人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

台湾が舞台となる日本の小説/漫画/文学作品を教えてください。
どんなものでも結構ですが、エッセイや紀行モノは除外します。

よろしくお願いします。

●質問者: yamada100
●カテゴリ:旅行・地域情報 書籍・音楽・映画
✍キーワード:エッセイ 台湾 小説 文学作品 漫画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●15ポイント

こちらはどうでしょうか。

台湾現代小説選〈別巻〉ディゴ燃ゆ

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%...

戒厳令下、1960年中頃の台湾が舞台、社会はよどみ、救いのないように見えながら、突然うごめき出す予感が若い知識人たちにはあった。共産革命に理想を抱く者、西欧へ目を向けアメリカへ新天地を求める者、来たるべき台湾経済の発展に乗じ事業を興そうとする者…彼らの思想と行動を、恋愛・若者特有の憂愁などをまじえながらヴィヴィドに描いた長篇小説。

◎質問者からの返答

早速ありがとうございます。

やはり歴史モノが真っ先に来ますね。


2 ● vicki55
●15ポイント

あまりに野蛮な 上

あまりに野蛮な 上

  • 作者: 津島 佑子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 単行本

台湾に暮らした日本女性の愛の手紙・日記。70年の時を経て甦る二人の女性の愛の人生

◎質問者からの返答

これは歴史モノではなく、さらに興味が。

ドロドロしてそうですが。


3 ● sylphid666
●15ポイント

馳星周の夜光虫

夜光虫 (角川文庫)

夜光虫 (角川文庫)

  • 作者: 馳 星周
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

感想を書かれている方のブログですが。

http://ameblo.jp/au8by8/entry-10234744248.html

>台湾の野球界で八百長が行われ、それにかかわってしまった日本人投手の人生の顛末を描いたもの。

>興味深いのは、台北の地理やら、台湾の複雑な民族性や、政治の話、ヤの人たちの話、台湾野球界の話など、本当にリアルに描かれているところ。

◎質問者からの返答

あー、馳星周氏ならさもありなん。

台湾野球会は本当にそういうイメージが多くて・・。


4 ● lancer13
●15ポイント

明治中期の台湾が舞台の異色のビジネス小説

http://www.gendai-direct.com/shop/goods/goods.aspx?goods=bk09041...

いかがでしょう。

◎質問者からの返答

そして北方謙三氏も。

台湾×歴史モノ=ハードボイルドな流れは、何となくわかる気がします。


5 ● afurokun
●15ポイント

安彦良和/麗島夢譚

【オススメ】台湾舞台に日本人が大暴れ。

http://manga-1.com/?eid=3902

◎質問者からの返答

これもまた、違う角度からグッと歴史モノですね。

意外と現代のやつは少ないんだろうか。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ