人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自己破産をする前提で質問します。
総額がいくらかはっきりしていない借金を10年以上完全に放置してある状態です。過払い云々については時効が成立しているはずです。また市に滞納している税金が延滞金を含め23万円ほどあります。

前回の質問で「弁護士費用に充てるなら、バイク等を売ってしまっても問題ない」と回答がありました。そこで両親にバイクを買い取ってもらおうと考えています。
両親(身内)にバイクを売ってしまっても問題はありませんか?
他人や業者ではないので後で破産や免責がおりないという事態になりませんか?

なお、一度は弁護士会を通じてサラ金問題の窓口で対応してくれた弁護士に依頼をしましたが、数日後に「私のサラ金問題の経験が浅いので問題の解決に時間がかかるか、適切な方法がとれない。」として依頼を断られています。
多分、バイクを買ったのが2ヶ月前で、それが面倒な事になっているのかもしれません。両親に売れるなら両親のどちらかに名義変更し、免責がおりた後、また私に名義変更するだけになると思いますが。

とりあえず両親からは「自己破産するなら必要なお金はだしてやる」と協力してくれる事になっています。

●質問者: pocpoc
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:23 お金 サラ金 バイク 借金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● takumi_o
●23ポイント

自己破産経験者です。

自己破産手続きで裁判所に提出する書類に過去5年間の10万円以上の買い物と購入物の現状を記載するモノがあります。

それと直近2月分ほどの家計の収支表も必要で両親同居であれば世帯主となる人を基準にした家計の収支表が必要ですので、

お金やモノの動きを正確に記載する事になります。


また、バイクをローン等で購入している場合は2ヶ月前となると実質的に支払い0と見なされて免責を受けてもバイクは購入元へ返却となる可能性は高いです。


借金の理由が余程のことでない限り破産は認められますが免責が受けられなかったり一部免責になる可能性もあります。


免責を受けたいと思うのなら小細工はせずに弁護士と良く相談することをお勧めします。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

バイクは現金一括購入なのでローンはありません。

両親とは同居しておらず、現在は独りで住んでいます。ただし親名義のマンションに住んでいるため家賃は不要です。ですので家計の収支は私だけです。

>過去5年間の10万円以上の買い物と購入物の現状を記載するモノがあります。

そうなんですか。知りませんでした。ある程度は把握していますので問題ないですが、ここはしっかり正直に書いておくべきでしょうね。あと弁護士についてはまた依頼すべく、債権問題に強い弁護士と当たるまで弁護士会と相談予定です。

---------

これから回答していただく方へ。

「こういう事は弁護士によく相談してから」が良いのは承知していますが、今は断られてしまったため、とりあずバイクの処分の方法が両親(身内)への売却でも問題ないかどうか?が知りたいので、ここを踏まえた上で回答をお願いします。


2 ● suzancarol
●23ポイント

破産申請直前に、勝手に名義変更をするのは管財人に厳しく追求されます。


「弁護士費用に充てるなら、バイク等を売ってしまっても問題ない」という意見を鵜呑みにしないで下さい。

そんな風なことを明記された法律の条文はありません。

ないということは、独自判断で動くのは手続きをややこしくする可能性があります。

判断するのはあくまでも裁判所から任命された管財人であって、質問主さん=破産者ではありません。


あと、お聞きする限り、それほど負債金額などの項目や収支表を作成するのが難しくない

個人の方のようですので、

裁判所に必要な書類をご自分で作成できるのであれば(裁判所でお聞きになれば手取足取り教えてくれます)、

ムリに弁護士に依頼しなくても、ご自身で自己破産申請をしてみてはいかがでしょうか。

自己破産の手続きは、書類手続きだけですのでむずかしくないです。

何かおおごとのようなイメージがあるかもしれませんが、法律用語の知識もほとんど必要ありません。

破産開始決定がはじまれば、管財人が選任されますので、あとは管財人が債権者とのやりとりを進めますので

それが終わるまで、管財人からの問い合わせに答えるぐらいで待っていればいいです。

またバイクの件については、管財人に相談してください。

たいていは親御さんが「買い取ってくれるのなら」即OKしてもらえると思います。

債権者が欲しいのは、債権相当額を少しでも多く回収することが目的であって、バイクそのものに興味はありませんので。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

後日、無料の弁護士相談に行きますので、改めて確認します。

自己破産については、とりあえず自分でやって後々になって困らないよう、お金はかかりますが、専門家に頼むつもりです。


3 ● winbd
●22ポイント ベストアンサー

問題ありません。

http://members2.jcom.home.ne.jp/jiko-hasan/page040.html

親族には返済の義務はありませんから、親族に物を売却してお金を作る行為も正当なものです。


ただし、明らかに相場より安い金額で販売した場合は、財産を隠す行為とみなされます。

これは親族に限らず誰に売った場合でも一緒です。


わかりやすい例で言うと、1000万円分の金塊を親族に10万円で売って自己破産し、後で回収するということが出来てしまいますからね。

あくまでも相場通りの値段で販売することが条件となります。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

不当な値段で売却するつもりはありませんが、相場をみて身内に売る予定です。ただ実際には名義を変更して、必要な経費を両親から援助してもらう形になるので、便宜上「幾らで売買した」という書類か何かを書くだけでしょうね。


4 ● kn1967a
●22ポイント

バイクの売却費用を返済に充てなければ詐欺になる。

だから、その弁護士は断ったのである。

また、自己破産しても税金は支払わなければならない。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

回答ありがとうございました。

売却した費用を弁護士の費用に充てる事は、断られた弁護士にも「弁護士費用とするなら問題ない」と回答は出ていましたが、このように断りが入ったという事は何か問題があるのでしょうね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ