人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本を探しています。
「鉄道は中の空気が吸い出され乗っている人が皆窒息死してしまうので、鉄道は100km/h以上で走ることは出来ない」
とか
「太陽の寿命はあの大きさで全て石炭だとすると5000年くらいだ。」
等の当時では最先端の理論であったがまったくの的外れである理論を集めた本があったと思いましたが
書名が思い出せません。
ご存知の方教えてください。

●質問者: hide1138
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:太陽 寿命 最先端 理論 的外れ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Hyperion64
●60ポイント

上記の事例は載っていませんが、類似のエピソードがたくさん入った書籍は

ジョン・マローン「当った予言、外れた予言」(文春文庫)です。

エジソン「蓄音機には何の価値もない」

ケン・オルセン「家庭のパソコンは必要ない」などなど


また、類書の決定版は、

The Experts Speak 」とされています(持っていないのですが)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。 アマゾンで探してみます

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ