人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スーツは経費で落ちる?
個人事業、中小企業を経営している場合は
スーツは経費で落とすことができますか?

●質問者: orekojinn
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:スーツ 中小企業 経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il
●14ポイント

もちろん経費に出来ます。

いわば職場の制服と同じですからね。


2 ● afurokun
●14ポイント

仕事に使う身の回り品

1.営業用に購入したスーツや靴は?

・制服や業務服・靴以外は →経費にならない

経費になるのは、仕事でしか着用しない作業服(制服)や作業靴となります。

http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20040131A/index...


3 ● kn1967
●14ポイント

個人事業、会社経営者、雇用者、従業員・・・いずれの場合も、

作業服や安全靴のように仕事専用のものであれば経費で落とせますが、

プライベートでも着れるようなスーツは経費では落とせません。


作業着に限らず、社名入りのウィンドブレイカーのように羽織るものなどでも、

福利厚生費(個人事業や経営者サイドでは無理)や

広告宣伝費などの項目で落とせますので、どうしてもということであれば、

スーツではなく作業着と主張できる格好になるしかないかと・・・。


4 ● lancer13
●14ポイント

個人事業主でも経費として計上できるものは会社設立したときと同様に多くあります。しかし法人と違うのは個人事業主の場合は財布が一緒だということなのです。法人だと会社の財布とプライベートの財布に分かれていますからこの辺はわかりやすいのです。事業用での支払いは問題ありませんが、生活用の支払いも混じっているようなこことのないよう第3者がみてもハッキリとわかるようにしておくべきでしょう。

必要経費となるものには、交通費、電話代、事務所家賃、水道光熱費、販売促進費など仕事を遂行するうえでの必要なものはすべて経費となることは法人の場合と同じです。例えば電話代にしても生活用と事業用を別にしていれば問題ありませんが、一緒のときにはすべてを経費にはすることはできません。仕事とプライベートの使う割合を按分することになります。

個人事業主の場合は電話が個人名義であったり、事務所が自宅であったりなど生活スペースと共有していることが多いと思いますが、それぞれの経費をしっかりとした理由で按分しておくことが大事になってきます。

しかし按分できないものもあります。仕事で使うスーツ代などはこれは経費になることは殆どムリだと思います。スーツは仕事でも使えますが、プライベートでも使えるものになります。実際は仕事しか使わないとはいっても現実的には証明するのはむづかしいかもしれません。もしスーツなどで経費にするとしたらユニホームのようなものや屋号などが刺繍されているものであれば経費になるかもしれません。

http://www.dokuritu100.com/archives/51560685.html


5 ● marietta55
●14ポイント

スーツは経費として認められない!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011259...


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ