラー

>百万以上の売り上げを指すミリオンセラーとは異なり、ベストセラーという言葉は、何冊まで売ったらベストセラーと呼べるのか曖昧である。日本では、塩沢実信の定義によると、短期間で10万部以上売れた書籍をがベストセラーであるという。但し分野によってベストセラーの基準は異なり、たとえば児童書は2万部でベストセラーとされることがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B...


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ