人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昔、私の父が、帯状疱疹の検査を病院でするときに、ドクターが、いろんな長さの鉄の棒みたいなのを当てて、片方の手は看護士さんの手を握って検査していました。これはなんという診察なのですか?具体的に何を当てて、どう反応すれば陰性、なのでしょうか?そんな検査は外にもいろいろあるのですか?
詳しくご存知の方いらっしゃいますか?

●質問者: realtat
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:ドクター 帯状疱疹 検査 病院 看護士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● nekomanbo56
●22ポイント

あまり聞いたことないですね。

帯状疱疹は一般的に血液検査で抗体を調べる場合が多いですが。

一度水痘になると、たとえ水痘が治癒しても水痘のウイルスが神経節の中に潜伏している状態(潜伏感染)が続く。ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激などによりヒトの免疫力が低下すると、ウイルスが神経細胞を取り囲んでいるサテライト細胞の中で、再度増殖する(再活性化する)ことによって生じるのが帯状疱疹である

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%AF%E7%8A%B6%E7%96%B1%E7%96%B...

とありますので、どこにその神経細胞があるのか、長さの違う棒で判断してたのかもしれません。


2 ● v_i_e_w
●23ポイント

気孔の一種です。


3 ● SALINGER
●23ポイント

専門家ではないので確証はありませんが、高周波熱凝固療法ではないかと思います。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20060407ik0a.htm


高周波熱凝固療法は帯状疱疹の治療にも使われます。

http://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/28/1/28_19/_article/-c...


これだとすると検査ではなく、神経を麻痺させて痛みを和らげる治療の一部となります。


4 ● kanan5100
●22ポイント

医師です。

いちばん考えられるのは、「O-リングテスト」ですね。

助手が片手に持った金属棒で患者さんの患部に触れ、もう片方の手は親指と人差し指をくっつけてOの形にします。医師はその指のわっかを左右に引っ張って開こうとし、抵抗する指の筋力の変化を読み取ることによって診断や薬の選択を行うというもの。

なんでも、触れているのがよいものだと指の力が強くなり、悪いものだと力が弱くなるのだとか。はっきりいって疑似科学の領域で、まともな医者は相手にしていないんですが、どうしたわけか一部には信奉者がいて、治療や診断に取り入れている医者もいたりします。

http://shimotsuura.at.infoseek.co.jp/shinsatsu.htm

間接法:医師と患者さんの間に第三者(看護婦)がはいって、伝導性の金属棒を用いて、患者さんの患部やウイルスや細菌の感染部位を調べていく。

http://homepage2.nifty.com/tahara~d-c/hobby3.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ