人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Adobe Premiereでは、プロジェクトファイルから動画素材へ絶対参照(ファイルのフルパスで参照)しているようですが、相対参照(プロジェクトファイルからの相対パスで参照)しない理由は何か考えられるのでしょうか?

相対参照する仕様であれば、関連するデータの入ったフォルダを渡せば他のマシンでも問題なく動くと思うのですが、Premiereの場合はその都度「ファイル※※はどこにありますか?」という質問が出て面倒に思います。

Adobeでも AfterEffects、Illustratorなどは相対参照される仕様になっているように思うのですが。

Premiereが、絶対参照していることのメリット、相対参照のデメリットがありましあら教えてください。

●質問者: tomato
●カテゴリ:コンピュータ 書籍・音楽・映画
✍キーワード:Adobe Illustrator Premiere デメリット データ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● suzancarol
●60ポイント ベストアンサー

レンダリングの問題じゃないでしょうか。

一度プレビューをかけるとレンダリングファイルが作成されます。

特にタイムライン上に並べたデータが、動画素材が変更されることで、イン点、アウト点がずれたり、音がずれたりすると

大変な状況になってきます。

それを防ぐためにも、ある程度手動確認は必然かも、とは思います。

もちろん、面倒じゃないほうがいいんですけど。

ただ、編集が進んでいくと、プロジェクトファイルが重くなっていって、レンダリングエラーがかかったりするので

あれは改善してほしいですね。

http://www.adobe.com/jp/products/premiere/

◎質問者からの返答

なるほど大変勉強になりました。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ