人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

光合成は、蛍光灯でもできるとのことですが、火の光によってもできるのでしょうか?よろしくお願いいたします。


●質問者: rhai
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:光合成 蛍光灯
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● doji
●18ポイント

http://imeasure.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_5f7e.html

まずはこれを。

640-690nmの赤色光が植物の光合成を促す。

420-470nmの青色光が葉の形状を整える効果がある。

http://school.gifu-net.ed.jp/gizan-hs/HP/ssh17/nensyouhp/spectru...

このページを見ると燃える物によって光の波長が変わってきます。

特にメタンの完全燃焼では600-700nmの光は弱くほぼ0に近いです。

完全に0ではないようなので、多く燃やすなどしたら十分に光合成できると思いますが。。。

何を燃やすかにもよって、変わってくる、ということになると思います。


2 ● きょくせん
●10ポイント

http://www.easysense.jp/easysense/ws-b1-bi.html

ぴたりと来るサイトを見つけられなかったのですが、植物は光合成と同時に代謝も行っています。で、ここで言う光合成と言う現象をどうとらえるか、が問題になると思うのですが、例えば昼間は光量が充分にあり、代謝よりも光合成の方が盛んな為、植物は二酸化炭素を吸い、酸素を吐き出すという事になるのですけれども、これが夜になると光合成がほとんど行われない事より酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出すと言う事になります。……もちろん、C4植物やCAM植物といった、昼間に光合成の中間生成物を合成しておいて、夜になったらそれを糖にすると言うのもあるので、この辺りは難しいのですけれども、まぁ、一般概念的には二酸化炭素を吸って、酸素を吐き出すということでよろしいでしょうか?

んで、ご質問の『火の光』による光合成ですが、これは上記の定義からしますと『出来ない』という事になります。もちろん、ものすごい光量の『火の光』を作り出せば可能ともいえましょうが、一般的な『火』では、無理と考えて妥当ではないか、と思います。


3 ● nanoruhodono
●20ポイント

http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2003_17948/slides/11/6.html

http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2003_17948/slides/11/img/6.png

光合成に有効な波長域は上図のとおりです。

火の光にもある程度はこの領域の光が含まれているので光合成はできます。


4 ● suppadv
●22ポイント ベストアンサー

出来ます。

ただし、太陽光と比べると光の強さは弱いので、効率は悪いです。


クロロフィルの吸収スペクトルは以下のPDfの3枚目にあるとおりで、

http://www.laser.chem.es.osaka-u.ac.jp/study/pbl/engel.pdf

木や紙やLPガスなどの炭水化物の燃焼により発生するスペクトルは以下のPDFの2ページにあるとおりです。

http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/419/7/Honbu...

これらのスペクトルが重なる部分があることから、発生する光の波長と吸収する光の波長で一致するものがあることがわかりますので、火でも光合成が出来ることが判ります。


火の光といっても、燃焼させるものが金属だったりすると、スペクトルが変るので、全ての火の光に共通するとはいえませんが。


5 ● shinok30
●18ポイント

植物育成用の蛍光灯は光合成に有効な波長を含んでいますし,

普通の蛍光灯でも青色(420?470nm)にピークはありますね

>光合成に有効な波長、つまり葉緑素の吸収波長域は400nm?700nm

>です。その中でも第一に赤色(640?690nm)と、第二に青色(420?470nm)が

>特に大切といわれています。

http://www.shining-star.co.jp/HID5.htm

http://t.nomoto.org/spectra/000198.html

http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/photosyn.htm#photrecpt

一方,炎の光の場合には完全燃焼の炎よりも

すすなどの固体微粒子群による連続スペクトルのみられる

ろうそくなどの不完全燃焼の炎の方が

有効な赤色(640?690nm)を多く含んでいそうです

>(2)なぜ炎は光を発するのか?

>原子と分子が励起することにより、エネルギーが放射され、光となっています。

> (1)発光の種類

>・線スペクトル・・・・・・励起された原子からの輻射スペクトル

>・バンドスペクトル・・・励起された分子からの輻射スペクトル

>・連続スペクトル・・・・すすなどの固体微粒子群による輻射スペクトル

>(3)スペクトルの測定結果

>? アルコール

>? ろうそく

>? メタン 完全燃焼

>? メタン 不完全燃焼

>? キャンピングガス

http://school.gifu-net.ed.jp/gizan-hs/HP/ssh17/nensyouhp/spectru...


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ