人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大学受験数学の「場合と数・確率」の分野の問題についてご質問します。重複組み合わせ問題「1,2,3,4,5の5個の数字の中から重複を許して3個の組をつくる場合の総数を求めよ」を『○と|(仕切り線)』を使って解く場合、どのように考えたらよいでしょうか?宜しく御願い致します。

●質問者: tengen
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:大学受験 数字 数学 確率
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●60ポイント ベストアンサー

選び出す3個のものをすべて「○」で表し、5種類の区別を5-1=4個の仕切り「|」でつけることにします。1番目の仕切り「|」の左側の「○」は、「1」を表し、1番目と2番目の仕切り「|」の間の「○」は「2」、2番目と3番目の仕切り「|」の間の「○」は「3」、3番目と4番目の仕切り「|」の間の「○」は「4」、そして、4番目の仕切り「|」の右側の「○」は「5」を表すことにすれば、例えば、次のように状態を表すことが出来ます。

○○○||||→{1,1,1}

○|○|||○→{1,2,5}

|○|○○||→{2,3,3}

よって、求める場合の数は、3個の「○」と4個の仕切り「|」の並び方の数と等しい。すなわち、(5+3-1)個の場所から「○」が並ぶ3個の場所を選ぶ組合せの数であるから、(5+3-1)C3=7C3=(7・6・5)/(3・2・1)=35

●重複組合せの指導法について

>丸棒分配法

http://izumi-math.jp/F_Nakamura/repeat/repeat.htm

●重複組合せ

http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou2/s1combi5.htm

◎質問者からの返答

非常によくわかりました。私が求めていた完璧なご説明ご回答でした。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ