人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

結婚されている方に質問です。

私は異性への好みは、自分と対称的な顔立や性格、生い立ちから始まり、それから徐々に結婚に結びつくのが健全と考えています。皆さんはどうお考えでしょうか。(一. 恋愛像に近い女性(ないしは男性)とそのまま結婚する、(ニ. 恋愛と結婚は別、(三. その他、理由はさておき皆さんはどのようなパターンをたどられましたか?


●質問者: h-imagine1972
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:それから パターン 健全 女性 性格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 25/25件

▽最新の回答へ

[1]対称的? pahoo

鏡像世界ですか?

ごめんなさい。茶化すつもりはないんですが、「対照的」だとしても意味が分かりません。

対称(対照)、恋愛、結婚という3つのキーワードの結びつきが分からないのです。


[2]恋愛から結婚 bg5551

恋愛からそのまま結婚しました。


[3]自分と対称的な顔立や性格 nanoruhodono

対照的あるいは「違っている」というニュアンスだと仮定します。


私は必ずしも自分と違っていることが健全だとは思いません。

実際に結婚した中で感じることは違っていることが面白い場面もありますし、共通していることで楽しいこともあります。全く互いに共通点が無い状態での結婚は何か我慢できなくなったらもう支えるものが無くなってしまいます。それこそ子供が唯一の接点になってしまいます。


また、完全に同じというのは無いでしょうが共通点が多い場合も何か違ったことが起きてしまったり見つけてしまった時に相手に失望する度合いが大きくてその後うまくいかない場合もあると思います。


無難な回答になりますが、ほどほどに似ていて、でも違うところもあるよね、という間柄が結婚生活をしていく上では大事だと思います。少なくとも違っていることを認められる関係が必要ですね。


結婚は結婚するににエネルギーが必要ですが別れるのもそれ以上にエネルギーが必要になるので単なる恋愛とは違うと考えています。


自分の場合は共通の趣味から入って(出会って)結婚しました。

出身地はかなり離れた違った場所でそのせいで見つかる食い違いが面白かったりしますね。


[4]縛られないほうがいい scighe

あえて「その3」で

結婚してみて一番思うのが「一緒に寝食をともにする」ということはどういうことか、につきます。あなたにはご兄弟はいますか? 幼少の頃から今まで同じテーブルに付き同じ部屋で寝たりしたことあると思いますが。つまりそれが出来るように自分を代えていく作業がいります。 特に当たり前ですが大人になって結婚するわけで、逆に大人になってから今まで寝食を別にして来た人と一緒に365日同じ家で過ごすということ。 大人同士だからの喜びと悲しみがあるのでそれを共にしていく覚悟が必要ですかね。 子供ができれば相手のことがイヤでも一緒にすごしていける「図太さ」も必要になってきます。

頑張ってください。


[5]>2 わたしもそうなるのかな? hiko3karasu

自分と対称的な顔立や性格 と言うことは無いと思います。

恋愛像と結婚観があまり違っていなかった(たまたま?)ような気がします。


[6]健全って意味がわからない。 jingooo

僕と女房は真逆と言っていいくらい性格が違いますが、あらゆるものの「好み」が合うので16年仲良くやってます。

(一. 恋愛像に近い女性(ないしは男性)とそのまま結婚する

というパターンです。

ただ、健全って意味がわからない。


[7]>6 すみませんタイプ・ミスです。 h-imagine1972

「健全」ではなく「長くもつ夫婦の出会い」はどんなものだろうかなと。私は三十半ばになり、結構恋愛もいい加減だし、結婚もいい加減なものじゃないかな、と思っています。


[8]本能 SALINGER

自分と違う部分が多い人を相手に選ぶことは健全かどうかということならば、生物学的には健全でしょう。

その方が違った遺伝子を取り込めるので進化を考えると優位。

ひょっとしたら自分と違う人に魅力を感じるのは、人間が異なる種を取り込もうとする本能なのでは。


ただし、実際はどうかというと趣味や考え方、価値観が近い人の方が知り合いやすく意気投合しやすい。

私の場合は後者でしたけど。


[9]>4 おっしゃる通りです。 h-imagine1972

「長く付き合う」これが決定的ですね。一時、香山リカさんがマザー・コンプレックスに続く、シスターコンプレックスというものが蔓延しているとおっしゃいましたが、やはり「アウンの呼吸」「話さないでも一緒に居て心地よい」がよいでしょうね。


[10]>1 失礼な話ですが、 h-imagine1972

映画女優さんなんかでも、対称的な顔の方いらっしゃいますよね。最初みて「あれつ」と思うのですが、話を聞いてみると知的で、そのチグハグさをご本人はどう毎日鏡をみつめながら考えているのか。そういうことを端緒にして男性は女性の気を引こうとします(笑)まあ、私も鏡がなければよく自分が分からないのですが、実は非対称だったりして(笑)


[11]>8 即物的な性欲、 h-imagine1972

とはそういうものでしょう。まともな人間なら価値観の一致を選びますね。


[12]>3 さんまさんの一言。 h-imagine1972

「おかあさんと一緒ようなの女性抱けますか」ですね。(私は無理です)

おっしゃる通り恋愛は多大な燃料を必要とします。私は体が弱いので「結婚」などということを考えると様々な要素を勘案し、それこそ真っ暗になります。この弱い精神力助けてー。


[13]何が健全とか y-kawaz

狭い了見で語ってもしょうがないと思います。

そういう意見が嫌いな方とは結婚は難しいと思います。


[14]>13 むしろ不健全な方が、 h-imagine1972

結婚にたどりつく速道かもしれません。


[15]>10 血は繋がっていなくても‥‥ pahoo

なるほど。

私も連れ合いも姿形は非対称ですが、子どものネタに同時に突っ込んだりしますから、ある意味、対称的かも(苦笑)。


いちおう恋愛結婚ですが、自分の両親を見ていると、雰囲気がドンドン似てくるのですよね。自分らもそうなるのかと――連れ合いには迷惑なことでしょうが。

血は繋がっていなくても、眷属として識別できるように似てくるんでしょうね。生命の不思議であります。


[16]>15 子供を育てるのは大変そう h-imagine1972

ですね。何を目標にさせたらよいのか分からない時代、また内田先生によると子供は少年期から青年期に自分のいやだと思う雑音を立て始めるようです。また性欲への目覚める頃がみにくいこと。私も親戚(女性)がきた時に笑いがとまらなくなり、後で父に「同じセクスを感じたのか」と言われ赤面しました(笑)


[17]>4 ムーン・ネバー adlib

多くの鳥類は、生れて最初に見た生物を「親」だと思いこむそうです。

やがて「親」を「異性」だと思いはじめ、求愛ダンスをするそうです。

たぶん彼らにとって「種族保存」の習性が秘められているのでしょう。

かつて皇太子は将来の伴侶を「ティファニー」などに見向きもしない

「価値観が同じ人」が理想だと語りました(19850222)。

現実は「三ツ星レストラン」で夕食を食べる「セレブ妻」だったのです。

http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%A5%C6%A5%D5%A5%A1%A5%CB%A1%B...

♪ Mancini, Henry・詞/Hepburn, Audrey・唱《Moon River 》

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD6028/index.html

── 《Breakfast at Tiffany's 19611005 America 1108 Japan》


[18]一緒にいて楽な人と結婚するのがいいと思います kyooono

結婚すると一生を共にするのだから。

それと自分らしくいられるかどうか。


[19]>18 同じく koume-1124

一緒にいて気持ちが安らぐ、素でいられる人が良いと思います。

健全とか恋愛と結婚は別とか、深く考えてたら結婚なんて出来ない気がします。


[20]「あんた何か変わった」で別れ話、 h-imagine1972

幼小期、「人斬り以蔵」で土佐藩から絶縁、人殺し稼業も廃業した以蔵を見て、女房が「あんた何か違う」と出奔してしまう。その後、以蔵は町奉行に全てを告白してしまう。そんな怖ろしい救われない物語を読みましたが、女性って「男が失業し落胆していると」その姿を見て、いたく失望なさるのでしょうか?


[21]>17 これ小噺だと思われるでしょうが、 h-imagine1972

私は、ご皇室関係はNG。触れるの怖いから。けど報道管制から逃れたいのだろうな、というご希望はよく分かります。


ビートたけし氏と松本人志氏の対談で「親父が珍しく自転車でどっか連れてったろ、言うでしょう。そうしたら自転車の後部座席に縄でくくられて、浜辺につれていかれますねん。そうしたら、親父が俺を砂浜に置いて、一人どんどんどんどん先に歩いてゆく。それ見て瞬間、「捨てられる」思うて。必死で後(あと)、ついていきましてん」という松本氏の体験談があります。


それと同様、私も浜辺で遊んでいたら、いつのまにか父がいない。「お父さん、お父さん」と泣き叫んでいると、別の男の人が「よしよしこっちににおいで」というしばらく遊なせてくれる、父の姿が向こうから見える。「このおじさん親切だし、うちのお父さん訳がわからんから、優しいこっちのおとうさんの方がいい。けれどもこれまで養ってくれたのは偏屈な父なのだから」とやむなく父の方へくだった、という似たようなエピソードがあります。


[22]私は似たもの夫婦です。 oike2006

私は、どちらかというと似てるタイプの配偶者です。

いろんなタイプありますね。

私は、そんなにシャキシャキと行動できないほうです。

そういうタイプのほうが好きな男性もいるようです。

自分はいいなあと感じても、相手は、なにも感じてくれない?もしくはそいう対象外なのか?ということもよくありました。

タイミングもあるのでしょうね。


[23]あのね・・・ to-ching

全てが成り行きなの・・・


[24]「私の失敗経験から」 h-imagine1972

(1.まず高校を卒業し定職につくか、大学生か専門学校生になる。(浪人生は駄目)



(2. 最愛の人に手紙を出す(この時、ブレたりおごったりしてはならない)



(3.一年以上交際し目移りせずこの人でいいと決断すると、合意の上でセックスをする。

(予防措置)男女とも自分の精子が環境ホルモン等で汚染されていないか医者に確認する。



(4.職場で辛い立場に立てば「妻子がいるんです」、就職活動で困れば最後のカード「妻子がおりまして」



(予防措置)エンゲージ・リングに体温が上昇すれば、アラームで相手に通知する装置をつける(これ冗談)


[25]イメージをもたないこと vengavale

「こういう人と結婚したい」と思っていた時は、自分に持っていないものを持っている人をイメージしていました。そういう人とつきあったことはありますが、結婚に至らず別れました。結婚を決めた相手には、イメージをもっていませんでした。これがうまくいっている秘訣かも。健全か、健全でないか、などの固定観念にあまりとらわれないことがいいのだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ