人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

季節別スーツの見分け方

同じような色合いで、春・夏のスーツと秋・冬のスーツがそれぞれ数着あるのですが、
スラックスの裏地がある、上着の背側がないなど、殆ど同じで
半日着ていてやっと、”あ、暑いかも、これ秋・冬用?”と思うくらい見分けがつきません。

どこで見分ければよいのでしょうか。

●質問者: puppetmaster2501
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:けが スラックス スーツ 半日 暑い
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● QuestR2
●0ポイント

ライターをかざして、すぐに燃えそうだったら夏物。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

物品の損傷を伴う判別方法は辞退させていただきます。


2 ● MEI-ZA-YU
●40ポイント ベストアンサー

簡単ですが、重さで判断するのがいいと思います。

春・夏用は秋・冬用より軽いはずですから。


http://archive.mag2.com/0000139975/20061106110000000.html?start=...

春夏物スーツと秋冬物スーツのウール量の違いをご存知でしょうか?

もちろん、見た目や着心地で歴然と違いを感じますが生地のグラム数がそれぞれの

季節によって違います。


春夏スーツ生地では、1m2の重さが200?250g

秋冬スーツ生地では、1m2の重さが260?350g


秋冬用のErmenegildo Zegnaトロフェオ素材を例にすれば、こちらは290g。。。

どちらかといえば重さから言って「秋」

春夏用のErmenegildo Zegnaトロフェオ素材は250g。。。

こちらは重さ言って「春」


という感じです。


夏用のスーツになれば210gですと涼しいですし、冬用のスーツであれば340gあれば

暖かくなります。なんと、重さの差が100g?130gもあるんです。


春夏の素材は、軽くするといっても限度がありますので最低でも210gになりますが

素材感で清涼感を出したりしています。モヘアやリネンを混紡した素材で重さを

カバーして涼しくなるようにしています。



あまり重さが変わらない場合は見た目や手触りで判断してください。

しかし最近、一部アパレルメーカーのスーツ(既製服)を見ていると、季節感が無いこと

に気がつきます。

仕立ては、背抜きや総裏などで差をつけていますが生地の重さが一年間

ほとんど変わらない。

======================================================================

見た目、手触りが違います。



夏用は手触りが冷たい

http://london.or.tv/turezu-09.htm

アンゴラ山羊の毛で織った生地をモヘアと呼び

手触りが冷たいので夏の高級スーツに使います。

◎質問者からの返答

丁寧にありがとうございます。

大変参考になりました。


3 ● hijk05
●40ポイント

見分けが付かない場合があります。

質問文から見ると、「春・秋・冬」のあいものであいものなのではないでしょうか?

夏用スーツは、生地が薄いので見分けがつきます。

春・夏用とか、秋・冬用とかのこの2種類の区別の仕方はあまりないと思います。

あるとしたら、「春・秋」用、夏用、冬用でしょう。

スーツの色合いでたいてい見分けがついたりしますけどね。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。

手持ちの物は あいもの の可能性が高いです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ