人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

他の企業に企画を持ち込む時、ネタをパクられないようにするノウハウってありますか?
まとめてあるサイトや、契約書の雛形などがあれば教えてください。

NDAを結ぶ前、顔合わせの際に出来る事があれば助かります。

質問はコメント欄にどうぞ。


●質問者: micn
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:NDA コメント欄 サイト ネタ ノウハウ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● yo-net
●35ポイント ベストアンサー

普通はNDAを結ぶまでは、ネタがパクられて困るような企画書は出さないと思います。

相手が検討するためには詳細を出せというのであれば、通常はNDAを結ぶはずです。

契約を拒むのは、相手が何かを隠しているので、それについて議論すべきでしよう。

http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/serial/conspromo/02/01.html

NDAを結ぶまでは効果を述べるにとどめるべきだと思います。


2 ● integ-inc
●35ポイント

守秘義務の書類を用意してサインしてもらうのが王道でしょうね

http://www.900.fm/atena/shuhi_gimu.pdf#search=%27%E5%AE%88%E7%A7...

この程度のもので問題ないと思います


3 ● RON
●10ポイント

NDAってみなさん理解してますかね?結べばオッケーではありません。

開示する場合に、「これは弊社固有の知的財産である」と書面をもって宣言する、という内容になっているはずです。そして、「知的財産とはなにか」という定義があるわけです。

大事なことは、企画を持ち込もうが、あとで一緒にやる段階になろうが、キモの部分を絶対に自社でやるということです。企画段階で盗まれることを恐れるようなレベルの「ネタ」はたいした価値はありません。それは企画というよりも「思いつき」とか「アイデア」と世間ではいいます。

巷に「アイデアを盗まれた」といっている人がいますが、ビジネスの現場からすると当たり前でアイデアなんぞどこにでも落ちてます。法的にも保護されません。

大事なことは、それを実現するメカニズムであり、いくらの規模のビジネスが可能か、数値化されていることです。

それを持っている場合にこそ企業間でコラボレーションしよう、ということになるのです。

一応、あたりまえの企画書のURLです。

http://jobs.hi-ho.ne.jp/special/rule/no038/index.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ