人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

精神科医、皮膚科医などより外科医の方が格上のようなイメージがあるようですが、実際どれくらいの格差があるのですか?(医者の科による格差について、医者の世界でのイメージと医者以外の世間一般から見た場合のイメージをお教えください)


●質問者: abcdefg
●カテゴリ:就職・転職 医療・健康
✍キーワード:イメージ 医者 格差 皮膚科 精神科医
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● lancer13
●15ポイント

医者の格差 [編集]

テニスの仲間より時々言われて、ちょと「むっと」する言葉があります。

確かに、同じクラブには開業した羽振りのいい医者がいますがーー。

「医者ってやっぱり金持ちだな」ということ。

でもこれも、確かに正しいことで、以前から多いとは思っていたが、高額納税者(年間納税額3000万円以上)の職業別ランクで、医師は企業経営者に次いで第2位(15・4%)だった。日本医師会の唐渾祥人会長が就怪談に、「{医療費の増額を求める)日医の主張は『欲張り村の村長』の主張として国民に植え付けられている」と発言していたが、所得格差が広がる中、国民が医師の職業団体である医師会にネガティブなイメージを持つのは、やむを得ないこともある。

ただ、ことわっておくが医師にも所得格差があり、前述の高額納税者の多くは特定の診療科の開業医が大多数を占めている。

わたしは、責任あるエリートである医師が高額所得者であるのはいいこと思いますし、欧米の医者では当然です。

全国病院経営管理学会の2005年病院給与・労働条件実態調査結果によると、病院勤務医の平均賃金は私立病院の場合、約85万円(平均年齢35・3歳)となっているが、正直、「もう少しもらってもいいんじゃないの」と思ってしまうほどだし、私の勤める公立の病院ではもっと少なく私立の半分程度ですね。 公立病院でやれるプライドで頑張っている医者が多いです。

セレブぶりをマスコミに吹聴したせいで、娘を誘拐された美容外科医がいたが、ああしたケースは例外としても、開業医と勤務医の所得格差はなんとかしたほうが良いのではないだろうか。

勤務医が献身的、犠牲的に支えていた医療がいま音を立てて崩れていると思います。

勤務医より開業医のほうが収入が多いのは、先進諸国ではデンマークと日本だけだといいます。

今年になって、虎の門病院泌尿器科部長の小松秀樹氏が書いた『医療崩壊』という本が話題になっているが、小松氏もこの本で、病院診療に絶望した勤務医の逃げ場が最終的に個人開業になっていると警告している。

記述を少し紹介すると?。「現在、日本の医療機関は2つの強い圧力にさらされている。医療費抑制と安全要求である。この2つは相矛盾する。相矛盾する圧力のために、労働環境は悪化し、医師が病院から離れ始めた」「個人開業医の収入は多く、病院勤務医の収入は少ない。労働時間は逆である。社会が構造的に病院医療を攻撃し始めると、病院から医師が離れるのは当然である」。

2004年度から始まった新医師臨床研修必修化で医師の偏在が加速し、全国的に勤務医の開業志向が強まっているといわれているだけに、小松氏などの主張を間くと、「日本の病院医療は大丈夫か」と少し心配になります。

生活保護世帯が100万世帯を超え、国民全体に所得格差が広がる中、本当は高額所得者のことを心配している場合ではない。

しかし、すべての医師が高いモチベーションを持って医療に取り組めるようにするには、所得や待遇、労働環境に極端な格差があってならないだろう。

そんなこと、考える管理職側になると、医療の将来が心配となります。

でも身近に手術などの治療で病気から開放され、うれしそうで感謝の言葉を言ってくれる患者さんがいる限り、立場が悪くなったいる今でも職業のいきがいとして、遣り甲斐のある職業だと思います。

http://akichan.blog.so-net.ne.jp/2006-09-16


2 ● afurokun
●15ポイント

我が国の医師総数は下記のグラフが示す通り、右肩上がりで増加しています。しかし一方で医師不足の問題がクローズアップされています。

なぜ医師不足が起こっているのか?

主な理由として以下が挙げられると思います。

○医師の絶対数が不足

○地域格差の存在(都市部や特定都市に医師が集中)

○診療科格差の存在(産婦人科、小児科、外科などでの医師不足)

○離職医師の存在(女性医師の増加、出産育児等での離職など)

http://www.raycruise.com/v2/data-ishisu.html


3 ● suppadv
●14ポイント

外科医といっても色々ですので、外科医の中での格差と、精神科医、皮膚科医との格差では、あまり大きな違いは無いと思いますよ。


勤務医と開業医の格差や、病院間の格差などの方が大きいです。

http://q.hatena.ne.jp/


4 ● mandoto57
●14ポイント

直接的知り合いではないですが、医者の卵に聞いたところによると、眼科・歯医者はレベルが低くてもなれるらしいです。。(あくまでもその人意見ですので。)

精神科医、内科医なども外科的な治療に携わることはありませんので、格差というか隔壁はあるようです精神科医に関しては、他の科と違って薬を出せる診療科でもなく、患者さんの治療も難しいのでなりたたがる人は少ないと聞きました。


一般的には外科医の方が上のイメージはありますね。

http://q.hatena.ne.jp/answer


5 ● kanan5100
●14ポイント

一昔前はそんなイメージもありましたが、いまだにそう思ってる人もいるんですかね(苦笑)。

はっきり言って、そのイメージは幻想です。

なんでまたそういうイメージが長いこと守られてきたのかというと、端的に言って外科の仕事は非常にたいへんで、精神科、皮膚科の方が楽だからです。拘束時間も外科の方が遙かに長いです。それでいて勤務医でいるかぎり収入の差はそれほどでもない。さらに、開業するなら外科医は不利で、収入が高いのは眼科や美容外科などです。

とすると、外科に人を集めるには、自分たちの仕事はほかの科より格上であるぞ、というプライドに訴えるしかないじゃないですか。たいへんな仕事だけど、人々から尊敬される尊い仕事であるというプライドがあるからこそ、外科医は文句も言わず激務に耐えてきたのです。

とまあ、これまではこの幻想が守られてきてうまくいっていたんですが、さすがに最近では医学生や研修医もこのカラクリに気付いてきまして、今じゃ外科志望者は減ってきている始末です(逆に、志望者の増加率トップなのが精神科です)。

外科医が主人公のドラマは相変わらず放送されていますが、それよりむしろ外科医が被告になった医療訴訟のニュースの方が目につきます。さらに今では、少なくとも都会では医師が「お医者様」と尊敬されるようなことはなくなり、逆に医者が患者を「患者様」と呼ぶようになりました。

今では、外科に進む医者は、勇気があるなあ、と別の意味で尊敬されています。

http://q.hatena.ne.jp/1247583765


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ