人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

歴史についての日本語の文章について教えてください。大変恐縮ですで失礼かと存じますが、ベストなアンサーをくださった方には300ポイントでお願いできれば幸甚です。下記の日本語を、適切な英文に訳してください。直訳である必要はなく、ネイティブが読んですんなり読める表現でお願いいたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。

「一方、主作戦である南方攻略のために中国海南島から海路マレーに向かった帝国陸軍部隊は、十二月八日を期して、中国に兵器を援助するイギリス領マレーのコタバルに上陸を開始、翌日にはコタバルを占領しました。シンガポール攻略の足場とするためです。
同時に、分派した部隊がコタバルの北西のタイ領、パタニ、シンゴラ、ナコンにも上陸しました。タイのピブン首相は帝国陸軍の要求に対し、八日のうちに『軍隊通過協定』に同意したため、タイは事実上日本の占領下に置かれることになったのでした。」
以上です。

●質問者: fusaobi
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:イギリス シンガポール シンゴ タイ ネイティブ
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mandoto57

On the other hand, the empire army force that faced sea route Marais from the China Kainan island for the south capture that was a main strategy expected December 8, began in Kota Bharu of British territory Marais who helped arms to China landing, and occupied Kota Bharu the next day.

It is because of making it to the work stand of the Singapore capture.

The force that ramified landed also in a Thai territory in the northwest of Kota Bharu, patani, shingora, and nakon at the same time.

Because Thailand was going to be put in fact because Prime Minister pibun in Thailand had agreed to 'Agreement of the military forces street' for the demand of the imperial army eight under the occupation of Japan, it did.

http://q.hatena.ne.jp/1247076133

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ