人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #039

THEME:「暮らしに水の恵み!雨を楽しむ&役立てるイエ・プランコンテスト」

日々の暮らしとイエの中で、こんな時どうしてますか? “イエコト・ミシュラン” は、暮らしに楽しいサプライズアイデアを語らい、★(一ツ星)?★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナーです。ハウスキーピング、ハンドメイド、エコロジー、ヘルスライフ…毎回の質問に、あなたのアイデアをご投稿下さいね!
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090706

プレゼント変更ご案内

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は7月13日(月)正午で終了させて頂きます。

1246856169
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:7月13日 theme あなた いね おすすめ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 244/244件

▽最新の回答へ

[1]観葉植物のお掃除 offkey

日差しに当てると葉が焼けてしまうので、観葉植物は室内で育ててますが、ずっと置いておくとほこりがたまってしまいます。

たまに葉を拭いてやっても、なかなか全部綺麗にはいかないものです。

そこで、ローテーションで雨の日に観葉植物の鉢を外に出して雨にあてます。

外で風に当たることと合わせて、観葉植物がみずみずしくなるのが見ていてうれしいです。

雲がかかってるので葉が焼ける心配もありません。


[2]家庭菜園の水やり r-zone

雨の水を溜めて、家庭菜園の水へと役立てています。

毎日やるものなので、溜めておくと結構便利です。

美味しい野菜を作りたいので、最近は雨が降るとちょっと嬉しいです。


[3]>2 山林の保護を aekie

オーストラリアでは雨水を生活用水に浸かっています。

この3?4年、オーストラリアは過去最大の干ばつにより、農業用水はおろか生活用水までも雨水に頼りっきりの生活です。

日本は水には困ることは少ないですが、四国の早明浦ダムのような状態になる日が来てもおかしくない。

そのためにも、山林の保護、生態系の維持の地域運動に関わりたいですね。


[4]雨の音を子守歌に fumie15

雨の夜は、雨の音を子守歌代わりにして眠ります。いつもよりぐっすりと眠れるような気がします。


[5]>1 雨はシャワー aekie

観葉植物は虫害に遭いやすいので外に出す際には十分気をつけたいものですね。

雨が降っているとき、自宅にいるか職場にいるかの二択の私にとっては、

観葉植物の沿い宇治に利用できるのは時間を有効に使うことにもなりとても素敵な提案だと思います。


[6]天水桶 iijiman

近所に、ドラム缶を改造した天水桶を置いているイエがありました。

しかし、あまり役には立っていなかったようで、最近撤去されてしまいました。

実際、汲み置きしておくとボウフラが沸いたりしますし、水道水のように蛇口からシャーっと出る訳ではなくくみ出さないといけないので不便な面もあったのでしょう。


[7]>4 雨の音 tibitora

雨が降っている日は普段よりもほかの音が少なく、聞こえにくくなりますよね。

夜は特にそうで、私も雨の日の夜は雨の音が子守唄がわりになっています。

静かな雨の音を聴きながらだとよく眠れる気がします。

でも急に雷が鳴って起こされたときにはびっくりしました。

深夜にまるで夕立みたいな雨と雷でした、雷の稲妻も見ていると綺麗だなあと思います。


[8]山林の中で aekie

雨音を聞きながら読書をすることが私の趣味です。雨音は最高のリラックス・ミュージック。

どんなにつらいことがあっても、苦しいときでも屋外で聞く雨音、

自宅で聞く雨音が私にとってのストレス軽減の源。

雨音が一番素敵だったのは、栃木県の栗山町に行ったときのこと。

地元の方と山林の奥深くまで入ってキノコ採りをしていたところ、とつぜんの大雨。

大雨で全身はびしょ濡れ。しかし、木立や葉にかかる雨粒の音が何と素敵なこと!

地面に落ちたときの音も自然の優しさを感じさせてくれる。

アスファルトで固められた平地では感じることのできない音にある種の共感を覚えました。


[9]雨水をメダカや金魚の水に tibitora

うちの実家にはメダカと金魚がいるんですが、その金魚たちに使っている水は雨水を溜めておいた水や山から湧き出している水です。

水道水にはカルキが入っていたりして魚にやさしくないそうなので昔から湧き水、雨水を使っています。

雨水や湧き水を溜めておく入れ物にもメダカがいるのですが、夏はボウフラを食べてくれていて元気に子供も増えています^^

実家に行ったときにメダカや金魚の様子を見るのも楽しみの一つです^^


[10]カタツムリとアジサイ australiagc

アジサイはもうそろそろ遅いかな?どちらも中々風流で好きです。


[11]雨漏りはかつての音楽会 wacm

雨漏りを1度や2度体験したことがあると思います。

台風やこの梅雨の時期になると、雨漏りの箇所をお父さんが直しに屋根へ向かったものです。

雨漏りの音は家族全員で楽しむことのできた数少ないオーケストラ。

家族みんなが雨漏りの大きさに合わせて持ってくる洗面器や鍋、食器、コップ…。

日常で使われているイエの仲間の奏でる音楽は楽しいものです。

落ちてくるペースの速いものは小太鼓の音。広い鍋に落ちるものは大太鼓。


住宅環境がよくなったいまでは雨漏りなんてすることはありません。

雨漏りの音を楽しむ、雨がひくのを待つ・・・そんな雨の楽しみ方がかつてあったのです。


[12]サイトでダムの貯水率を見る nakki1342

私の住んでる南の島では、梅雨があけたのですが

一時期まで梅雨なのに雨が降らない状況が続いていました

個人的には、雨の日ばかりだと嫌になるのですが

しばらく前からサイト(県の企業局のサイト上)で

ダムの貯水率を時々見るようになって

この前の雨のおかげで貯水率が少し改善されたな?とか

実感できるようになって

嫌な雨もほんの少し楽しめるようになりましたね。


[13]>7 雨のコンサート wacm

雨音は子守歌のように静かで、優しく、変化に富んでいますよね。

雨が降るとなんとなく気分も落ち込んでしまいがちですが、

そんな私の気分を変えてくれるのは自然の演奏。雨がしとしと降ったり、土砂降りだったり。

tibitoraさんのおっしゃるように、特に夜に聴く雨音は気分がよいものです。

雨の音を楽しむことができるのもおそらく初夏から初秋にかけて。

コンサートの開いているうちに存分に楽しみたいものですね。


[14]洗車 fumie15

雨をバケツにためておき、洗車に使っています。ただ注意しないと、ボウフラがわいてきたりするので気をつけています。


[15]濡れると色の変わる石で庭を飾る TomCat

これは実際にやっているわけではないのですが、いつかやってみたいと考えているアイデアです。

石って、濡れると色が変わりますよね。乾いた状態では“いかにも石”って感じの色をしていますが、濡れると鮮やかな色に変わります。どんな石でも濡れればそこそこ鮮やな色になりますが、石によっては、こちらのページで紹介されているように、驚くほどクッキリと色が変わってくれる物もあります。

http://blog.goo.ne.jp/chesceb-jj/e/158d73da6d0771523f587990429f5...

そういう鮮やかな変化を見せてくれる小石を集めてきて、濡れてもたいして色が変わらない石と合わせて、何かの模様の形に敷き詰めるんです。模様だけでなく、メッセージ性のある文字を表現してもいいですね。

そうすると、乾いている状態では、パッと見にはただの枯山水。しかし雨が降ると、鮮やかな模様が浮かび上がるという庭が作れます。そういうサプライズアートの庭。かなり面積を必要としますから、東京ではちょっと実現できませんが、地方なら可能性があるかなあ、“イエコト・ミシュラン #038”で書かせていただいた「農と芸術の里」でこんなディスプレイの庭園が造れたら面白いな、なんて考えたりしています。


[16]雨水タンク fwap

農家が実家の実家では雨水タンクを利用しています。

クルマの洗車や農業用器具、さらには沿道の花の水やりに雨水を使っています。

農業用用水のため農地が制約されてしまったり、更地で雨水を使い切れていなかったり、

雨水をそのまま農業用の側溝に流してしまうことは非常にもったいないことだと思いました。

もともと、農業に関わっていた者で環境問題に対して関心がありましたが、

雨水の利用を農業にまで活用してみると、古くからある農業や作物本来の力を引き出す農業のありがたさを実際に感じたものです。


[17]>13 雨の音 twillco

夜になるとなぜか雨の音に癒されます。

1日の終わりのゆったりとした時間に雨の音が聞こえるととても癒されます。


[18]>3 花壇の水やり twillco

実家ではガーデニングをしているので、雨が降った時は水をバケツに溜めておいて、それを使って翌日の水やりをします。

過ごしでも節水を気をつけているので、雨の水といえども無駄にはしません。


[19]>17 1/fの雨音 fwap

雨音って寝る前に聴くと本当に落ち着けますよね。

できるだけ、優しい雨で長い時間降っていてもらいたい。

雨音には"1/f"と呼ばれる自然のゆらぎがあって、これが人を心地よくするみたいです。

α波 1/fのゆらぎ?雨音のモノローグ

α波 1/fのゆらぎ?雨音のモノローグ

1/fってかつて流行りましたよね!?それが身近な自然、さらに季節の風物詩の雨にあることに驚きです。

雨でせっかくの外出機会を失ったと考えるより、イエでのリラックスタイムだと思って時間を過ごしたいですね。


[20]>11 家族で囲んだ雨漏り fwap

懐かしい!

雨音が鍋にあたったときの「トン」という音はなんとも静かで、間のある音。

この音を聞いてしまうだけで、家族は大笑いしたものです。

雨はいくらでも変化します。雨漏りしてしまうイエの悲しさ、それを囲む家族の笑い。

イエに家族がいるからこそできた楽しみの一つでもあったと思えます。


[21]>15 雨に当たると色が変化する傘 fwap

先日、あるニュースを見ました。

雨に当たると色が変化する傘

http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=90916

雨に濡れると色が変化する傘だというのです。

工芸好きな私にはこういう趣向を凝らした作品が好きです。

レインコートもあったら楽しめるだろうな‥


TomCatさんの晴れても雨でも楽しめる庭石シリーズはいいですね。

晴れと雨のときで変わる顔というのも生活に変化、それも天候の変化を反映させていて非常に芸術的だと思います。


[22]>19 雨の音 koume-1124

水の音で癒されるのは、お母さんの胎内の羊水から連想させる潜在的なモノの繋がりがあるらしいです。

シトシト降る雨は癒されますね。


[23]>20 雨漏りの音 tibitora

私の実家は今でも雨漏りをしています(^^;

少しの雨のときはしないんですが、大雨が降ったり台風のときは数箇所から雨漏りがしています。

おくものはバケツと洗面器なんですがそれぞれに音が違いますよね、子供の頃はそれがおもしろくて雨漏りをじっと見ていたりもしました(笑)

いまでは甥っ子はその雨の音楽を楽しそうに聴いています。

私の子供の頃より雨漏りが増えているのでにぎやかな音楽になっています(笑)


[24]>18 家庭菜園 tibitora

私の実家でも庭で少しですが野菜を作っています、その野菜たちや植木の草花にあげる水は雨水を溜めたものや湧き水です。

庭の野菜の作っている近くに雨水を溜めているのでじょうろで運ぶのも簡単で手間もかからなくて、水の節約にもなるので雨水を使うのはいいですよね。

庭で使う水には雨水を使って、少しでもダムの生活用水が減るのを少なく出来るといいなと思います。

これからも日ごろからの節水を心がけていたいです。


[25]>16 ベランダ菜園に:雨水 wacm

私は雨水をペットボトルに集めて、ベランダのガーデニング・ミニ菜園に使っています。

雨水を集めるペットボトルは2Lの烏龍茶がオススメ!

雨水を植物に利用する→自分の食べるものに関心を持つ→環境に関心を持つ。

雨水を利用した農業がどれだけ普及しているか分かりませんが、

昨今の食品の安全性を巡る問題を考えたとき、

雨水を農業に使うことを試しに行ってみることを小学生あたりから勉強として教えてみるといいと思いますね。


[26]>23 雨漏りの音 koume-1124

うちの実家も昔は雨漏りしてました。

雨が降ると必ず雨漏りする場所にバケツを置いていましたね。

ポツッポツッと漏れる音は、結構良いものでした。

今の家庭では雨漏りなんてそう滅多にないですよね。

貴重な経験だったかなと思います。

いまでも雨漏りしてた天井には雨漏りの時に出来たシミがあります。

それもまた良い思い出として残してあります。


[27]雨で汚れが落ちる光触媒 fwap

小学生の頃からの友人に施工業者がいたので、試しに光触媒をベランダに取り付けてみました。

光触媒の壁は雨が降ると酸化チタンの効果で汚れが落ちる!

掃除しにくい、手が届きにくい場所でも光触媒なら安心できる。

掃除をしなくなって本当にラクになりました!


中でも、ウイルスや病原菌に対しても有効らしく、塗布剤や殺虫剤に頼らない光触媒は今後の雨の利用法であり、豊かな生活の実現に貢献する者ではないでしょうか?

それに、雨という自然を利用することに、日本初の技術で雇用も生まれることで、環境安全や自然保護にも広がる可能性に期待が持てます。


[28]>5 植物が fumie15

水にぬれると、緑の葉がつやつやして余計にきれいに見えますよね。


[29]>26 停電と雨漏り aekie

雨漏りの音は単調ながらもそこには家族の団らんがありましたよね。

我が家では本当に近所のすぐ先に雷が落ちてしまい、停電になったことがありました。

停電の中、降り続ける雨音とバケツにあたる雨漏りの音、ろうそくの光が印象的です。

いつも室内灯の明かりに頼りっきりだった私は、そのときの普段とは異なる感覚が大好きです。

いまでは、お化け屋敷くらいしか体験できないので、珍しい体験ができたと思います。


[30]>22 心を洗う雨音 aekie

雨音を携帯音楽プレーヤーに入れています。

昼休みのとき、ひたすら聞き続けることでリラックスしています。

雨音に不思議と癒されてしまいます。

雨音に癒しや悲しみを求めたのは現代の私たちだけではない。

雨音の単調で複雑な音に日常の喧噪や葛藤をぬぐい去りたいですね。


[31]>24 家族 nekomanbo56

家族が野菜栽培してます。時々水やりをしてます。

トマトがとれたりおいしいですよね。


[32]>30 雨音 nakki1342

どしゃぶりの時の雨の音にはどっきっと

させられますが・・

そうでない時の降り方なら結構

好きだったりします

しばらく晴天が続いた後に聞く雨音は

どしゃぶりでもほっしちゃうのですが


[33]>32 雨の音 meizhizi87

私も雨の音を聞いて眠るのが好きです。寝る前には本を読んでいることが多いですが、雨の音を聞きながら読書するのも気持ちが落ち着きます。そして布団にくるまれば安心できて深い眠りへ導いてくれるようです。次の日、爽やかに晴れていると気分も軽やかになります。


[34]雨宿り meizhizi87

急な雨だったりすると傘を持っていないので、雨宿りのために喫茶店に入ることがあります。足早に行き交う人を見ながらコーヒーを飲んだり、友だちと一緒の時は、雨だし、もうちょっと話して行かない?と会話がいつもより弾んだり。雨の日にこうしてゆっくりと過ごす時間が好きです。


[35]雨の日のオシャレ meizhizi87

最近かわいいレインコートや長靴が目に付くようになりました。ずっと前から雨の日の傘さし運転は危険だと思っていたので、少しでも減って欲しいです。確かに、お気に入りのレインコートや長靴があれば、雨の日が楽しみになりますね。雨の日専用のオシャレって素敵だと思います。


[36]雨の日限定サービス meizhizi87

雨の日は「雨の日限定サービス」のカツ丼を食べます。いつも750円くらいするのに500円になり、ちょっと嬉しくなります。お腹いっぱい食べて午後も元気に活動し、雨の日を楽しんでいます。


[37]雨とカエル meizhizi87

雨が降るとカエルが元気に遊んでいます。田舎なので、家の窓にカエルがはりついていることが多いのですが、蚊などの小さい虫をカエルがパクパク食べているのを観察できるので、ちょっとした楽しみになっています。


[38]>33 雨の音 r-zone

私の実家はかなり古いので、大雨だとあまりのウルサさに眠れないほどです。

静かに降る雨の時には癒されますね。

心地良い音なので、リラックスしながら眠りにつけます。


[39]>36 雨の日限定サービス r-zone

私の家の近くのスーパーは雨の日になると、3割引になってます。

かなり安いので、まとめ買いの出来るものは雨の日に!と思い

どんなに疲れていてもついよってしまいます。

こうゆうサービスがあるのも雨の日のいい所ですね。


[40]>25 雨水タンク tunamushi

雨水タンクは意外に高価で驚きました。でも、ウイスキーの樽の形をしたタンクがあったり、デザインも豊富になっていきているので、家のインテリアとしても楽しめそうですね。


[41]緑のカーテン tunamushi

建物の壁に張り付くツタは建物を汚す原因となるようですが、ツタのかわりにヘチマやゴーヤ、キュウリ等の夏に成長する植物を植える取り組みが行われ始めているようです。確かに、植物で直射日光を防げるので冷房をひかえめにすることができます。そしてこの植物たちの水源として雨水を利用するのだそうです。これで水道代も節約できます。雨水はまさに天の恵みだと思います。


[42]雨音を聞きながらのんびり過ごす tunamushi

雨の日は、家の中で掃除をしたりお茶を入れてテレビを見たりして過ごしています。時にお気に入りの音楽をかけながらいつもより入念に掃除をすると気持ちがスッキリします。


[43]>35 雨の日のオシャレ tunamushi

私は天然パーマなので、昔は梅雨の前に縮毛矯正をかけて雨の日対策をしていましたが、雨の日はカールになることを利用して、巻いて楽しんだりするのもいいなぁと思い始めました。

髪型がうまくきまればその日一日幸せな気分になれます。


[44]>38 雨の音 tunamushi

雨音には心を落ち着かせる力があると思います。特に梅雨の時期は雨がいつ降ってくるのか分からないので、サーッと音もなく降ってきたりするとあたりがしんと静まりかえるようです。雨音だけを聞いて目をつむるととても癒されます。


[45]>43 長靴 koume-1124

最近は長靴がオシャレになってきて

海外セレブが履いた事から一気に火がつき

雨の日には長靴をオシャレに履きこなしている女の人が目立つようになりました。

一見、ブーツにしか見えないようなオシャレなものもあります。

私も梅雨に入ってから始めて長靴を買ったので

今年の梅雨は大活躍しています!


[46]>21 そんな石を玄関で choco-latte

モザイクタイルみたいにして使ってみたいですね。

雨が降ったときにだけ柄が浮き上がるようにしておけば

家を訪れた人の目も楽しませてくれそうです。

またお風呂の中でもいいですね。

お風呂の壁の中にいくつかの石を入れて、水鉄砲とかで狙って

遊んだり。お風呂嫌いな子供も楽しめそう!


[47]>44 雨の音 kinnoji7

夜降る雨。雨音は好きで、よく眠れます。波の音も好きです。私にとって、水の奏でる音は癒しなのでしょう。雨の音に癒しを感じる人は少なくないかも知れません。わたしも淡々と同様、雨の音に安らぎを感じます。雨降りでなくても雨の音のCDを聴きます。やっぱり雨音は癒されるますね。雨の日はウキウキすることもよくありますね。こういうのは雨男とでも言うのでしょうか。


[48]>45 長靴 kinnoji7

みなさんは今でも長靴を愛用していますか。何故かはわかりませんが、私は小学校入学くらいまでしか履いた記憶がありません。雨の日に長靴を履く人の姿も見かけなくなりました。黄色の長靴が好きだった私の家の下駄箱からも、長靴は消え失せてしまっていました。そして長靴の思い出は少年の頃の日常の断片とともに、記憶の奥底に沈殿していきましたね。少し寂しいです。


[49]>10 かたつむり&あじさい kinnoji7

6月といえば、雨、かたつむり&あじさい。私が子供のころは雨上がりには外をうろうろしてよく葉っぱの裏とかでかたつむりをたくさん見つけましたが、今はどうしたものか、ぜんぜんかたつむりに出会いません。かたつむりってアジサイの葉っぱとセットになってるイメージがすごくあるのですが、そういえば、子どものころアジサイの葉っぱの裏で見つけた記憶もなく、本当にアジサイの葉っぱなんて食べるのかなと調べてみたら、アジサイの葉には毒があって、かたつむりは食べないことがわかりました。


[50]睡蓮鉢を使った最も簡単な雨水利用法 MINT

積極的に雨水を利用している人の書き込みを読んで、わが家でもやってみたいと思いました。しかし大きなタンクを設置するほどの資金やファイトはなく、どうしたらいいのかなぁと考えていた時、陶器製の大きな睡蓮鉢が手に入ったんです。それもただで!!縁が欠けてしまったので捨てるというのを、弟がもらってきてくれたんです。さっそく欠けた部分に、新発売らしい凹凸面や水回りにも使えるという万能接着剤を使って、陶器のカエルさんを貼り付けてみました。宣伝通り、しっかり着きました♪

鉢はなかなか大きな物です。直径は50cmくらい。高さも同じく50cmくらいあります。ちょっとしたバケツなんかよりたくさん水が貯まります。

この睡蓮鉢で雨水を貯めるようになって、とても風情のある庭になりました。イメージとしては庭に池ができた感じです。

雨樋の途中から雨水を取り出すには、こういう器具を使いました。

http://www.ne.jp/asahi/kdp/k-design/raincatch.html

実はわが家ではこれを参考に弟が手作りしてしまったんですが(作っている会社の皆さんごめんなさい)、これは必要に応じて脱着できるので、普段は外しておいて雨の時だけ取り付けるようにすると、ビニールホースなどで睡蓮鉢の風情が壊れることがなくて、とってもいいんです。皆さんにもぜひお勧めです。

雨水利用というと大がかりな設備を考える人が多いと思いますが、10リットルくらいの水を貯めるだけなら、とても気軽に行うことができます。このくらいの水なら、こまめな人ならすぐ植物の水やりや打ち水に使ってしまうと思いますので、ボウフラの心配もありません。それでも全東京580万世帯が10リットルずつ貯めたら5千800万リットル。これを週に一度、月に4回貯めたとしたら年間で、えーっと、27億8千4百万リットル?計算合ってますか?実際には降水量に左右されますからこうはならないかもしれませんが、数がまとまったらすごいということはわかります。一軒10リットルを目標に全てのイエで雨水利用。そういうマチが作れたらすてきだと思います。


[51]ガラスをつたう雨 atomatom

車の中で待たされているとき、雨水が窓ガラスをつたうのを見るのがとても好きです。

しずくが落ちるルートをぼんやり眺めていると、そのうちどういうわけかある特定のしずくに感情移入してしまい、こっちに落ちろとか、まだ、もう少しそこで踏みとどまれ、そしてこっちから落ちてくるしずくと合流して大きくなれ、なんて応援してしまうんです。

待たされている時間があっという間に過ぎます。


[52]>34 雨宿り kinnoji7

今時の日本の家は雨宿りできるお宅が少ないですよね。道路に面した軒先というものがないです。徒歩3分以内のご近所さんは、塀で囲まれた一軒家がほとんど、雨宿りさせて頂くには、塀の中に入らなければいけない。映画のワンシーンのような雨宿りもときにはしてみたいですね。何かいい発見がありそうです。


[53]>41 ゴーヤーのおかげで。 atomatom

うちのベランダのゴーヤーもすくすくと伸びています。

ベランダの柵にくるくると巻き付いて葉を茂らせているのですが、思わぬ効果がありました。

それはゴーヤーの葉やツルをつたって雨水がその下にある植物に降りかかってくれることです。

ベランダですから屋根があるわけで、ゴーヤー以前はかなりの横殴りの雨でしか鉢植えの植物をうるおすことができなかったんです。それがゴーヤーのおかげで雨水が降り注ぐ、降り注ぐ。

ベランダ全体に天の恵みを受けとめることができるようになりました。


[54]雨傘 kinnoji7

雨の多い季節はおしゃれをしにくいイメージがあるが、最近はさまざまなデザインの傘やレイングッズが増えていますね。晴れた日とは違った、雨の日だからこそできるおしゃれを楽しみたいです。車通勤をしている人は持ち歩かないかもしれませんね。女性であれば、何本か持っているのが普通でしょう。出かける前の天気が怪しくても、傘を持たずに雨に降られ、ビニールがさを購入するつもりで出かけていませんか。傘を持たない人が増えた反面、雨の日は雨傘、天気の良い日は日傘と使い分けている人も多いですね。傘もファッションの一部として、雨降りや天気の良い日を楽しんでみたいです。


[55]雨の日はデッキブラシを持って canorps

雨が降ると、私は少し雨が小降りになるのが待ち遠しく

その瞬間を見逃さずにかっぱを着てデッキブラシをもって外に出ます。

その日は、このあとは続けて雨が降ることを祈ります。

我が家の門から玄関まではピンコロ石が敷き詰められ15?6段の階段があり

部分的に洗い出し加工されています。

そこにどうしても汚れがたまるのです。

溝に、表面に。

そこをデッキブラシでごしごしこすり、車庫のコンクリートの壁の水が染み出てくるところにできるコケもごしごしこすります。

部屋に戻り、雨が少し強くなると

こすった汚れがどんどん流れていくさまを思い少しうれしいです。

次の日が晴天だったりすると汚れの落ちているのが目に見えてとても気分がいいです。

たぶん、ご近所さんでは少し変わった光景かとは思うのですが

わざわざホースで水を流すよりもよっぽど良いと思いやめられません。

計画性も何もなく、なんとなく汚れが目に付いた時に雨だと

まってました!ととびでていく。

そんな私を子供と夫は窓の向こうで応援してくれます。


[56]>52 雨宿りという贅沢な時間 atomatom

時間に追われているときは、せっかく雨が降っても雨宿りがなかなかできませんね。

その場しのぎの傘を買ってしまったり、タクシーを停めたり、濡れてもいいやって走ったり。

meizhizi87さんのおっしゃるように喫茶店に入ってコーヒーを楽しむ、そういうぜいたくを自分に許してあげられるのは日曜日くらいかなあ。

そう考えると日曜日に雨に降られるのも悪くはありませんね。


[57]>39 アキバの雨の日セール some1

秋葉原でワゴンとか出している店舗とかだと、雨の日割引みたいなのがあったりします。


[58]>9 山からの水 canorps

私の家の裏は擁壁になっています。

裏が山なので。

近隣の家はぜんぜん水が出ませんが我が家とお隣さんだけは水の通り道らしくずーっと水が湧き出ています。

ヤゴがすんでいたのでとてもきれいな水なんだろうなあ。

雨水が山を通って浄化されて・・・・。

ただ、側溝を流れ雨水枡に流れ込んでいってしまうのでもったいないなあと思っていたのです。

うちでも金魚を買っているので、湧き出ているところからくみ上げて使ってみようかと思います。


[59]>39 雨の日のスーパー atomatom

そうですね、刺身なんかぐっと安くなっていますね。

それから菓子パンも安くなりますね。

ぼくは朝、弁当を作るので、その時点で夜に食べるものもだいたい予定してから家を出るのですが、雨の日ばかりは帰り道の衝動買いで一品、おかずが増えたりしますね。


[60]>48 長靴 to-ching

嫌いですね?カッパも傘も、要するに雨なんて楽しめない・・・


[61]>40to-ching

雨=お金です、資源ですものね。


[62]>56 雨宿り to-ching

確かに、雨宿りゆっくりする人なんていませんね。


[63]>57 雨水 to-ching

せめてトイレの水に遣いたいですね。


[64]>62 雨宿り peach-i

そうしている時間にふと空を見上げます。

あまり空を見上げることって無いですよね。

雨の日は特に、空を見上げることが少ないのではないでしょうか?

雨宿りの時に、空を見上げてみてください。

空の広さを感じます


[65]>12 確かに気になります to-ching

あのダム、底にあった旧役場が見えてきました!もう憂鬱ですね


[66]>60 レインブーツ peach-i

最近はおしゃれなものが増えているので、今年も可愛いものを見つけて購入しました。

雨の日が少しだけ楽しくなります。

足元をみて、水溜りにわざと入ってみては、快適な歩行を満喫しています


[67]>63 雨の日 peach-i

限定でセールをしているお店、多いですね。

雨の日に引きこもらずに外に出る意欲を与えてくれていると想うと有難いものです。

雨の日だからこそ、外に出てみよう!そんな気持ちになりますね


[68]>47 雨の音 peach-i

雨の音って、空の声のような気がします。

豪雨の時は激しく怒りを感じるような。

シトシトしているときは、穏やかな心のような。

不思議な感覚です


[69]雨の日はお家でお絵かき peach-i

大人になると、お絵かきをすることって無くなりますよね。

雨の日に、何しようかな?って考えるとたまにふとお絵かきをしたくなります。

これは、何か綺麗なものを綺麗に書こうとする必要も無いんです。

心に想ったもの、感じたもの、浮かんだものをそのまま絵や色にしていくんです。

形になっていなくても構わなくて、むしろ、浮かんだものをそのまま書くのです。

色の組み合わせも気にしません。

誰かに気に入られようと、評価されようと想ってかく必要もありません。

心の中に抑圧されたものを紙一杯に書きます。

絵を描くということは、現在の心を象徴していることもあります。

吐き出す作業でもあります。

私は決して絵は上手ではありませんが、こうして思う存分書き出すと楽しくなって心が豊かに穏やかに落ち着いていくのを感じて、楽しむことが出来ます。

普段は誰かの評価を恐れたり、誰かの視線を気にしたり・・・

息苦しい時間もあるかもしれません。

でも、時にはこうして何も気にせず自分を一枚の紙に表現するっていうのもいいなって思うんです。

雨の日に、雨音を聞きながらお絵かき・・・

是非皆さんも試してみてください


[70]>64 気づきの音 wacm

外での雨宿りの時間は貴重な待ち時間。

雨音を聞きながら次への移動先、やるべきことをイメージしています。

突発的な雨であるほど、小休止が必要だと感じますね。

意外な家事を忘れていたりするときが多いので、雨は私にとってのアラームでもあります。


[71]>70 雨音を聞きながら powdersnow

考え事をするのには、良い時間ですね。

適度に心地の良いリズムに耳を傾けていると、どこか落ち着いた気持ちになれるのがすきです。

偶然に雨宿りで立ち寄った喫茶店のコーヒーが美味しかったりすると、また嬉しい偶然です。


[72]>55 雨の日に掃除 powdersnow

玄関など、水で洗い流したい汚れが多い場所の掃除に、雨の日は最適ですね。

水の節約にもなりますし、周りが濡れているので、道路に水が流れ出して迷惑にならないかなということも考えずに済みますので。


[73]>66 お気に入りの傘 powdersnow

ビニール傘を使うことが多くなってしまっている気がしますが、やはりお気に入りの使い慣れた傘は良いですね。

大きいきちんとした傘ですと、ほとんど雨にも濡れずに、雨を楽しむ気分になれます。

自分が女性なら、傘の裏に青空が描かれた傘なんて使ってみたいと思います。

男だと流石に厳しいのですが……


[74]>51 強い雨 powdersnow

ガラスを掃除してくれるような雨は、ちょっと嬉しいですね。

ガラスに打ち付けるくらいに風が強い日ですと、音はうるさいのですが、あまりあることではないので、その光景に見入ってしまうこともあります。


[75]>29 雨もり fumie15

私の学校のサークル棟は古くよく雨漏りしていました。そのため、機械などをごみ袋のカーテンで覆っていました。みっともなかったですがいい思い出です。サークル棟はもう無くなってしまいましたが。


[76]>72 窓を拭く fumie15

雨がやんだ後で窓を拭くと雑巾がすぐに汚くなりびっくりします。でも何もつけなくても汚れが落ちるので楽でいいです。


[77]>14 洗車はなかなか大変ですからね shig55

私は雨水を貯めておくのではなく、そのまま利用します。雨の中を走ってきた車を車庫に入れ、濡れているところをウエスでこすります。車体全体が濡れているので汚れが浮き上がって落ちやすいようです。そのままでは汚れが残ってしまいますから、ホースで水をかけることになるのですが、最初の水で濡らすという一手間が省けた感じです。

以前、この汚れ落としも雨でできないかと、ウエスでこすった後、雨の中を走ったことがありましたが、普通の雨では汚れは流れ落ちてはくれませんでした。集中豪雨のような激しい雨なら、汚れを洗い流してくれるかも知れませんね。(笑)

風の強い日に洗車をすると、ほこりが濡れたところに付いてしまい、拭き上げるときに車体の表面を傷つけてしまうことがありますが、雨の日ならほこりも少なく、安心です。

晴れている日に洗車に時間をとられるのは、何かもったいない感じがしますが、雨降りの日なら多少濡れても気にならないし、洗車を楽しむことができます。もっともこれは暖かい(暑い)季節限定ですが。


[78]>68 雨音は癒される toukadatteba

なぜでしょうね。

激しい音も、静かな音も。水の音は人を落ち着かせるのかもしれません。


[79]>53 緑のカーテン toukadatteba

うちもゴーヤで緑のカーテンをつくっています。今の時期は本当にぐんぐん伸びていくので、みていて壮観ですよね^^

本当はきゅうりも育てたかったのですが、場所の都合上断念。来年はチャレンジしてみたい。


[80]行動を決める akilanoikinuki

プランA もし晴れていたら、外出。

プランB もし雨が降っていたら、室内で楽しむ。

そんな風に、天気に休みの日の行動を任せます。


雨の音は楽器の音を隠してくれるし、いっそこもりきって読書するにももってこいです。

今年は以外と、充実した雨の日が少なく、肩透かしをくった気分になっています。


[81]>31 菜園の水遣りに雨水を toukadatteba

うちもやっています。昔使っていたふたのなくなったティーポットを外に置いていて、それに雨水をため、晴れた日の水遣りに使っています。

わざわざ水汲みをしなくてもいいので、エコロジー・・・?でしょうか(笑)

効率的に無駄のない生活をしたいですね^^


[82]>54 雨傘のおしゃれ! toukadatteba

洋服に合わせて傘を変えたりしています・・・^^

また、日傘と兼用の傘は、かわいらしいフリル等がついたものが多く、雨の日をにぎやかに彩ってくれるので、重宝しています。と、そうこうしているうちに気がついたら雨傘日傘あわせて10本ちかく一人暮らしなのにあります・・・(笑)


[83]>75 雨漏り! toukadatteba

うちの部活の楽器置き場もものすごく雨漏りしていました。

なので、楽器をビニールで覆って保護していましたが・・・楽器置き場としてどうなの?ということで、数年後に楽器置き場がかわりました。懐かしい?。


[84]雨の夜に光と音の競演で楽しみたい kumonoyouni

雨どいを利用し、時間差で音を奏でるように穴をあけ、下に受け皿となるようなものを置き、音程を調整します。そして溜まった水に淡い光をあて、雨の波紋が広がるさまを鑑賞したい・・・(私の願望でした ^^;)


[85]水害の心配をしなくてもいい家 VEGALEON

「雨降り」は恵みの雨で、作物・植物の生育はもちろん、人間の営みには必要不可欠なものです。

ただ限度を超えると大雨で洪水などになり大変なことになります。

我が家は丘の一番低い土地に建っています。

昔はミカン畑の丘で、そこに一番最初に家を建てたのが我が家です。

低いといっても当時はそれが基準の高さでした。

しかし時代と共にミカン畑は造成されて次々に新しい家が建っていきました。

人間というものは、どうしても隣の家より高い位置にマイホームを建てたがるものです。

たとえブロック1個分でも・・・

水はけの事を考えると仕方無いですよね。

それに「土」からアスファルトジャングル・コンクリートジャングルと化した土地は雨水を吸収しません。

ですから我が家は大雨までいかなくても、まとまった雨でさえ心配です。

雨の溜まり場です・・・憂鬱です。

天気予報で大雨警報などが発令されると夜も心配で寝れません。

本当のことを言いますと一番高い位置の土地に家を建てて「雨を楽しみたい」ものですが、

現状を痛いほど認識していますから、それは出来ませんね。

土地の高い所でも土砂災害などの危険もあり得ますからね。

インフラ整備などをしてから宅地開発をしないと水害は防げません。

でも難しいですよね。行政指導でも・・・

官民一体となって取り組まないと。

この辺りも一昨年に大がかりな下水管、雨水管の工事を1年がかりでしましたが焼け石に水でした。

それだけ自然体系が崩れているのでしょうね。

私にとって「雨を楽しむことができるイエ」とは、水害の心配をしなくてもいい家なのです。

それさえあれば、どんなことでも楽しめます。ハイ


[86]>83 古きよき時代を思い出しました kumonoyouni

意図しない雨音が奏でるハーモニーが懐かしい?


[87]>86 雨漏り adgt

実家がしてたなぁ。


[88]レインコート sidewalk01

最近のレインコートは色々なものが出てきてますし、以前よりも簡単に着脱できるものがあって助かります。羽織るような形のレインコートは手軽ですし、登山用のものなどはカナリシッカリ守ってくれるので安心です。


[89]>82 ビニール傘越しに見える景色 sidewalk01

が好きですね。そんなに雲が厚くないときであれば、街がぼんやりと明るくってほっとする感じがします。


[90]>81 家庭菜園 sidewalk01

雨が降ってくれると手間が省けてよいですよね。


[91]>74 ガラスをつたう雨 sidewalk01

私は車の窓の水滴が、他のものとくっついたり離れたりしていくのを見るのが好きですね。一つ一つの雨粒がなんだか可愛らしく見えてくるのが不思議です。


[92]>71 雨宿り sidewalk01

なんだか生活の中で、ちょっと一息つく瞬間が現れたように感じます。意図的に足を止めるわけではないからこそ、ちょっとした落ち着きや、急ぎすぎて生活していた自分に気付くチャンスを与えてもらえるような気がします。


[93]>78 雨音のCD adgt

まえもってた


[94]>73adgt

去年買った特大の傘がお気に入り!


[95]>67 雨の日のスーパー adgt

特価品が多くなって大助かり


[96]>88 レインコート 昔はカッパ adgt

中学生の頃、カッパ着てチャリンコを飛ばしてたのを思い出した。


[97]雨上がりの虹を楽しむ powdersnow

にわか雨が降ったあと、ふと空を見上げると、虹が見えることがあります。

彩りも濃さも大きさも様々で、同じ光景を二度見ることはとても難しいものだと思います。

それだけに、本当に良い感じに架かった虹は、ずっと見ていたい気持ちに駆られますね。

にわか雨は、急に降り出して迷惑に感じることが多いですが、虹が架かった時ばかりは、良いタイミングに出くわしたと思わずにはいられません。

狙って見れるものではないだけに、貴重に感じます。


[98]>69 雨の日は芸術 otayori

絵、詩作、やりますね。


[99]小雨ならお出かけも otayori

どこも空いてるので、またゆったりして楽しめます。


[100]>94 雨の日のおしゃれ tibitora

気に入りのかさや長靴があると雨の日の外出も楽しいですよね^^

雨の日に可愛いかさやレインコートの子供が楽しそうにしているとなんだかほのぼのとした気持ちになります。

動物の顔の傘やたのしい傘、動物耳の付いたレインコートなど可愛いものがたくさんあってびっくりします^^

http://www.rakuten.co.jp/webers/661636/1887083/#1494697

http://item.rakuten.co.jp/littleleaf/2354-03/

http://www.rakuten.co.jp/funhouse/781864/1853065/1852880/1836755...


[101]東屋で雨の日が楽しめるイエ YuzuPON

今回は「プラン」とのことですので、全くの夢の構想を書かせていただきます。

東屋、つまり公園などにある休憩用の屋根だけの小屋ですね。あれが作れたらどんなにいいだろうと思うのです。敷地面積の関係で庭には無理そうですから、市街地で実現性があるのは屋上の利用です。

なぜ雨を楽しむテーマに東屋か。それは源氏物語の第五十帖、「東屋」に由来します。この巻名は浮舟の隠れ家にやってきた薫が詠んだ歌からとられています。

以下、『源氏物語 東屋 紫式部 與謝野晶子訳』青空文庫より引用。

こう言ってとめたのは弁の尼であった。雨脚(あめあし)がややはげしくなり、空は暗くばかりなっていく。宿直(とのい)の侍が怪しい語音(ごいん)で家の外を見まわりに歩き、

「建物の東南のくずれている所があぶない、お客の車を中へ入れてしまうものなら入れさせて門をしめてしまってくれ、こうした人の供の人間に油断ができないのだよ」

などと言い合っている声の聞こえてくるようなことも薫にとって気味の悪いはじめての経験であった。「さののわたりに家もあらなくに」(わりなくも降りくる雨か三輪が崎(さき))などと口ずさみながら、田舎(いなか)めいた縁の端にいるのであった。


さしとむるむぐらやしげき東屋(あづまや)のあまりほどふる雨そそぎかな


と言い、雨を払うために振った袖の追い風のかんばしさには、東国の荒武者どもも驚いたに違いない。

この時代の東屋とは「東国の簡素な作りの住居」の意でしたが、それを現代の東屋に置き換えて、屋根の下でありながら外とひとつながりの空間で、こんな古典の物語にも思いを馳せつつ、ゆったりと雨の日を楽しむイエにしてみたいのです。

現代の東屋的空間としては、デッキやテラス、ベランダなどの空間が考えられると思いますが、それらは必ず一面が母屋につながっていますから、東屋というより、縁側に近い存在と言えます。「外」と「中」の間であることは同じですが、「外」よりは「中」寄りの空間です。

これに対して東屋は母屋から完全に独立し、四方が「外」に囲まれます。東屋は屋根の下でありながらインドアではないのです。この開放感。この屋外にポツンと点として存在する侘びの感覚。これが雨の楽しみを何倍も膨らませてくれると思うのです。

東屋の周りには、葉の大きな植物をたくさん植えましょう。雨粒が滴ると、素敵な音を立ててくれるようにです。雨の日は、都会の空気も洗い流されてすがすがしくなっています。雨は市街地にも自然の気を運んでくれる貴重な現象ですから、それを「屋根のあるアウトドア」東屋で満喫できたらすばらしいと思います。


[102]>95 雨の日のスーパー miyupie777

雨の日割引あり、早めの値引きあり、特価品も多し、さらに人が少なくて買い物がしやすい。雨の日の買い物大好き!


[103]>50 レインキャッチ Lady_Cinnamon

睡蓮鉢でとても風情のある庭になるとは、素敵なアイデアですね。陶器の類が庭にあるというのは、情緒深くしてくれますね。なんというか、日本の『和』という感覚を刺激されます。

リンクでご紹介の『レインキャッチ』。こういう商品も既に出ているのですね?!驚きました。我が家もささやかながら、雨水を雨樋からバケツ類に集めているのですが、こういう発想は気付きませんでした。

大がかりでなくとも、ちょっとでもバケツや鉢に雨水を集めて、庭の植物やプランターへの水やりに使う人が増えると、水道水を使わずに済みますから、渇水などの問題もちょっと緩和されそうですね。


[104]>80 行動を決める miyupie777

私も2パターン考えてます。基本的に♪雨が降ったらお休みで〜♪なプランです。

今年はいきなりの豪雨が多く雷もひどいので、豪雨の時は思い切り楽器の練習をします。大きな音を出しても雨と雷がかき消してくれるのでご近所迷惑にならなくてラッキー♪


[105]>76 雨の日の掃除 miyupie777

うちも雨がやんだ後あるいは小降りになった時、ここぞとばかりに玄関まわりと門扉と柵をブラシでゴシゴシします。簡単に汚れがとれて気持ちいい!

すすぎは空にお願いします。すぐにまた雨が降ればラッキー!(ダメな場合も数多し…)


[106]>85 イエを建てる土地と、水の相性 Lady_Cinnamon

そうでしたか・・・、VEGALEONさんのお宅は、もともと畑だったのですね。ミカン畑となると、山の斜面も急でしょうね・・・。そこから、上へ上へと住宅が作られていった・・・これは最近増えている、土砂災害の事を考えると、雨の日=不安な日となりますね。

一方、こちらも○○台といった、急斜面・坂の多い所にマイホームがあります。父が元々建築会社の人でしたので、きちんと宅地開発をし、さらに高台の土地を押さえていたそうです。父曰く、元にあった山は歴史的にも古い土地ということで、岩盤も強くて地震や水害にもある程度は絶えれるだろうと言っておりました。

といっても、山を台地に変えたのですから、元々谷間だったり川があった土地を買った人もいるようです。そういうお宅は、イエが若干傾いたり、外壁にひびが入ったりする傾向があります。また、雨水も元々溜まりやすい土地かもしれない=水害で基礎に影響が出る・・・という事態も考えられます。

なお、もともと水田だった土地や、○○沼だとか▲▲田といった住所の土地は、歴史的に古くは水を含んでいた土地を宅地にしたわけですから、よほど土壌開発をしないと、水害に弱い土地にあたる、そういう話も聞きました。

イエを建てる=土地の確保にも気を付ける。こういう事まで下調べするのが安全のようです。


[107]>102 雨の日サービス koume-1124

雨の日はスーパーや飲食店が割引やサービスがある所が多いので良いですね。

携帯に雨の日はどこが安いとかの情報を入れています。

雨が降ったら携帯を広げてどこに行くか決めてます。


[108]>100 レインコート koume-1124

東京都では、雨の日に傘をさすと罰金を取られるようになったんですよね。

そうなるとこれからどんどん可愛いレインコートが発売されそうです。

なかなか今まで使わなかったけど、傘だと片手運転で怖いので

可愛いレインコートがあると運転も便利ですし、オシャレにも見えていいですね。

特に子供がいると、あると便利なレインコートです。


[109]>46 ガラスの石 Lady_Cinnamon

水にぬれると色が変わる石ですか?♪ これまた素敵なアイデア・情報ですね。玄関のアプローチにそって、タイル張りするのもいいし、玄関などある程度広めのスペースで模様を作ったりするのも面白そうです。

そういえば、海や川で以前はよく拾ったガラスの石も、ぬれる前と後では色の透明度が変わりますよね。

http://touhen03.exblog.jp/4761100/

ガラスの石のモザイクアートも一緒にしたら、雨の日はアート発表会になりますね。


[110]>84 素敵な楽しみ♪ Lady_Cinnamon

シンプルながらも素敵なアイデア・プランですね♪ ちょっとした玩具の鉄琴なんか置いたら、雨水くらいの粒でも、その瞬間でしか楽しめないメロディーを楽しめますね。


[111]傘のシェア miyupie777

旦那の職場では、会社専用の傘が10本ほど常備されていて、仕事中に外に出る時だけでなく、通勤時の急な雨対策として家に持ち帰ることも可能です。

これはいつも傘を忘れる旦那にぴったり。おかげで午後から雨が降り出しても大丈夫。

しかし翌朝晴れていると、前日に借りた傘の存在をすっかり忘れて出社してしまい…気がつけば玄関に会社傘が5本もあり、会社からも傘を返すよう注意されたとか…。


その、つまりですね、こういった傘のシェアがあちこちでできると便利かと思ったのですが、旦那みたいな奴がいると…ダメですかね。


[112]>107 雨の日サービス twillco

雨の日にはここぞとばかりに買い物に出かけます。

スーパーでは割り引きだし、薬局はスタンプ2倍!

近所のラーメン屋さんも雨の日は餃子が半額です。

これだけサービスしてくれると、雨でも憂鬱な気分にならず、どんどん外に出ようと思えますね。


[113]>108 日傘兼用の傘 twillco

最近、日傘兼用の傘を買いました。

急に晴れたり、雨が降ったりという事にも対応出来るので、かなり便利です。

そして、外見は黒いのですが、中がピンクなので雨が降っても明るい色なので、気分も明るくなります。

お気に入りの傘を持つだけで雨の嫌な気分が爽やかになります。


[114]>87 雨漏り twillco

雨漏りなんてコントでしか見ないでしょ〜と思っていたら最近、実家も雨漏りがするように。。

油断していましたがかなり古い家なのですが、ショックですね〜。

急いでバケツを用意しましたが

ポツポツと漏れる音を実際に聞くと、この家もかなり頑張ってたんだなと思いました。


[115]>114 借家時代 nekomanbo56

借家時代雨漏りは常連でした。

ねずみは走ってるし。


[116]>115 雨漏り、天井にしみ iijiman

雨漏りは放置しておくと天井に滲みが出来ますよね。

あれが色々な模様に見えたり。

放置しておくと建物が傷むので、あまり楽しんではいられませんが。


[117]>105 雨の日の掃除 kinnoji7

掃除は晴れた日にするものと思いがちですが、雨の日のほうが効果的な場所もあるそうですね。それは水回りです。雨の日に水回りを清浄にすると、水の気の作用で、愛情、お金など、様々な運を増やすことができるそうです。

雨の日に窓ガラス掃除すると、ガラスについたほこりが快適に取れます。玄関を箒がけすると、湿気で埃がさほど舞いません。かといって、換気のために窓を開けると部屋中ジメジメしちゃいますね。


[118]>96 レインコート kinnoji7

雨の日だけじゃなくて、普段でも使えるような、おしゃれなレインコートがあったら嬉しいですよね。雨の日ってそれだけでも憂鬱です。おしゃれなレインコートを着て出かければ、楽しくなってきますね。おしゃれなブランドのレインコートを通販で見ていたのですが、もう洋服ですね。お気に入りのレインコートで雨を楽しみたいですね。


[119]>97kinnoji7

雨上がりの空、ふと見上げると七色に輝く虹。風が爽やかに吹き抜け、空は晴れわたり、小鳥たちがうれしそうに飛びまわる。虹を見た後は、何だかいいことがありそうな、そんな幸せな気持ちになりますね。雨の日が続くと、どこかへ出かけるのもおっくうになりがちですよね。でも、もし虹が見られるなら雨の日の外出も楽しそうですね。


[120]>90 家庭菜園 kinnoji7

庭の草花や家庭菜園への水やりに、水道水を使わずに雨どいから集めた雨水を利用すれば、水道料金、下水道料金の節約になりますね。また、各家庭への雨水貯留タンクの設置がすすめば、節水だけではなく集中豪雨などの際の雨水流出抑制にも寄与しまよね。うちはまだ雨水利用というのはやってないのですが、ぜひ利用したいですね。


[121]台風が過ぎたあと、空を見上げる powdersnow

嵐の後の静けさ、とでも言いましょうか。

台風で大きな被害が出る地域ではなく、たまに通る程度だからこそ言えることかとは思いますが……

どんよりと独特の空気が漂ったあと、台風が通り過ぎ、一変して澄んだ空気に変貌する独特の空間が好きです。

さっきまでの暴風雨が嘘のような空気。

時には、青空までが覗き、とても速いスピードで雲が動いています。

こうした日常では、決して過ごすことのない一瞬の空間は、とても特別な空気を持っているように感じます。


[122]晴耕雨読……本を読もう powdersnow

窓に近く、外が見える場所に椅子を置いて、雨音をBGMに本を読みます。

現代で雨の日に本を読む利点としては、雨が近所の日常音をかき消してくれるので、本に読み入りたい時に最適な空間を提供してくれる点でしょうか。

あまり強すぎない程度のしとしとと降る雨音と、一定のリズムを保つかのように屋根などから滴り落ちる雨音。

この2つが組み合わさると、何だか落ち着いた音楽のようになって、静かな心持ちにさせてくれます。

流石に雨だからといって、仕事を休むことはできませんが……

休日が雨の日に当たったら、どこかに出かけたりと動くことをせず、雨によって隔離された独特の空間を楽しむのも良いものです。


[123]>91 ガラスをつたう雨 kinnoji7

窓ガラスをつたう雨をボっと眺めているとに穏やかな気持ちになります。雨の日って決して嫌いじゃない。部屋のソファにもたれて、半分うつらうつらしながら、雨音に耳を傾けるのが好きです。窓ガラスを伝う雨の滴や、水たまりに雨粒が落ちて、きれいな丸を描くのが好きですね。心がしんと安らいでくるような気がします。


[124]雨がしたたる横に、てるてる坊主を吊す powdersnow

これぞ、日本の雨の日の風景ですね。

てるてる坊主は、翌日に何か行事がある雨模様の日などには、幼稚園でみんなで教わって作ったりするものでした。

中国から伝わった風習との話もありますが、日本のような雨の多い時期もある気候だからこそ、ずっと行われていることなのでしょうか。

名称も「てるてる坊主」だけではなく、地域によって別の名称もあるようですね。

近頃では、折り鶴や折り兜など、あまり折ることができない人が増えているように思いますが……

作り方が簡単なだけに、誰にでも年齢も問わずに作ることができる存在として、ずっと親しまれてきている気がします。


[125]松葉の雨雫 powdersnow

細く伸びる松葉の先端に溜まる雨雫……この光景はとても美しいです。

初めて見入ったのは、旅先で寺院を散策している最中、雨に降られた時のことでした。

当然のごとく、せっかくの旅行なのにと損した気分になりましたが、その時、ふと目線に入る低い位置に伸びた松の葉が視界に飛び込んできました。

細く伸びる独特の形状の葉。

そこをすっと伝うように、雨雫が先端まで流れ、一定の大きさになると、ぽつりと雨粒を落とし、またしとしとと粒を大きく貯めていくのです。

大雨では、こういった形にはならず、常に雨が流れるような状態になってしまうでしょう。

恐らくは、小雨に近いしとしととした雨だったからこそ、見ることができた光景だと思います。

幾筋にも連なった松の葉が、それぞれ水の玉を作っては滴り落としを繰り返している情景は、意外なほどに美しいものでした。


[126]>122 良い響 to-ching

本当です!本を読もうよ、若者よ!


[127]>77 洗車すると to-ching

必ず雨なんです!


[128]>6to-ching

アメリカでは罰則を与える州があります、フロリダだったかな?


[129]>119 国によっては・・・ to-ching

不吉な予兆とのこと、世界は広いです。


[130]>89 ヤクルト to-ching

スワローズ・ビニール傘持っての応援!今もやっている?


[131]たまには雨にぬれてみる lovespread13

小さいころ学校からの帰り道、突然雨が降ってきて、カサを持ってなくて仕方なく濡れて帰ることがありました。

降り始めはいやな感じがしていても、ある程度濡れてしまって諦めがつくと、別に濡れていることも気にならなくなって、なんだか新鮮で不思議な気分になりました。

今は空気も汚れて、酸性雨なんかも心配でそんなこともできないのかもしれませんが、

たまには雨にうたれてみると何か新しい発見があるかもしれません。

あ、大人が雨でずぶぬれだとちょっと恥ずかしいですね。あと、風邪などひかないかも心配ですね。こどもの特権ですかね。


[132]>127 洗車した後の雨 sidewalk01

ガックリくるんだよね。。


[133]>129sidewalk01

雨が降った後にでもいいことが待ってるっていうことが、生活の中で他にきついことがあったときにも思い出されて励まされるよね。明けない夜はないとか、天候や季節の周期は目の前の生活で見逃してしまいそうな、大きな流れを教えてくれる。


[134]>79 緑のカーテン sidewalk01

穏やかな日陰に癒されますね。


[135]>99 雨だけれど外出 sidewalk01

外に出てみると、雨の日でも気持ちがすっきりすることが多いです。いつも見ている町並みもチョットかわった姿になるのが楽しいですよね。


[136]>131 ずぶ濡れになる楽しさ sidewalk01

私も小学生のときに大雨に皆で駆け回ってました。すごく気持ちよかったのを覚えています。


[137]>120 実家の畑 adgt

これも水やらなくていいから雨には助かる!でも、草も伸びてきちゃうから抜くのが大変に・・・


[138]>132 雨の日にそのまま洗車 adgt

shig55サンの雨の日にそのまま洗車するのはうらやましい!車庫がないからどうしようもない・・・。


[139]>117 雨がやんだときの窓拭き adgt

中々タイミングが合わないけど2度ほどやったことがある。確かにびっくりするほど汚れが落ちる!


[140]>58 金魚をつぼに入れて外に出してた adgt

昔、うちのジーさんが↑のようにして金魚をかってた。子供心に雨水って汚くないか?とおもったけど、今考えると生き物にはよかったのかも?


[141]>124 てるてる坊主 adgt

けっこう風情がある!


[142]>136 ずぶ濡れ peach-i

昔は、よくやりましたね。

傘を忘れて、雷と大雨の中を走りました。

友達同士でキャッキャいいながら駆け足した日を思い出します。

何故かすごく楽しくていい思い出です


[143]>133peach-i

綺麗ですよね。

雨上がりは空から地上に向かって大きな虹が出来ますね。

まるで天から降りる階段のようで・・・

本当に美しい光景です


[144]>130 雨傘ビニール peach-i

ビニール傘もおしゃれなものが増えて、300円ショップなんかだと可愛い柄のものが沢山並んでいます。

ビニールでももう一年以上愛用していますので耐久性もなかなかよいものです。

高いものにこだわらず、チープでもこうして楽しめるのが嬉しいです


[145]>104 行動 peach-i

雨が降ると急遽コース変更しますよね。

または、目的地までいくための交通手段を変えます。

自転車が歩きに変更したり・・・

もしくは車移動になったり。

おのずと目的地も変更します。

この行動の一つの変更が人生を変える何かに繋がるかもしれません


[146]図書館にいく peach-i

あれま、今日も雨・・・

なんて落ち込むことばかりでは寂しいので

この雨の時期を利用して、図書館を大活用します。

雨の日は同じように過ごされている方も多く、そこで会話が弾んだりもしますね。


[147]>142 雨が降ったら・・・ VEGALEON

「雨が降ったら傘さして 傘がなければ濡れてゆく そんな人生がちょうどいい」

これは小説家の灰谷健次郎さんの詩です。

私の大好きな詩で、座右の銘にもなっています。

普通、雨が降り始めると人々は慌てて騒ぎますよね。

まるで、蜘蛛(クモ)の子を散らすかのように・・・

雨・・・たかだか水ですよね。

石とか槍なら問題ですけど・・・

折りたたみの傘でも持っていれば、さりげなく差していけばいいです。

でも傘が無ければ、どうするか?

走りますか?止むまで待ってますか?

濡れてもいいじゃないですか、傘無いんですから・・・

この詩の「雨」は、「災難」や「苦労」を指しているのでしょうね。

でも人々は、「災難」や「苦労」が降りかかると慌てて

それから、逃げることしか考えません・・・

「災難」や「苦労」で、ズブ濡れになっても淡々と歩いていきたい・・・

そんなのんびりした態度で生きて行けたらいいな・・・


[148]>147 子どもは濡れて、大人は雨宿り wacm

小学生の頃、雨にずぶ濡れになるのが楽しかったですね。

雨からどれだけ濡れないでいられるか、友だちと競争をしました。

結局は、友だちともども濡れてしまうことが定番でした。

帰宅してから母親にこっぴどく叱られて裸になって乾かしたのが楽しかった。

いまでも雨が降ったとき、傘がないときには濡れないように雨宿りしながら帰宅してます。


[149]>134 ゴーヤー wacm

緑のカーテンとはなんとも素敵な身近なものですね。

ゴーヤーの緑は夏の目の癒しになりますね。

ぐんぐん成長していく姿に驚きを感じるんじゃないかと思います。

カーテンを回収するのは夏真っ盛りのとき。

醤を使った、豚のピリ辛炒めにゴーヤーを加えると夏のご飯に合いますね!


[150]>139 新聞紙と霧吹きを持って wacm

雨が降ったとき、窓掃除をするときがあります。

霧吹きと新聞紙を用意して、ちょこちょこ新聞紙でガラスをぬぐうと、

土埃や小さなほこりの小さな汚れがすっかり取ることができる。

雨のしっけがホコリを浮かび挙げてくれるのでしょうか?

雨が降っているとき、ただやみくもにボケーっとしているのではなく、

掃除をする習慣がcanorpsさんのようにあるといいですね。


[151]>141 逆さてるてるさん wacm

小さい頃、逆てるてる坊主を作って体育の日が来ないことを祈った者です。

てるてる坊主と上手く言えず「てるてるさん」と聞こえたようで、

家族内ではてるてる坊主のことを「てるてるさん」と言っていました。

雨がなかなか降ってくれないときは、逆さのてるてる坊主を作ってました。


[152]>123 ガラスの上を通る水 wacm

確かに小中学生の頃、窓側の席になるとガラスを伝う水を眺めていました。

どんなときに流れやすくて、どんなときに流れるのに時間がかかるのか!?

漫然と眺めていても同じ模様は出てこないので飽きが来ませんでした。

今度、雨が降ったとき窓辺で見てみようと思います。


[153]>143wacm

雨上がりの空を眺めるときっと虹が見えるだろう・・

そんな風にいつも虹を眺めるのを楽しみにしています。

私の大好きな虹は夕日をバックに見える虹です。

夕立がザーッと降った後、湿気た外から眺める空。

虹は毎回私に何かメッセージを与えてくれるような気がします。


[154]>153 何に見える? fwap

空を眺めるのが大好きです。さらに、雨上がりだと虹が見えるのでさらに大好きです。

虹の見え方も様々で、端が見えなかったり、中央が抜けていたりいままで見た虹はたくさんありました。

虹の見え方も子どもは「橋のようだ」、「山のように見える」、「笑っている」と様々です。

子どものイマジネーションを感じる自然現象の一つ。雨が降って残念な気持ちになるより、虹が見えるかもと期待するといいですね。


[155]>92 雨宿りしながら通学路 fwap

雨宿りの時間はほっとできる生活のひととき。

雨宿りは何も外にいるときだけでなく、自宅にいるときも感じることのできる時間。

雨に打たれなくてよかった・・・なんて感じたのは40年以上も前。

カッパや100円傘のおかげで雨に濡れることも平気になったいま。

重い傘を持って、雨宿りしながら友だちと帰った通学路を思い出します。


[156]>28 幸せの雨 fwap

雨水は植物にとってのいのちの水。雨がないと植物は生きていけない。

自然の雨に触れることで観葉植物も本来の生命力を持ち返すのでしょうね?

雨が降ると湿気を感じますが、せきや呼吸器を痛めているとき本当に助かります。

雨の恵みは植物だけでなく人間にも幸福を恵んでくれます。


[157]>151 雨でも楽しいてるてる坊主 fwap

てるてる坊主をたくさん作ったことがあります。地元の商店街へ飾るためです。

近所の子どもたちと父兄お母さんのみなさんで集会所に集まって作りました。

ティッシュだけでなく、厚紙、ガーゼを利用したてるてる坊主。

色が白ばかりだからといろんな色をマジックで塗る子どもたち。

できたのはカラフルで雨が降らないで、というよりは雨でも楽しい!てるてる坊主ができました。

蒸し暑い中、近所のみんなで集まって作った機会は雨前の時間を過ごすのに楽しい思い出です。


[158]>152 ガラスの上を通る水 fwap

ガラスの上を通る水を眺めていると飽きませんよね。

ブラックライトや蛍光色で雨水の流れをビデオで記録できたら楽しいですね。

雨水のような自然のものをコンピュータで記録して、

流れる早さや太さに応じて色を変えたら美術館ができそう。

何か身近にできる記録装置はないですかね!?


[159]>158 ガラスを眺めながら自分の人生を考える aekie

ガラスを伝う雨って眺めていると不思議な想いが湧いてくることがあります。

雨が降ると帰りがイヤだな・・とか、部活動は室内で筋トレか・・とか。

雨を見るのも年代によって変わってきて、子どもの頃は雨は絶対にイヤなもの。

大人になったいまでは雨は自然の恵み、天気だから仕方ないなど。

天気を自分の人生になぞらえてしまいます。雨と人生を素敵に詠った詩は何かありませんかね?


[160]>157 風情 mandoto57

風情を楽しむ。

いいですね。


[161]>155 雨宿りから見える顔 aekie

雨宿りしているときって本当に無為な時間の過ごし方ですよね。

でも、ただ雨を眺めているだけでも充実した時間を過ごせます。

雨の中、だまってウォーキングする年配の夫婦、ランドセルを背負った子どもたち、スーツを肩にかけたサラリーマン。

雨のときは晴れのときよりも、マチのみんなの気持ちが分かる気がします。

雨はみんなの気持ちを感じることができるスコープでもあるんですね。


[162]>61 じょうろを持って外へ aekie

私の祖母は雨が降るとじょうろやバケツを持って外に置きっぱなしにしてました。

夏のこの時期だとなかなか雨が降ってくれないときがあります。

雨が降らないとき、じょうろやバケツの雨水が役立ちます。

雨水が腐る前に撒かなければなりません。それに、この時期特有のボウフラ・・。

子供心にはホースで水を撒けばいいと思っていたのですが、自然の雨水にはかないそうにありませんね。

雨水の利用は今後もしっかり考えたいと思います。


[163]>160 学ぶ機会:てるてる坊主 aekie

てるてる坊主が地元の商店街に幾多も飾られています。

てるてる坊主は大した技量も必要とせず簡単に作ることのできる梅雨の風物詩です。

てるてる坊主づくりを通じて、天気のこと、図画工作、先人の知恵を学ぶいい機会になるといいですね。


[164]>148 靴の中までビショビショに atomatom

先週の金曜日に降った雨にはやられました。

折りたたみ傘を持つには持っていたんですが、そんなものが役に立つような降り方ではなく、結局、靴の中までビショビショになりました。

たまにはこういうひどい目に会うのも、自然の力を感じるよい機会ですね。

靴の中に水が溜まり始め、家まであと10分は歩かなければたどり着けない。そんなときにその状況を楽しめる人間でずっといたいものです。


[165]>140 雨水とメダカ aicyu

湧き水の出る山が近くにあるなんて羨ましい!

そんな水場があったら毎日汲みに行きます。メダカのために…。


うちで飼っているメダカも、毎年、冬以外は外の水盤で育てるのですが、雨水が入ってはいけないだろうと、水盤の上にわざわざ屋根まで設置していました。

以前どこかで、「いまどきの日本の雨は“酸性”だから、生き物によくない…」と聞き、その思い込みでずーっとメダカには雨水がかからないように努力(?)していました。日中、太陽光線に当てた水道水を使ったり、水道水にカルキ抜き剤を入れたり…。


今回ここで、雨水をキンギョやメダカに使っても大丈夫ということを知り、是非実践してみようと思いました。

甘やかし環境で育てているメダカたちなので、ちょっとドキドキですが、明日から屋根を取り外して、自然に任せてみることにします。


[166]>40 雨音くんと防火水槽 aicyu

市販の雨水タンク、確かに高価すぎますね…。

私も庭に1台ほしくて探してみたのですが、いまだに購入を迷っています。

デザインのかっこいいウイスキーの樽型や暖炉風タンクもいいですが、ここは機能性重視で、一応、狙いは「雨音くん」シリーズに定めています。

雨水貯留タンク 雨音くん 【架台付】 200L

雨水貯留タンク 雨音くん 【架台付】 200L

既設の雨どいに取り付けて、雨水の道をつくり、自動的にタンクに集めるというのが効率よさそうです。


そういえば、ウチの近所に「防火用」と文字が彫られた石の水槽がお庭に置いてある家があります。

多分、昔どこかの道端にあったものをリサイクルしているのだと思いますが、レトロな雰囲気がそのまま残っていて、洒落た雨水タンクだなぁ?といつも眺めています。


インターネットで「防火水槽」と検索してみると、研究会サイトまであったりして、消防が発達した現在でも、これらの防火水槽はいろいろな場所で、いろいろな用途で活躍していることが分かりました。


[167]>110 音の楽しみ方はいろいろありそう、光はソーラーパワーを利用する kumonoyouni

雨だけでなく、風もある日は、風鈴も使うといいかも。

光の演出するための電源は、晴れの日にソーラー充電しておくと、エコになりますね。


考えていくうちに、どんどんイマジネーションが沸いてきて、商品化できそうなパッケージプランが思い浮かびました。特許でもとって商品化しようかな(笑)


[168]>49 かたつむり Elliee

植栽にとってはかたつむりは害虫ゆえに駆除してしまうので自分の家ではほぼ見ないですね。

公園などでもそういった関係から数が減ってきてるんじゃないでしょうか。


[169]>101 バス停があずま屋 atomatom

タイの田舎ではバス停が立派だったりします。

なにしろバスが重要な庶民の足になっていて、そのくせ時刻表というものがなく、決められた運行時間はないに等しい状況。

自然とバスを待つ時間が長くなります。

しかもタイには雨季というものがあって、毎日のようににわか雨が降る季節があります。

ですから屋根のあるバス停が必要なんですね。

このバス停、雨が降ったときにはバスを待っている人はもちろん、地元の行商人やバイクで走っている人など、みんなの避難所になります。

こんな公共の雨宿りスポットが日本にもたくさんできたらいいですね。


[170]>65 雨の後、増水した運河を眺める atomatom

会社のすぐ近くを運河が流れています。

雨の後には運河が増水してすごい勢いで流れていることがあります。

これを眺めるの気持ちいいのです。これはなんででしょうね。あふれたら大弱りですが、まさかあふれだすことはないと安心していますし、たくさんの水量を見ると、なんだか得したような気分になるんでしょうね。

近くの里山に池がありますが、ここの水位が上がっているのを見るのも気持ちいいです。


[171]>168 かたつむり azaburecipes

ふるさとでは、まだまだかたつむりが生存していて、雨が降ると石垣やコンクリートの塀に親子のかたつむりが楽しそうに散歩をしていたりします。背中に甲羅をくっつけて、ちょっと不恰好な姿がかわいいです。甲羅のない方は、どうしても好きになれません。


[172]>154canorps

科学的に、こうだからこうでと説明のつくもので

ホースのシャワーなどを使って小さな虹を作ることはできるけれど

自然の雨と雨上がり、絶妙な太陽の光で作り出される虹は

なかなかタイミングが合わないからこそ、見れるとうれしくなりますね。

今までで一番うれしかった虹は、結婚式を海外でするために空港に向かっていたとき。

はじめは雨で幸先が悪いかな?なんて思っていたのですが

やがて雨がやみ、夕焼けの光で大きな二重の虹を見ることができました。

そしてオーストラリアで、無事結婚式を挙げたあと

新婚旅行をかねているので、クルーズの最中にまた雨がぱらぱらと降り

またも二重の虹を見ることができたことです。

ただの偶然なのだけれど、自然にお祝いしてもらっているようでとてもうれしかったのを思い出します。


[173]雨で愛でる苔の文化 aekie

雨水と苔 in 鎌倉

先々週、家族で鎌倉の大町エリアに旅行しに行きました。

鎌倉・大町エリアには浄妙寺・衣張山、安養院、八雲神社など鎌倉時代の

寺社仏閣をたくさん見ることができます。

中でも、日蓮に帰依した寺々の建築は雄壮で、

飛鳥・奈良時代の中国や朝鮮の影響を大いに受けたものと比べて、

日本独自の技巧の粋を感じ取ることが容易でした。

なかでも、仏像、銅像、門、どれも大きく幕府開府間もない頃の勢いの良さも感じました。


なかでも苔の美しい妙法寺がとても印象的でした。

雨が降る中の観光はなにかいやなものだと感じていたのですが、

苔むした緑台を見ると考えが変わりました。

妙法寺の境内に生える無数の苔は優しい緑の色で、いつまでも続く緑。

実際、私の住む街の周辺には緑に囲まれた公園はありますが、その緑は木々です。

苔に囲まれた並木を見ると、自然本来の優しさ、光もどことなく柔らかいものでした。

木々から落ちる水滴を受け止める緑苔が生命のたくましさ、たゆまさを感じました。


日本の苔を大切にする文化は、同時期に京都三千院、室町時代では銀閣と

苔を大切にする建築が数多くあります。

日本はこの時期、湿気やすく、不快指数もとても高く、汗もかきやすい。

ですが、この時期に育つ新しいいのちを雨とともに大切にできたらいいですね。

晴れの日と雨の日では異なる苔の色の違いも見てみたいと思いました。

ですので、次回は晴れのときに鎌倉を探索したいと考えています!


苔の栽培は一見簡単そうに見えますが、湿度の管理で色・生え方の勢いが変わります。

また、カビに対して弱いので自宅で育てるときには換気にも注意する必要だと聞いたことがあります。

苔を見ているとなんだか落ち着くことができる・・・苔には観葉植物や花々とは異なる優しさがあります。

雨で愛でる苔の文化、いつまでも大切にしたいものですね。


[174]マチの努力で作っていく雨水のビオトープ TinkerBell

マンション暮らしの場合、雨水を積極的に暮らしに利用していくには、かなりの困難が伴います。

ベランダ設置型の雨水タンクも売っているみたいですが、

マンションのベランダは共用部分扱いのことが多いですから、

恒久的な設備の設置は許可にならないことが多いと思うんです。


そこで、設備面での自由が制限されるマンション暮らしの人も雨水の恵みの活用に参加できる、

地域ぐるみで作っていく雨水利用のビオトープっていうプランはどうでしょう。

ビオトープというとそこでホタルを育てるとか、

絶滅のおそれがある生き物を育てるとか、

ちょっと素人には参加できないような専門的な物が思い浮かびますが、

もっと簡単な、小さな森に囲まれた雨水利用の池、っていう感じの物でいいと思うんです。

そこで、その地域に昔からあった植物を自然のままに育てます。

そういう植物中心のビオトープなら、私たち地域住民も、ちょっと勉強すればすぐ維持活動に参加できます。


水源に湧水を使った池なんて作れないかなぁ。

雨水をどんどん地下に浸透させて、それを湧水として取り出すんです。

そうしたら離れた地域の人も積極的に雨水を染み込ませる庭にすることで参加できますね。

マンションも水タンクを設置したりすることはできなくても、

雨水浸透升を作って雨水を地下に送ることならできそうです。


そうして大地に水を涵養して、それを元にして作っていくビオトープを、

地域の人たちみんなで守り育てていくプラン。

これでマンション住まいの私たちも、雨の恵みを思いっきりいかしていくことができます。

定期的にボランティア育成講座を開くなどして、

みんなで自然のことを学んでいける機会も設けられるといいですね。


[175]>149 雨に咲く朝顔は水中花 greenbaaba

2階のベランダにグリーンカーテンとして植えたアサガオが、この梅雨の水分を受けて、グングンとツルを伸ばし始めました。

[f:id:greenbaaba:20090703203133j:image]

“雨縫晴歩”の私は縫い物に疲れると、雨の中のアサガオに目を休ませます。


ブルーのネットをバックに雨が降れば、これから咲く色とりどりのアサガオは水中花のようになるのでは…と想像し、成長を見守って楽しんでいます。


元記事: GreenBaaba「これ、なーんだ


[176]>172r-zone

虹を見ると嬉しくなりますね。

小さい頃はよく虹に向かってお願いごとをしたり、虹のふもとまで行こうと頑張ってチャリンコこいだりしていました。


[177]>164 ずぶ濡れ r-zone

東海集中豪雨を体験しているので

その時は、ずぶ濡れというか『泳ぐ』という表現がいいでしょうか。

お尻まで水があったので、かなり恐怖でした。

まだ学生だったので早いうちに帰してくれて、まだギリギリ水位もお尻くらいでしたが、今の職場の先輩に聞くと、駅で野宿した人も多かったそうです。

これはもう二度と体験したくない出来事ですね。


[178]>113 長靴 r-zone

長靴を履く女性が増えましたね。

いつも女の人はいろいろなオシャレが出来てイイナと羨ましく思います。

男性用のブーツも出来たらスーツも濡れないで職場まで行けるのに〜と思います。


[179]>161 雨宿り r-zone

1人暮らしだと迎えにきてくる人もいないので

必然的に雨宿りになります。

駅のコーヒーショップで雨の日だけの贅沢な時間です。

同じく雨宿りの方が多くみえますが、皆さんゆったりとした時間を楽しまれていて、全体的にとても落ち着いた良い空間です。


[180]>179 雨宿り twillco

突然の雨の時には、ちょっと寄り道。

街全体が見渡せるカフェに入って人間観察をします。

これが結構楽しくって色んな人がいるんですよね。

もちろん晴れてる日でも楽しいのですが

一度、万引き犯を目撃した時にはビックリしました。


[181]>176twillco

未だに虹を見るとテンション上がるし良いことが起こりそうな気がしますね。

必ず写メを撮ってしばらく待ち受けにしたりもしています。

滅多に見られないものを見ると、縁起がいい気がしますね。


[182]>174 雨水 eiyan

雨水を貯めて利用するのは流行ってますね。

エコにもなるし無駄使いが少なくなる。

自然を大切に利用するのは良いですね。


[183]>173eiyan

苔は雰囲気がありますね。

乾燥よりも湿気を好みますね。

これからの季節ですね。


[184]>146 図書館 eiyan

図書館は学生時代には多く利用しますが、一般人になると余り利用しなくなります。

それでも機会ある毎に利用するのは所要のある時。

やはり友人との会話がきっかけですね。


[185]>125 雨雫 eiyan

松葉に光る雨粒は美しいもの。

キャベツや雑草に輝く雫も美しい。

まるで宝石の様ですね。


[186]>121 台風 eiyan

台風の前後は静寂ですね。

嵐の前の静けさ。

台風が来る前は静寂、台風の目も静寂そして通過してしまうと静寂ですね。


[187]>111eiyan

ありますね。

傘の忘れ物が一番多い。

日本人特有の現象だって!


[188]>8 雨音 eiyan

雨が降る音はリズムを持つ。

環境次第では種々の音種。

まるで生き物の様ですね。


[189]>37 アマガエル eiyan

雨が降るとカエルが鳴く。

水を張った水田では我が票田。

カエルってひょうきんで可愛いですね。


[190]>27 光触媒 eiyan

そんな便利なものがあるのですね。

自然の環境作用を利用する。

将来の課題でもありますね。


[191]>42 雨音 eiyan

雨音は色んなメロデーを奏でます。

雨音を聞きながら人生を振り返れますね。

これからの将来をも。


[192]>189 カエルの鳴き声 tibitora

今もカエルが元気に鳴いています^^

の最近気温がちょっと蒸し暑くて寝苦しいのですが、カエルの鳴き声は暑いのをすこし和らげてくれます。

この間たんぼを覗くとおたまじゃくしやカブトエビ(?)がたくさんいました。

そのおたまじゃくしもカエルになって元気に合唱をしてくれるのかなと思います^^

生き物のたくさんいるたんぼはうれしくなります。


[193]>187 傘のシェア tibitora

うちの近くの駅にも「ご自由にお使いください」と書かれた傘があります。

私は使ったことは無いのですが、急に雨が降ってきたりした時にすごくうれしいと思います。

駅から家が遠い人やご年配の人、小さなお子さんを連れた方もいるので、濡れてしまって風邪など引くと大変です。

傘を置いてくれている駅、駅員さんに感謝です。

借りることがあったらきちんと乾かして返そうと思います・・・梅雨時で毎日雨だったら早く返したほうがいいのでそのまま返そうと思います(笑)


[194]>193 傘のシェア twillco

会社に忘れ物の傘をご自由にお使いくださいと置いてあります。

最近では駅でも見かけるようになりましたね。

ビニール傘を持っていくと誰が誰のか分からなくなって持っていかれたりしちゃうので

そんなときに置き傘のシェアがると助かります。


[195]>192 アマガエル twillco

家の周りは田んぼが広がっているので、カエルの鳴き声がもう凄いです!大合唱!!

窓を開けて寝たいけどこの時期はウルサくって開けられないのが悩みです。

先日は出勤しようとしたら、車にカエルがいました。

そのまま一緒に仕事場まで行ったんですが

帰宅時。同じカエルが同じ場所に!

またまた一緒に自宅まで帰ってきました〜。


[196]雨の日はジム twillco

雨の日はジムへ行きます。

室内ならジメジメしないし、雲のおかげで日差しも無いのでジムで運動するにはもってこいです。

かなり快適に過ごす事が出来るので

そのままお風呂に入って帰ってきます。

雨の日でも運動が出来るので、そんな時にはジムが一番です。

市営のスポーツ体育館のちょっとした所だと、一回160円なので

お財布にも優しいです。


[197]>137 家庭菜園 koume-1124

まさに恵みの雨ですね!

雨が降ったらバケツを用意して、野菜達に使ったりしています。

採った野菜もその雨の水で泥をとるなどしたりと、ちょっとしたものには雨水はとても便利です。

昔の人はこうして工夫していたんでしょうね。

そう思うと、今は便利になって頼りすぎた生活だなと感じます。


[198]>177 ゲリラ豪雨 koume-1124

私もゲリラ豪雨を体験しました。

膝の辺りまでつかってしまい。

このまま流されたらと本当に恐怖でした。

前に進めない車が何台も路上に立ち止まり、歩いて帰る人は服も気にせず水につかりながら帰る人。

もう体験したくない経験ですが、この経験があってこそ、今まで気にしなかった非常用のグッズを備えるようになったり

雨が強くなってきたらなるべく早く帰宅するなど、気をつけるようになったので、そういった意味では、良い経験かなと思っています。


[199]>194 傘のシェア koume-1124

急に雨が降っても良いように、うちの会社でも

忘れ物の傘をシェア用として置いてあります。

中にはとても良い傘もあったりするので

そういったものはそのまま返ってこない時も;

でもこういったものがあると、コンビニが近くにないような会社にはとてもありがたいです。


[200]>181 雨上がりの虹 koume-1124

虹を見ると自然って本当に不思議な事が多いし、偉大なものだなと思いますね。

本当に自然に虹色が空に浮かび上がるのを見ると

心が洗われる気がします。


[201]>180 雨宿り koume-1124

先日も急に雨が降ったので雨宿りをしました。

いつも見て通り過ぎていたカフェだけど

すっごく美味しいデザートを発見してしまい。

ちょっと行きつけになっちゃうかなと思いましたね。

そんなふうに、いつもは入らないお店に立ち寄る事で、当たらし発見があるのも雨宿りの良い所でもありますね。


[202]雨の匂いを大きく吸い込む iijiman

雨の降り始めに匂い立つ、土煙のような水のような匂いが好きです。

余裕のあるときは、ですけれども、雨が降り始めたら窓を開けて、雨の匂いを吸い込みます。

出かけた先で傘を持っていないときにこれに遭遇すると、ちょっと憂鬱になりますけれどね。


[203]>200linne

雨上がりに虹が出ていると、なんとなく良い事にめぐり合ったような気分を味わえます。

特にザァザァ雨の後の虹だと、一難去って幸せがきたようでさらにうれしくなれます。


[204]雨水浸透升の実験 momokuri3

以前のいわしで、都会で最も大切な雨水の利用は地下に浸透させることである、貯めて利用するのもいいが、そりよりアスファルトの下で死んでしまった土を蘇らせることが大切だ、水が通っていくことで土に酸素が呼び込まれる、ぜひ雨水浸透桝などの導入を考えてみようという趣旨の書き込みを読みました。

http://q.hatena.ne.jp/1212554541/167728/#i167979

また天からの授かり物である雨水は正当な行き先である土にお返しするのが理想であり、使った後が下水行きになる使い方では本当に雨水を生かし切っているとは言えない、という趣旨の書き込みにも大変共感を覚えました。

http://q.hatena.ne.jp/1240376182/215346/#i215346

そこで、雨水利用の形態の一つであり、雨水を溜めて利用する設備と同様に自治体の補助の対象にもなる「雨水浸透升」を実験してみることにしました。ただし今回は簡易な実験ですから、自治体から補助金がもらえる設備にはなれません(笑)。

なお、雨水浸透升は地盤に影響を与えないか、地中に水が染み込んだら地盤が弱くならないかという心配をする人がいるかと思いますが、浸透升に集められる水量はその土地に建物がなければ自然に土に染み込んでいた量を限度としますから、一般的には問題にはならないと思われます。

ただし、

・急傾斜地崩壊危険区域(急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律)

・地すべり防止区域(地すべり等防止法)

・その他条例などで禁止されている区域

等には法令上設置できません。

設置位置は、

・浸透機能が効果的に発揮できる場所

・建物や地下埋設物に影響がない場所

・地下水位より高い場所

であることが必要です。実際には庭の隅などに敷設し、パイプやU字側溝などを通じて雨樋からの水を導いてやるのが良さそうです。

それでは今回の試験施工の概要を書いていきます。構造はこんな感じです。

f:id:momokuri3:20090710093401j:image

浸透升の代用品には、欠けてしまった廃物のポリバケツ(プラスチックのペール缶)に穴を開けて使いました。ただしこれはそのうち確実に風化と土の圧力で崩壊します。あくまで実験用の一時的代用品ですから、そのうちしっかりとしたコンクリート製などに取り替えます。

透水シートは、土砂が砂利層に侵入して目詰まりを起こすことを防止する物です。透水シートには織布製と不織布製がありますが、浸透升の用途には不織布製が向いています。織布は織りに方向性があるので、特定の方向に弱く、砕石投入時に編み目が切れたりしがちです。不織布は繊維配列に方向性が無いので全方向に均一な強度があり、また目詰まりにも強いように思われます。厚さは5mmくらいのしっかりした物が使えれば理想的ですが、価格が高いので、今回はポリエステル不織布製の厚さ2mmの物を使ってみました。幅1m強の製品で、単価は1mあたり400円くらいでした。

砂利は砕石4号と書かれて売られていた20mm?30mmくらいの粒の砕石を使いました。

砂は細かい粒子のない粗い物を使いました。砂場の砂に比べると、砂というより小砂利と言った感じです。たとえて言うなら水槽の底に敷く小砂利くらいの粒の物です。

浸透升のフタは、超間に合わせの庭用シンクです。たまたま使っていないのがあったので、それを乗せてフタにしました。さらにこの上に水瓶を乗せると、水瓶に貯まった水は植木の水やりに、瓶からオーバーフローした分が浸透升を通じて地下にという二段構えの雨水利用も可能になります。

施工は、まず穴掘りから始めます。浸透升より半径10cm以上、深さ15cm以上大きな穴を掘ります。穴はまだ底を圧し固めたりせず、掘ったままにしておきます。

穴が掘れたら内側を透水シートで覆います。シートの継ぎ目には十分な重なりを取ります。20cmくらいは重ねることが大切です。でないとあとで継ぎ目から土が侵入してしまいます。ずれて張りにくかったらクギなどで仮止めしながら張っていって構わないようです。そのくらいの穴は大丈夫なようで、プロの人もそうやって施工していました。シート上部、つまり土の上に出る部分には十分な余裕を持たせておく必要があります。なぜなら最後に穴の上部を完全に覆う必要があるからです。

うまく穴の内部にシートが張れたら、底に5cmの厚さに砂(小砂利)を入れます。細かい粒子が混じっていると目詰まりを起こしますので、念のためフルイを使いながら水洗いした物を使ってみました。床付け(穴の底を平らに固めること)はここで始めて行いますが、極端に圧力をかけすぎないよう適度に行います。

続いて同じく念のため水洗いして細かい粒子を取り除いた砕石4号を10cmの厚さに敷き、同じく適度に転圧して底を整え、浸透升を乗せます。本物の浸透升の場合は、まず底板のような物を置き、その上に枡本体を乗せる構造のようです。

浸透升をしっかり置いたら、周りに砕石を詰めます。太さのある棒などで表面を突いて、後で沈下や不陸を起こさないようにします。

砕石を入れ終わったら上部を透水シートでしっかり覆い、枡に沿って巾着の口のようにキュッと閉じて、埋め戻す土砂が流入しないようにします。その上を土で埋め戻し、フタ代わりの石材調シンクを乗せて、これで実験用簡易浸透升が出来上がりました。

実験的に水を流してみましたが、なかなかよく吸い込みます。うちの庭は水はけが悪くちょっと困っていたのですが、こんなふうに水はけを考えてきちんと施工すればちゃんと吸い込むんですね。普通の雨くらいならオーバーフローすることはありません。浸透升は小さな物を複数設置することで、簡単にたくさんの雨水を処理することができます。最近は家の周りに付く雨樋全てに標準で浸透升が付いている家もあるようです。

今回は実験的に自作してみましたが、雨水浸透升の設置にあたっては、多くの自治体で補助金を出してくれるようです。補助金によって設置する場合は指定業者が施工することになると思いますので、設置位置の選定から施工の全てに渡って、全てプロにお任せできます。皆さんもぜひ雨水浸透升を計画してみてください。

自分の敷地に降った雨が大地を潤し、いつかどこかで湧水となるかもしれないと考えると、とても夢がありますね。雨水を返して土を生き返らせるイエ。隠れた自然保護に貢献するイエ。これでまたひとつ、イエが大好きになりました。


[205]>195 カエル r-zone

うちもカエルの合唱が始まってます。

窓を開けたくても、開けるとTVの音も聞こえないので困ってます。。。


[206]雨をライトアップするイエ Fuel

雨の昼間はどんよりとした曇り空が常に付きまといますから気が滅入りますが、夜なら低くたれ込めた雲の圧迫感はあまり感じずにすみます。さらにそこにささやかな人工光を加えてやることで、様々な表情が演出できないでしょうか。

たとえば雨に洗われた緑はとてもきれいです。あまり強烈にライトアップしてしまうと生育に影響が出てしまうかもしれませんが、ほんのりとした光で濡れる葉に光る雨つゆをライトアップしてみたらどうでしょう。これは美しいと思います。

また水垢取りなどが面倒そうですが、雨水をわざとガラス面に導いてライトアップしたら、とてもきれいな窓辺が演出できそうです。同じ照明なのに、雨の降り方によって、その都度違う表情が楽しめます。

あるいは雨だれが石のくぼみにできた水たまりに落ちて跳ねる風情をライトアップ、なんていうのも、地味ですが楽しめそうです。雨量の多い少ないにかかわらずほぼ一定の雨だれが確保できる装置を工夫し、その音も癒しのBGMとして利用していきます。

雨に濡れた美しさを重視した坪庭なんていうのもいいでしょうね。照明の工夫で昼間とはまた違った夜の美しさが表現できたらすてきだと思います。

以上、単なる構想ですのでかなり漠然としていますが、水と光の組み合わせによる美を追究するプランを考えてみました。


[207]>163 てるてる坊主 r-zone

遠足の度に作ってました。

可愛らしいですよね。


[208]>203fumie15

虹を見ると得した気分になります。

どこかで読んでほんとうかどうか分からないのですが虹は本当は丸いそうです。

飛行機からみると丸い虹が見えるのだそうです。

一度見てみたいです。


[209]>198 水たまりに飛び込む fumie15

水たまりに飛び込んで泥の感触を楽しんでいました。


[210]雨音によるマスキング効果も天の恵みと考える、豪雨の時だけ使うイエ・カラオケ装置 Oregano

私も雨水を溜めてベランダの水やりなどに使っていますが、それ以外に私は雨の恵みをどんな風に活用しているだろう、またしていけるだろうと考えてみました。そこでハッと思いついたのがこれです。豪雨の時だけ使うカラオケ装置(笑)。

子供のころ、友だちの家にカセットで鳴らす練習用ギターアンプくらいの大きさのカラオケ機があり、突然夕立に見舞われた夏の午後のひとときに、今なら近所迷惑にならないからこれで遊ぼうぜと大いに盛り上がったのを思い出したのです。雨音のマスキング効果。これも素晴らしい自然の恵みの一つではないでしょうか。

そこで私の部屋に、簡単なカラオケ装置を用意することにしてみました。といってもマイクが使える何らかの機器にプラスして、エコー付きマイクを用意するだけです。エコー付きマイクは、ジャンクを探したら約500円で買えました。

マイクと一緒に、格安の中古シングルCDを数点。シングルCDにはたいていカラオケバージョンが入っています。今までは、そんなの家では歌えないよなぁと思っていたのですが、豪雨の日なら歌えるとわかって購入です。

これでワクワクしながら夕立を待つことにします。あ、もちろん音を鳴らす機器は電池駆動できる物を使います。コンセントにつながない電池駆動のラジカセなら、落雷で壊れることもありませんし、停電でも遊べます。私の場合は旧型のCDラジカセを引っ張り出してきました。これに久し振りに活躍してもらいます。

さらに電池としてエネループと、充電器としてこちらのソーラー充電器セットを使うと、電源が太陽の恵みでまかなえることになり、太陽と雨の両方の恵みでイエ・カラオケが楽しめることになります。

SANYO ソーラー充電器セット 「eneloop solar charger」 N-SC1S

SANYO ソーラー充電器セット 「eneloop solar charger」 N-SC1S

  • 出版社/メーカー: 三洋電機
  • メディア: エレクトロニクス

ドラクエに出てきたアレフガルドの古い言い伝え、「雨と太陽が合わさるとき虹の橋ができる」、なんていうのを思い出してしまいました(笑)。

楽器ができる人は、雨の音に紛れて思い切り楽器を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。豪雨は災害につながることがありますから、豪雨の日の遊び方を考えるなど不謹慎だとお叱りを受けるかもしれませんが、雨を甘く見ない心構えと災害に対する備えはきちんと持っていくこととして、その上で、雨音も自然からの恵みのひとつとして楽しんでいく考え方もあっていいのではないかと思います。


[211]雨を空に返すイエ・マチを考えてみる tough

自然の大地は、降った雨水を地面に浸透させるとともに、それを蒸散という形で空に返してきました。しかし今の都市は降った雨を貯めておくことができないので、なかなかそれを空に返すことができません。別のツリーに雨を地下に浸透させることの重要性を詳しく説明してくれているものがありますが、私はそこに、土に染み込ませて保持した水分を空に返していく仕組みを組み合わせていきたいと思うのです。

水分を空に返していく仕組みは非常に簡単です。植物を植えればよいのです。植物は湿度の少ない時にたくさんの水分を蒸散させる性質がありますから、植物に任せておけば雨を空に返すサイクルを担ってくれると同時に、とても快適な地域が作れます。植物を「土と空をつなぐインターフェイス」として活用していくイエ・マチに努力していくことで、より効果的に雨の恵みを生かしていく都市が作れると思います。

植物がいかに水分を空気中に放出しているかについて、私は夏の道を自転車で走っている時に実感しました。そこは父の実家のある町です。照りつける強い日差しの下を借りた自転車で走っていましたが、突然空気がヒヤッとしてきたのを感じたのです。照りつける太陽は相変わらずですが、豊かな緑の林が道の片側にあり、緩やかな斜面を伝って、林の涼しい空気が降りてきていたのでした。これは感動ものの涼しさでした。

林はただ木陰があるから涼しいのではありません。光合成に伴ってたくさんの水分を蒸散させているから、その気化熱によって冷やされて、空気がヒンヤリしているのです。

植物の水分の蒸散と大気浄化の効果について、なんと中学生のグループが行った研究があります。

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2876/zyoukasayou.htm

http://ksueda.hp.infoseek.co.jp/zyosan2.htm

これによると、日当たりのよい所に一代だけ栄えるタイプの植物は、成長が早いだけにたくさんの水分を蒸散させる。これに対して何代もに渡って安定した雑木林を形成する植物は、量は少ないが長い期間にわたって安定した蒸散が確保される、といった特徴があるようです。

早急な効果を得たい場合に適した植物と、長期間安定した効果が得られる植物とをうまく組み合わせていくと、効果的な「雨を空に返すイエ・マチ」が計画できそうですね。

また木本だけでなく草本も「土と空をつなぐインターフェイス」として有効です。水分の蒸散は光合成に伴って行われますから、日当たりの良い屋上は雨水を空に返す一等地と考えられます。草花や野菜類なら屋上でも比較的簡単に栽培できますから、雨水を栽培に活用し、光合成で丸々太った野菜などを楽しみつつ、水の循環にも貢献していくことができますね。

「雨を空に返すイエ・マチ」は、先の「街ひとつ丸ごと設計プランコンテスト」でピックアップ賞になった「緑が街を覆う、グランドカバーの街」と全く同じ設計のマチということになると思います。そこに、雨水を貯めて植物のために利用したり、土に染み込ませたりしていく努力を加えることで、

http://homepage2.nifty.com/arck/book/book3_img2.html

こういう自然の水の循環の中に健全に存在できるイエ、マチが作れるのではないかと思います。


[212]>209 雨にぬれる futanbo

つい最近、知人の子供(2歳半)が、水たまりにスライディングした

話を聞きましたので、笑ってしまいました。

私は、学生時代部活中に雨が降ってきて、びしょぬれになることが

よくあったことを思いだしました。

高校生のとき、たぶん遠足後とか体育祭後の部活だったのか、

カメラを持ってる子がいて、びしょぬれになってクラブハウスの

前でみんなで撮った写真があります。ジャージをしぼってる子が

いたり・・。でも、みんなめっちゃ楽しかったみたいで、いい顔して

笑ってます、写真の中。

子供も水遊び大好きですが、きっと人って濡れるとテンションあがる

生き物な気がします^^


[213]>208futanbo

虹は確かに橋のイメージですね。

だから、きっと希望の象徴なのかもですね。

私は逆に、公園の虹のカタチ(アーチ型)の遊具を見てたら、

虹みたいやなあ・・と思って、大好きな「虹」とゆう言葉の

出てくるある歌をくちづさんでしまいました。ついでに、

写真も撮りました。遊具の^^。

イメージするのって楽しいですね。


[214]>201 雨宿り futanbo

うらやましいです。

雨宿りに喫茶店に入れるなんて。

私はある事情で、一人でお店に入れません。

だから、すっごいそうゆうのに憧れます。

私の雨宿りのイメージは、小さな屋根的なものを

見つけながら、走っては宿り、また次の屋根的なもの

まで走っていく感じです。

それも、なんだか尾行する刑事みたいで、かっこいいです?


[215]>175 緑のカーテン futanbo

だんだんと知名度をあげていますね。

緑のカーテン。

こないだ、エコとかあんまり興味を今まで抱かなかった

友人から、緑のカーテンしたいって聞いたときは、

驚きました。

子供が生まれると、エコ意識って確実に高まりますね。

いいことです。

マイナスイオンに癒されそうですしね^^


[216]>170 ダムの貯水率の話 futanbo

最近、読んだ本にそっくりのシュチュエーションがあって、

びっくりしました。

その小説では、ダムの底に沈んだ町に住んでた少年たちが、

中年になって再会、過去のいろんな思いや、それぞれの

その後、そして、そのダムの水が渇水でどんどん減っていき、

それをネットで毎日貯水率を調べて「もうすぐ自分のたちの

町が見える」・・・・どうする?見にいくかどうか・・

みたいなお話でした。

ダムに沈んだまちに住んでた人にとっては、きっと

その貯水率って、複雑な思いで気になるものなんじゃないかな

って思います。


[217]>202 雨の匂い futanbo

私も雨が降ったときの、土の匂い、

植物の匂い大好きです。

最近は、雨が降ると体調が悪くなるので

そのことすっかり忘れてました・・。

思い出せてよかったです。

ありがとうございました。


[218]>169 あずまや futanbo

そうゆうものがあること初めてしりました。

イエはてななのに、インドアよりアウトドア派な私には

とても魅力的ですね。

雨の日に、外でのんびりできるなんて。

今の日本の住宅事情とか環境事情ではあまり

ないですもんね。

自宅の敷地内とゆうことみたいですが、もちろん

大きな土地に住んでたらやってみたいですが、

公共に、そうゆうところがあるっていいですよね。

雨の日の井戸端会議したり、一人で雨の匂いや空気、

侘びさびを感じたり・・。雨を味わう・・。

現代人はそうゆうの苦手、とゆうか下手かもですね^^;


[219]>185 葉っぱの雫 futanbo

葉っぱの雫は、その植物の形や性質で

全然違いますよね。

その発見をするたびに、すごい嬉しくなります。

シロツメクサの葉っぱは、はっ水力みたいなのがすごくて

ころんころんの水ようかんみたいのができます。

笹につく雫も、独特です。先のとがったこところに

ポツンとついていてかわいいです。


[220]>159 ガラスをつたう雨 futanbo

最近、見てなかったけど、そうだったなあって

思い出します。

家の窓はベランダがあって、つたう雨を見ることはできないからかな・・。

車とかバスで、あと学校もそうでしたけど、すぐ側で見てると

ほんと時間を忘れてしまいそうな空間に行くような雰囲気を

持ってますね。

なんででしょうか。外の世界との遮断感もなんか関係あるような気も

しますね。あの不思議な感覚は・・。


[221]>98 雨の日の芸術 futanbo

雨の日に、絵を描く、詩を書く、いいですね。

雨の日は日常から少し違うテンションだから。

感性も違う気がするし・・。

ストレス発散にもなるし・・。

自由に、想いを表現するの、いいなって思いました。


[222]>216 水不足とは無縁 ttz

自分の住んでいるところは水不足とはあまり縁がありません。ダムがたくさんあるからです。貯水率も気にしたことはありません。子供のころは、ありました。蛇口をひねっても少ししか水が出なかったこと。全国、水不足から解消されるといいのに・・


[223]>214 雨宿り ttz

なんとなく、懐かしい響きです。雨宿り的な行為って最近してないからかもしれません。傘を忘れる事が無いのか、雨宿りするほどの通り雨に合う事が無いのか、気にせず濡れて歩くからなのか、なんでか分かりませんが、確かに子供のころは雨宿りってしてたのに。。


[224]>215 流行ってますね。 ttz

汚らしくツタを這わせるのは好きじゃありませんが、綺麗に育てるなら視覚的にもプラスだし、エコにもなるし、いいと思います。最近よく見かけるようになりましたね。


[225]>213 丸い虹 ttz

飛行機から丸い虹が見えるんですか?。見てみたいですね。どんな形なんだろう。虹は北海道に行った時に両方の端とも地平線にぶつかっている完全な橋状態で見られたのが感動的でした。


[226]>199 傘のシェア ttz

というか、ビニール傘が大量に会社にあります。ビニール傘の所有権はどうなってるんだろう。(笑)誰のだかもう分からなくなってます。


[227]>205 カエルの合唱 ttz

窓を開けるとテレビが聴こえないほどのカエル・・・。そんなにすごいんですか!そこまでいくと、カエルも可愛くなくなっちゃいそうですね?


[228]>138 洗車すると雨 ttz

本当ですね。ナントカの法則にも出てきそうなぐらい、本当に!


[229]>93 雨の音 ttz

大雨の音は好きです。なぜかドキドキしてくるから。窓にバチバチ当たる音とか、なぜだか最高です。ただし、外出しなくていい時間帯だけです。


[230]>171 雨のイメージ ttz

あじさい、カタツムリ、共に雨のイメージですね。梅雨の時期だからかもしれませんけどね。カタツムリなんて最近見てないな?


[231]>178 長靴 ttz

女性のファッション長靴、確かに最近見ますね。男性用はないんでしょうか。スーツに似合うおしゃれな長靴があってもいいかな。。


[232]>230 かたつむり toukadatteba

最近見ません。前はあじさいそばとか、うちのミツバの辺りとかでうねうねしてるのをよく見かけたのですが・・・。年々減ってるのかなぁ。


[233]>207 てるてるぼうず toukadatteba

運動会まえとかによくつくりましたね?。

うちは父がヘビースモーカーで、てるてるちゃんがまっきいろに2,3日でなったことをよく覚えています。今はタバコ、父はやめましたけどね。


[234]>219 葉っぱからのしずく atomatom

小雨の日に傘をささないで屋根のあるところを探しながら歩くことって、どなたもきっと経験があると思います。

街路樹の下を通るとき、地面はそれほど濡れていないのに、つまり雨を防いでくれているはずなのに、急にしずくがドバッてまとまって落ちてくることありませんか?

あれは運なんでしょうか。

常日頃からもっと葉っぱを観察しなければ、葉っぱも助けてはくれないんでしょうか。


[235]>103 ポイントは、ちょっと貯めてこまめに使う、ですね TomCat

大がかりな貯水設備は設置も維持も難しい、しかし一家庭あたり10リットルくらいの少量でと割り切れば、雨水利用はとても身近な物になるという発想ですね。それを睡蓮鉢という粋な器で実現したところがとても素晴らしいと思います。

多くの人が、水槽に湧くボウフラや雨樋に詰まるゴミで挫折しちゃうんですが、ボウフラは貯めた水をこまめに使い切ることで解決、雨樋のゴミも脱着可能な「レインキャッチ」なる道具で回避できそうで、本当に理想的なやり方だと思います。

ちなみにボウフラは、孵化してから成虫になるまで、だいたい10日とちょっとかかります。平均12日くらいかな。ですから、一週間以上放置しなければ、貯め水から蚊がわいて困るということはなくなります。毎週日を決めて水瓶を確認し、残り水があれば使ってしまう習慣にすれば、もうボウフラの問題は解決ですね。


[236]>182 とても大切な考えだと思います TomCat

「雨を楽しむ」なら発想次第ですが、「役立てるイエ」となると、これは設備の問題になってきますから、住まいの形態によっては自由が制限されてしまうことも有り得るわけですね。そこで、個人単位ではなく地域の努力で雨水の恵みを生かす方法を考えるという提案ですね。大切な発想だと思います。

湧水という形で雨水を利用していく発想も素晴らしいですね。雨水を大地に注ぎ込み、地下水を涵養して、それを湧水として取り出して利用していく。そういうマチが作れたら最高です。

現代の都市は地下にも深く伸びていますから、都市設計に当たっては、かなり詳細に地下水脈の様子なども把握しているはずだと思うんですよね。この計画は、そういう都会でこそ、すぐに計画可能なプランと言えそうです。


[237]>232 かたつむり r-zone

見ませんね。というか、雨の日にゆっくり歩く事が無いので見落としてるのかもしれないです。

そう思うと子供の頃は道草ばかりしてたので毎日なにかしら発見が沢山ありましたね。


[238]>183 苔はいいですね TomCat

私も京都の苔寺に行った時は感動しました。

コケとカビの関係についてですが、実は私たちが通常コケと呼んでいる物には、植物としての苔類(たいるい)のほか、菌類と藻類の共生体としての地衣類なども入っているんですよね。似たようなジメッとした所に生えますから、カビの仲間も通俗的にはコケ扱いになっていることが多いんです。苔類と地衣類どっちが勝るかは環境次第ですから、人間の思い通りにならないことも多いですよね。

でも、コケは盆栽のように鉢の中でも楽しむことが出来ますから、そういうやり方なら家庭向きだと思います。前のいわしでコケの育て方の書き込みがあったので、それを参考に私も木の根っこからもらってきたコケを育ててみています。よく見るとコケも一本一本が立派な植物の形をしていて可愛いです(^-^)


[239]>184 これを機会にイエ図書館というのも TomCat

狭いスペースでいいと思うんです。お気に入りの本を並べるスペースと座り心地利良い椅子。それで十分素敵な「イエ図書館」が出来上がります。

本は、必ずしも本棚でなくてもいいですよね。ちょっとした棚の上にブックエンドを使って本を並べる、というのもなかなかお洒落です。このブックエンド、実に多彩な品がありますから、気分によってブックエンドだけ取り替えて楽しむという手もあります。

雨の日を楽しむ読書スペース作りとしてのイエ図書館計画、きっと楽しいと思います。


[240]>204 これはすごい!! TomCat

これはもう雨水浸透升施工マニュアルと言ってもいいくらいの内容ですね。実際にプロの施工の様子を取材して、それから実験に取りかかったようで、細部にわたって具体的でとても参考になります。

枡のフタに使ったシンクというのは、外の水道の下に置くようなやつですね。あるものをうまく使って楽しみながら工夫していった様子が伝わってきます。シンクの上に水鉢を置いて、貯まった分は使う、溢れた分は染み込ませるという発想も素敵です。

こうして家や庭を自分の手でカスタマイズしていくことで、愛するイエがさらに好きになっていくって、素晴らしいことですよね。それがこういう自然に貢献するDIYなら本当に最高です。


[241]>206 雨の夜を楽しむ発想 TomCat

たしかに雨の日の昼間というのは圧迫感がありますし、行動も制限されて鬱陶しいですが、すっかり日が落ちてイエに落ち着いている時なら、そんな憂鬱は無関係。純粋な雨の美しさを楽しめるってわけですね。そこで雨を楽しむ様々なライトアッププラン。これは素敵です。そしてお洒落です。

雨をわざとガラス面に導いてライトアップする窓というのがとても素敵です。出窓の場合、庇がほとんど無く、雨水が窓を伝いやすい構造の物が多いですから、そういう窓に照明を組み合わせてみるといいかもしれませんね。雨水伝う窓辺でゆったりとコーヒーを楽しむなんて、かなり至福のひとときではないでしょうか。


[242]>211 素晴らしい視点です!! TomCat

言われてみると私は、雨水を大地に導くことしか考えていませんでした。その理由の一つには、急撃に大量の水が河川に流入したり、雨水管から溢れ出た水が地下施設に浸水するなどの都市特有の危険を回避するという、治水の問題も含んでいます。どっちかというと、人間の都合が先に立った考え方だったかもしれません。

しかしそこに植物という「土と空をつなぐインターフェイス」を取り入れることで、地球規模の水の循環の中に存在するイエ・マチが作れるんですね。この考え方は目からウロコでした。言われてみれば確かにその通りと納得できる話ですが、今まで考えもしなかった発想でした。

雨を土に導き、それを天に返していく。この循環が大切だったんですね。本当に勉強になりました!!


[243]>210 わはははは!! TomCat

雨音に掻き消されて騒音が気にならないひとときを最大限に活用するアイデアですね。さらにソーラ・パワーの利用も考慮して、太陽と雨の両方を活用していく虹のプラン。いやー、素晴らしいです。

楽器の場合、ドラムなどは床を伝わる震動が問題になりますからちょっと難しいかもしれませんが(ハザマさん残念っw)、湿度の影響を受けにくくホワイトノイズでマスクしやすいフルートなんて、最適かもしれませんね。

そういえば私は一時期、シングルCDばかり買ってカラオケ音源を貯めていたことがありました。ほとんどアニソンですが、夕立が降ったら歌いに来てくださいw


[244]>221 雨の日はインドアでじっくりできること TomCat

小学生の頃、雨の日の休み時間は、よく絵を描いて過ごしました。男の子も女の子も。外に出て思い切り走り回れない分、創造力を思い切り膨らませて楽しんでいたんだと思います。

大人になると、特別な趣味として書いている人を除いて、絵を描く機会が少なくなってしまうと思いますが、大人になっても子供の頃と同じように、自由に絵を描いていきたいですよね。

雨の日は、何もすることがなかったら絵を描こう。そういうふうに決めると、雨の日がとても楽しくなりそうです。絵なんて描けないからと言う人も、子供の頃はきっと自由に伸び伸びと描く天才だったと思いますから、その頃のままに描いていけばいいですね(^-^)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ