人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の歴史の文の英語への翻訳をお願いいたします。ベストなアンサーを下さった方に500ポイントでお願いしたく存じます。
「東洋艦隊の主力を失ったイギリスは、同時に南シナ海での制海権を失い、日本軍はシンガポールへの進軍を優位に進めることができるようになりました。この戦闘で特筆すべきことは、戦闘行動中の戦艦が初めて航空機だけの攻撃によって沈められたことです。これまでは、航行中の戦艦を航空機で沈めるのは不可能というのが常識だったため、列強各国は巨砲を備えた戦艦の建造を重視していました。これを『大艦巨砲主義』といいます。しかしこのマレー沖海戦の結果により、各国は航空機による戦術への転換を考えざるをえなくなったのでした。これは、日本軍が真珠湾奇襲攻撃で空母を集中させ、航空機による攻撃で成功を収めたことも同様で、特に太平洋戦争においては、以降航空機による戦術が重要な役割を果たすことになっていくのでした。自慢の新鋭戦艦を沈められたイギリスのチャーチル首相は、戦後その著書の中で、『第二次世界大戦のなかでも最大にショックなできごとであった』と語っています。」以上です。どうぞよろしくお願い致します。

●質問者: fusaobi
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:イギリス シンガポール チャーチル ベスト ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/2件

▽最新の回答へ

1 ● ももんがらす
●500ポイント ベストアンサー

Britain's loss of Eastern Fleet's main force meant the loss of naval dominance over South China Sea. Japanese army could dominantly advance toward Singapore. Before then, powerful countries built battleship with large caliber of guns by priority, believing that it's impossible to sink it by aircrafts. But the result of the naval combat off the coast of Malaya; the first time that the battleship in combat was sunk only by aircraft attack, changed war strategies into aircraft-oriented.

Surprise attack at Pearl Harbor, in which Japanese army massed aircraft carriers and attacked successfully by aircrafts, also supported the strategy which took on a major significance particularly in the Pacific War.

After the war, British Prime Minister Churchill wrote about the sinking of the advanced battleships, "was the most shocking event in the WWII."

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

いつもありがとうございます。お陰様で解決いたしました。とても助かりました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ