人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よく”ソフトウェア業界は文系、理系は関係ない。プログラムのロジックがわかればよい”という言葉を聞きます。
(とくにソフトウェア業界のオピニオンリーダー的な人や、ソフトウェア開発会社の社長などから)
ちなみにこの言葉、私が学生だった15年以上も前から言われています。

(1)この言葉、果たして今も本当なのでしょうか?
(2)業界としてはそうかもしれませんが、個々の会社で見ると実際は採用の時点で「理系出身の学生しか採用しません」
というのもあります。それはなぜなのでしょうか。上の言葉と矛盾しているような気がします。

なぜこんな質問をしているのかというと、私自身はソフトウェア業界の技術者(組込系)なのですが、上の言葉と、実際の職場の技術者の実態(学歴や実績など)とはかけ離れているような気がしたからです。私見としては、15年くらい前はそうなのかもしれませんが今となっては、上の言葉は少々違っているような気がします。


●質問者: masatsubame
●カテゴリ:就職・転職 コンピュータ
✍キーワード:オピニオンリーダー ソフトウェア プログラム ロジック 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● ME076223
●15ポイント

>(1)この言葉、果たして今も本当なのでしょうか?


日本ではある意味本当でしょう。

日本の会社の経営者の多くはいわゆる文系出身です。ソフト業界も例外ではありません。だから会社社長が文系理系関係ありませんというのは自分のことを念頭において発言しているのです。理系でないと駄目などと言ってしまうと自分自身の存在意義を否定しかねないですからね。

「ロジックが分からない奴は文系理系関係なくソフト業界ではやっていけない」と読み取るのが正しいと思います。


>(2)個々の会社で見ると実際は採用の時点で「理系出身の学生しか採用しません」というのもあります。それはなぜなのでしょうか。


本人の性質が文系か理系かは関係ないにしてもプログラムを製造物と考えた場合に「理系の学問を学習している」という属性を持つ人は入社後の必要な教育期間が短くて済むというメリットが雇う側にあります。

文系と言っても世間では「理系ではない」程度の意味合いしか無い場合がほとんどなので軽くフィルタをかけているに過ぎません。


2 ● yo-net
●15ポイント

>>(1)この言葉、果たして今も本当なのでしょうか?

この言葉は本当です。

理由は、過去のQuestionにも有りましたが、

通常の大学程度(東大含む)では文系とか理数系とかで違いが出てくる事はありません。

それは単に得意とか不得意というレベルにしかなりません。

また、ソフトウエアの種類にもよりますが、組み込み系と、web系と、業務系などいくつか有ります、

組み込み系は数学が得意な人の方が向くとか、事務系は文系の方が向くかもしれませんが、

ここで、ソフトウェア業界をプログラムに特化した場合、ロジックを機械的に組んでいくだけなので、

プログラマーがITどかたと言われるとおり、同じことを延々と繰り返す事が多いのです。

そこには数学や文学は関係ありません。工場で流れ作業をしているのとあまり変わりないかもしれません。

それが文系も理科系も関係ないと言われる由縁だと思います。

>>(2)業界としてはそうかもしれませんが、個々の会社で見ると実際は採用の時点で「理系出身の学生しか採用しません」

というのもあります。それはなぜなのでしょうか。上の言葉と矛盾しているような気がします。

単純に一つの理由だけでは無いと思います。

理科系に進む人の方が文科系を選ぶ人よりも目的がはっきりしている場合があります。

理科系の人は、数学が得意だから、理科系に行こうと思う人が殆どではないでしようか。文科系にも文学が好きだからという人も入ると思いますが、結構、大学に行きたいから、文科系にしたという人の数が多いのではないでしようか?

また好きこそという言葉が有りますが、車が好きだから、PCが好きだから理科系に熱心になる人が多いのも確かです。

つまり携帯電話のソフトウェア開発とか車の安全システムとかね、そういうの組むのであれば理科系の目的ががある程度

固まった人の方がいいでしようね。

逆に、商社などは経済が好きで文系に行った人の方が強いと思いますし。

しかし文系の雄と言われている銀行にも金融システムは数学が必要だからと理数系が入ったりします。

ソフトウェアでもホームページのような物語を作る感じだと文系の方が強いと思います。

このことから、その会社の業種、特に下請け系では理数系を必要とする業種が多いだけではないでしようか?


3 ● pahoo
●15ポイント

20年間、その業界で飯を食っている経験から回答をします(あくまで主観ですが――)。


(1)この言葉、果たして今も本当なのでしょうか?

技術職以外に営業職、事務職が必要ですので、その意味では本当です。昔より分業が進んでいるので、むしろ様々な知識/経験を持った人材が要求されます。

知的財産保護やコンプライアンスの遵守も重要性を増してきていますので、まったくITを知らない人材でも働き口はあります。


(2)業界としてはそうかもしれませんが、個々の会社で見ると実際は採用の時点で「理系出身の学生しか採用しません」というのもあります。それはなぜなのでしょうか。上の言葉と矛盾しているような気がします。

組み込み系の現場という限定的な職場で考えると、どうしてもハードウェアに関する経験/知識が要求されますよね。

私は正規の理系教育は受けていませんが、ラジオ少年でした。さすがに今日日、普通の学校にいる人間が基板から回路を起こすとは思えません。このため、電気/電子系の学生が好まれることはあるかもしれません。


私は技術職で、組み込み系から業務系アプリまで何でもやります。部下として欲しいのは文系と理系の区別を意識しない人物ですね。

いずれはITストラテジストを目指してほしいので、ITに関する知識はもちろんのこと、業務・経営に関する幅広い経験と知識を抵抗なく受け入れてくれる心意気を持った人材は大歓迎です。


4 ● RON
●15ポイント

この業界に20年以上います。大学は経済学部でした。幸い、最初に入社した会社の研修がよくて、一人前のエンジニアになりました。その経験から書きます。

文科系でも理工系でも、論理立ててものごとを考えるのが得意な人は、いいエンジニアになります。理工系の人はよく知らないでしょうが、経済学でも高等数学を使う分野はありますし、法学も言葉の論理が必須です。ただ文学部の多くの学部などでは論理的でなくてもかまわないところもあります。また、勉強しないでなんとか卒業できてしまうのは文科系なのは現実でしょう。

一方、理工系はすべての科目で論理ありきです。多くの学部でぎっちりカリキュラムが組まれ、こなさないと卒業できません。

この現実を見た時、理工系を採用したほうが手っ取り早い、と会社の人事が考えるのは当然でしょう。会社の人事で働いている人種は自社がなにをやっているかもよく知らないので、肩書きで人を採用するしか能がないのが大半なのでなおさらです。もっとも大手の企業はそう考えていません。理由は後述します。

社会に出てITを仕事にすると、若いうちは一日10時間は勉強、仕事をします。2年でおよそ500時間くらいにはなるでしょう。いくら理工系の学生が勉強したからといって、4年で同じくらいの時間じゃないでしょうか。こう考えると経営者からすれば、「2,3年たったら戦力」という話は事実なのです。

その後、社会ではお客さんとのつきあいや、ビジネスとしてお金を見たりしなくちゃいけなくなります。ここで理工系の人は「オレは理系だから」といって避ける人が非常に多いのではないでしょうか。文科系出身の人間はそういう自己定義がないですから、マネージャだろうが営業だろうがプロジェクト管理だろうが対応する人が多いように思います。ここが大きな差です。

大手企業では、ビジネスを仕切れる人が必要なので文科系についても理工系についても、あまり区別してなくて長い目で適正を見ます。しかし現場には理工系の人が残りたがります。あなたの周囲の人も他の職種の誘いを蹴り倒して、今の職場という人が多くないですか?

これらの理由より、IT業界は理工系だけが有効だというのは、私からすれば明らかに間違いです。


5 ● dev_zer0
●15ポイント

> (1)この言葉、果たして今も本当なのでしょうか?

はい、本当です。

文系、理系関係なくプログラムが読み書きできれば問題なく、

あなたも就業時間の殆どをプログラム、設計書の読み書きに費やしていると思います。


> (2)業界としてはそうかもしれませんが、個々の会社で見ると実際は採用の時点で

> 「理系出身の学生しか採用しません」というのもあります。

ソフトウェア業界には色々種類があります。

http://japanese.joelonsoftware.com/Articles/FiveWorlds.html


上記を踏まえて回答するとある種類のソフトウェアは専門性が高くないと

人海戦術に頼っても永遠に実装ができないものもあるからです。

ソフトウェアには人海戦術でどうにかなるものとどうにもならないものもあり、

人海戦術でどうにかなるものは学歴や実績は不問なのです。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ