人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

すごく暑い『和の仕事(場)』を教えて下さい。
仕事場がものすごく暑くて汗ダクダクになる、和に関する仕事です。

ただし、ガラス、鉄などを打つみたいな感じの「火の近くで働くから」っていう仕事は私でも簡単に思いつくので、そういうのは除いて欲しいです。
例としては、「極小の折り紙を折る人」は、本当に些細な風でも紙が動いて手元が狂うので部屋を閉め切ってクーラーも止めて作業する人もいるみたいです。夏場なんかはものすごく暑くて汗ダクダクだと思います。
こういう普通に考えても思いつかない感じの暑い職場が良いです。
完全に仕事って感じでなくても趣味のようなことでも構いません。

あと、大工さんみたいな炎天下の中の肉体労働ってのも、すぐ思いつくものは除いて下さい。


●質問者: ryota11
●カテゴリ:趣味・スポーツ 旅行・地域情報
✍キーワード:ガラス クーラー 大工 折り紙 普通に
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967a
●17ポイント

柔道の先生

http://www.sakai.zaq.ne.jp/notojyudou/index.htm

◎質問者からの返答

ん?、まぁすぐ思いつきますよね。スポーツは基本的に暑いですからね。

ありがとうございます。


2 ● geul
●25ポイント

一応、焼きますが日本刀、砂時計、風鈴は手が器用じゃないとガラスが割れちゃったりしますね。

手作業するときに、火を使わないものだと陶器や畳、茶葉作りが考えられます。

茶葉は蒸しますし、畳は作業が細かいからです。

深蒸し茶 - Wikipedia

◎質問者からの返答

>日本刀、砂時計、風鈴

このあたりはやはり結局火を使う暑さなのでひとくくりにして下さい。


畳はなんかおもしろそうですね!陶器もクーラーとか付けると湿度がどうこうとかっていう問題とかもありそうですし(妄想です)。

ありがとうございます!


3 ● nekomanbo56
●50ポイント

西陣プロジェクト

染屋さん

http://www.jca.apc.org/MONODUKURI/wg/retsuden/nishijin/senko/ind...

◎質問者からの返答

おぉ?いいですね!これはちょうど良いです!


4 ● chinjuh
●50ポイント

ある一時期だけでいいなら、獅子舞の中の人。

正月にやるやつじゃないですよ。

今ごろから秋にかけて、止雨や雨乞い、豊作祈願のためにやる獅子舞です。

獅子舞

こういうやつです(八潮市大瀬。今年の分は今日終わりました)。

この扮装で一時間くらい舞い続けます。

油断してると暑さで病院送りになるので、介添えの人が途中で水を飲ませたりします。

八潮市の二丁目氷川神社(今月中ごろ)、大瀬氷川神社(もう終わった)、三郷市戸ヶ崎の戸ヶ崎神社(明日から三日間)、足立区花畑の大鷲神社(7月)、葛飾区柴又の八幡神社(10月)なんかでやります。

関東の各地(もしかしたら日本中?)でやると思うので、三匹の獅子舞とかで検索してください、

たいていは職業的な舞い手ではなく、住民がやってます。


あ、URL必須、画像だけじゃだめなんだ。

http://www.chinjuh.mydns.jp/ohanasi/tanbou/0005.htm

◎質問者からの返答

あ?いいですね?!さすがですね。

chinjuhさんはこういうのいろいろご存知っぽいですよね(イメージですが)。

ありがとうございます!


URLは無理に必須にすることなかったですね(汗


5 ● MEI-ZA-YU
●80ポイント

『清酒造り』(麹造り)

http://www.nishino-kinryo.co.jp/kura/ginjyo.html

麹造りは「モロ蓋(もろぶた)」という木箱に入れて、麹室(こうじむろ)という室温32℃前後、湿度40から70%前後に調整できる部屋で行われます。

そのため冬場でも麹室の仕事は汗だくになります。



『和紙造り』

http://203.139.202.230/08burari/08burari13.htm

お札用の和紙を漉いている同市高岡町乙、石元健昇さん(43)を訪ねた。

ちょうど原料作りの最中で、汗だくになりながらコウゾを煮込んでいた。



★金平糖作り

http://www.konpeito.co.jp/syouhin.html

仕事場の暑さと集中力や体力がいる作業の大変さは、実際聞いてる話とかけ離れた違いがありました。

http://www.analatte.com/lattespecial/48/spot4.html

左上の写真

工房の様子。夏場には50度を超えるという暑さにもかかわらず、職人さんは常に釜の傍らで金平糖を見守っています。

◎質問者からの返答

すごく良いですね。

サクッと出して下さるのがかっこいいです!

ありがとうございます!


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ