人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

上海でマンションを購入予定です。ローンを組もうと思っていますが、地場の銀行の人民元ローンがいいか、外資系銀行の香港ドル、米ドルのローンのどれがいいか迷っています。現在は、駐在員のため日本円で給料をもらっています。将来は、現地採用で人民元での給料の支払いになる可能性が高い状況です。香港ドルのローンであれば、人民元から香港ドルは比較的楽に両替ができるとは思っています。
ローン金利は、香港ドル、米ドルの方がすこし人民元に比べて安いです。


●質問者: e39a
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:マンション 上海 両替 人民元 地場
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● bg5551
●60ポイント

人民元は長期的にみて不安定要素がぬぐえません。

金利が安いのであれば香港ドルがいいと思います。

もし可能であれば、円で給与をもらっている間は人民元でローンを組み

収入体系が変わったときに借り換えという手もあります。

または、人民元と香港、米ドルに分けてローンが組めればいいですね。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

人民元はご存じの通り、現状ハードカレンシーではありません。よって、人民元→外貨は制限があり簡単に国外に持ち

出せません。ただし、中国の経済力が増すに従って、通貨の価値は上がると思っています。以前は、人民元より強かった

香港ドルがすでに下回っており、将来的にも逆転の可能性は低いと思います。となると、弱い通貨の香港ドルでローンを

組み、強い人民元から香港ドルに両替をして、ローン返済は為替差益を得られると考えます。また、利子率についても不

動産バブルを警戒して、中央銀行も適宜利子率を上げたり、利子の優遇措置の撤廃(現在、7掛け)などの金融政策を発動

すると思われます。将来、利子率が高くなる可能性の高い人民元よりも、先進国の香港の方が安定していると思っています。

借り換えについては、これから調べてみます。人民元、米ドル・香港ドルに分けてローンを組むというのも一つの手ですね。

可能かどうか、銀行に確認をしています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ