人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律について

現行犯の場合は民間人でも逮捕できる

とありますが、一般人が現行犯逮捕して、警察官が来るまで待っているときに
この行為を妨害して逮捕していた者を逃がした場合の罪は何ですか。

また、警察官が逮捕しているところを妨害して
逮捕されている者を逃がした場合は、公務執行妨害ですか?
それだけで済むのですか?

よろしくお願いします。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090625k0000e040065000c.html?inb=ra
このページの一番下の「◇常人逮捕」と言う部分の文章を見て思いました。

●質問者: worldtravel
●カテゴリ:生活
✍キーワード:一般人 公務執行妨害 常人 民間人 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● master-ryu
●25ポイント

刑法第100条の逃走援助に当たり、3年以下の懲役、暴行又は脅迫をした者は3月以上5年以下の懲役に処する、となります。

現行犯逮捕をされた人は条文内の「法令により拘禁された者」とされるのが通説のようです。

http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM


警察官が逮捕した場合は公務執行妨害との複合罪ということになるでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございました


2 ● IlO10l0Il
●25ポイント

一般人の逮捕を妨害して逃がした場合はそれ自体に罪はありません。

しかし当然ながらその現行犯逮捕された人間と共謀してる可能性が極めて高いですから、例えば窃盗で現行犯逮捕された人を逃がしたのなら窃盗罪の副犯として起訴される可能性があります。

もしまったく関係の無い人に対してやったのであれば、何の罪にも問われません。


警察官の逮捕を妨害して逃がした場合は公務執行妨害になります。

◎質問者からの返答

ありがとうございました

と言うことは、どこかから来た人が捕まえて押さえつけているのを

喧嘩か何かと勝手に勘違いして押さえつけている人間に対して何かをしたために

押さえつけられていた人間が逃げてしまっても何も問題なしですか...!?


3 ● winbd
●25ポイント

一般人が現行犯逮捕して、警察官が来るまで待っているときに

この行為を妨害して逮捕していた者を逃がした場合の罪は何ですか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1322332...

検察官や一般人など司法警察職員以外の私人でも現行犯逮捕は公務として扱われ、公務執行妨害が成立するようです。


警察官を妨害したらもちろん公務執行妨害です。

◎質問者からの返答

ありがとうございました


4 ● v_i_e_w
●0ポイント

http://www.wsp-jp.com/lecturer/lecturer.html

◎質問者からの返答

答えになっていません。


5 ● ラージアイ・イレブン
●25ポイント

1と3の回答は間違いで根拠がありません。

公務執行妨害罪は、妨害された人が公務員という身分を持っていることが構成要件となります。

たとえば、公務員としての権限を持たない人に「公務を中止しろ」と叫んで両手を捕まえても、そもそも「公務を中止しろ」と言われた人には公務員としての身分も権限も無いわけですから、「妨害」にならないわけです。

ですから、公務員ではない人の「現行犯逮捕」を妨害しても、それは公務執行妨害罪ではありません。

現行犯逮捕は、一番の典型例はスーパーマーケットの私服ガードマンが万引き犯人をつかまえるがごとき例が典型ですが、その私服ガードマンの現認逮捕を妨害する行為は、公務執行妨害ではなくスーパーマーケットの営業活動に対する妨害、つまり威力業務妨害罪を構成する可能性があります。

通りすがりの人や現行犯逮捕された人の身内の人が犯罪を犯していないと信じて身柄を引き取る行為は、多くの場合、善意による行為と推認できますので、犯罪を構成すると解釈するのは不適切と思われます。

ただし、いわゆる「みなし公務員」の業務を妨害した場合(たとえば信書を配達する日本郵政株式会社の配達員の配達をやめさせめる行為)は、公務執行妨害罪になる可能性があります。私服ガードマンは法令根拠がないので「みなし公務員」になりません。

まとめると、

公務員の身分がある人に対する公務の妨害=公務執行妨害

業務活動に対する妨害=威力業務妨害

それ以外=犯罪を構成せず

となります。

尚、刑法学でも公務執行妨害罪の客体は公務員に限定されるとする解釈が通説です。

大塚仁「刑法概論(各論)」P457

二 公務執行妨害罪

《略》

(2) 客体 公務員である。公務員であるとみなされる者も含む。しかし、本罪は、我が国の公務を保護しようとするものであるから、外国人の公務は、客体となりえない。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ