人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

親会社(A社/ヘラクレス上場)が、6月15日に株主総会を開きました。
当社は、その会社の連結子会社です。
その後、当社が6月19日に株主総会を開き、計算書類等の承認を行いました。

親会社であるA社よりも後に、子会社の当社が株主総会を開き、計算書類等の承認を受けるのは、
どこか齟齬はありませんか?或いは、会社法等に違法だったりはしませんか?

質問は、子会社の株主総会は、親会社のそれよりも前でなくて良いのか?ということです。
前でなくて良いのなら、それを担保する法令を紹介して下さい。

●質問者: adog
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:6月15日 6月19日 ヘラクレス 上場 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●60ポイント

子会社の方が後というのは、よく聞きます。

親会社の役員を退任してから出向して、その後、子会社の役員として、株主総会で選任される。


子会社の役員の選任が先にあると、親会社の役員を途中で辞任して、子会社に行かないと役員に選任されるのが一年先になってしまいますよね。


http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-76683/


会社法上のきちんとした根拠は示すことが出来ません。ゴメンナサイ。

しかし、コンプライアンスを重視している企業でもこのようなことが良く行われているので、大丈夫だと思いますので、一応回答を入れさせていただきました。

◎質問者からの返答

有難うございます。

お気づきの通り、コンプライアンス上問題のない、根拠を知りたいです。。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ