人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

落合博満さん(現・中日監督)の現役時代のスゴイ伝説を調べています。
天才・落合選手ならではの、「有言実行伝説」や「若干、へそ曲がりな感じの伝説」等々…たくさん御願いします!!

●質問者: tooh22
●カテゴリ:趣味・スポーツ ネタ・ジョーク
✍キーワード:中日 伝説 有言実行 監督 落合
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● batti55
●27ポイント

http://www.youtube.com/watch?v=0z3otE-R61k

狙い済ましたかのようにカメラ破壊しました。


2 ● YBS
●27ポイント

数々の伝説

?8回入部、7回退部

秋田工高時代、上下関係や精神主義を嫌う落合は、頻繁に野球部を退部、大会前に呼び戻されて再入部、ということを繰り返していた。

しかし、野球自体は好きだったため、正式に一度も退部届は出していない、という。


?初心者マーク付け忘れでプロボウラーになれず

落合は、野球部の不可解な上下関係の厳しさに反発して大学を中退し、プロボウラーを目指してボウリング場でアルバイトを続ける。

そのプロテストの直前、運悪く初心者マークの付け忘れで警察に捕まり、プロテスト用に蓄えてあった貯金を罰金として取られる。

この運の悪さから、落合は、プロボウラーをあきらめ、東芝府中に入社。2年ぶりに野球を再開して好成績を残し、プロ野球のロッテにドラフト3位で入団した。


?酷評

落合は、1979年、25歳のとき、ドラフト3位でロッテに入団。ダウンスイング全盛期にあって、一見アッパースイングに見える落合の神主打法は、監督・コーチ・評論家から酷評された。

しかし、周りの意見に左右されることなく自ら生み出した技術を貫いて磨き、入団3年目にして首位打者、4年目に3冠王を獲得した。


?ピッチャー返し

ロッテ時代、ピッチャーに球をぶつけられたこと(死球)に激怒した落合は、次の打席で強烈なピッチャー返しを狙い打った。打球は、見事に投手の体に当たり、仕返しに成功。

本人は、のちに「長いプロ生活の中でも会心の当たりだった」と振り返っている。


?不滅の三冠王3度

1982年、落合は、打率.325、32本塁打、99打点という好成績で史上最年少の三冠王を獲得する。しかし、周囲の評価は低かった。それぞれの部門でレベルが低い、というのである。確かに落合の前に三冠王を2度獲得した王貞治は、1973年に打率.355、51本塁打、114打点、1974年にも打率.332、49本塁打、107打点で2年連続して文句のつけようのない三冠王を獲得していたのだ。

それなら文句のつけようのない三冠王を獲得してやろう。そう意気込んだ落合だが、さすがに三冠王はそう易々と獲得できるものじゃない。そればかりか、1984年には阪急のブーマーが打率.355、37本塁打、130打点という1982年の落合以上の成績で三冠王を獲得して脚光を浴び、世間はもてはやした。一方の落合は、ブーマーの陰に隠れて無冠に終わる。

窮地に陥った落合は、翌1985年に打ちまくる。打率.367、52本塁打、146打点で、3部門とも圧倒的な大差をつけて三冠王を獲得したのである。もちろん王貞治の2度の三冠王の記録と比較してもどの部門でも勝っている。

周囲の低評価は覆したが、落合は、それで手を緩めることはなかった。

翌1986年にも打率.360、50本塁打、116打点で2年連続三冠王に輝いたのだ。しかも、3度目の三冠王は、王貞治の2度を抜いて日本新記録、さらに大リーグでさえ過去に例がない大記録となった。


?ノーヒットノーラン負け寸前の試合を逆転サヨナラ本塁打で勝ち試合に

中日時代の1989年8月12日、巨人のエース斎藤雅樹投手が9回1死までノーヒットノーランピッチングを繰り広げたため、0‐3と巨人にリードを許す。しかし、そこから中日は反撃に転じる。まず、音重鎮がチーム初安打してノーヒットノーランを逃れた。その後、すぐに2アウトとなったが、四球とヒットで1点返してなお2アウトでランナー2人が残った。

そこで打席に入ったのが落合だった。落合は、斎藤の直球を右中間へ逆転サヨナラ3ランホームラン。

落合本人によると、打ってから後のことは興奮であまり覚えていないという。


?6打数5安打

1991年、落合は、ヤクルトの古田敦也捕手と激しいデッドヒートを演じていたが、落合は残り2試合で、古田に大きくリードを許す。落合が三冠王を狙ってすべての打席で本塁打狙いをして打率を落としたのが原因だった。

ヤクルトとの最終戦ではすべて敬遠され、6打席連続四球という日本記録が誕生している。

結局、落合は、残り2試合で6打数5安打以上か、9打数6安打以上を打たなければ、逆転できなくなった。

しかも、最後の2試合は、広島とのダブルヘッダーという過酷さであった。しかし、第1試合で落合は、4打数3安打。その時点で2打数2安打以上か、5打数3安打以上が必要という状況にまで追い込まれた。それでも、落合は、広島最終戦で何と2打数2安打し、古田を逆転。

残念ながら、まだ残り試合のあった古田がその後の試合で1打数1安打し、再逆転したため、タイトル奪取はならず、本塁打王の1冠に終わった。


?年俸調停

プロ野球の労組結成後6年がたった1991年、落合は、年俸を不服として、調停を申請した。大リーグでは頻繁に行われている年俸調停も、経営側の権力があまりに強い日本ではこれが初めてであった。

落合の申請は、こうした選手側の弱腰に対して発奮を促す目的が大きかったのだが、マスコミからは「球団との確執」、国民からは「金へのこだわりの強さの表れ」としか見られず、多くの誤解を受けた。

結果は、予想通りオーナー会議で選ばれたコミッショナーによって、経営側寄りの裁定となった。

また、落合は、選手の権利の拡大にも熱心だったが、経営側に抑えられ、あまりの無力さに責任を感じて一人で労組を脱退、ということも行っている。


?FA宣言

FA(フリーエージェント)制度は、選手側の選択の自由が確立された画期的な制度であり、落合は、その制度を強固にするために初年度の1993年にFA宣言。

最も自らに高評価をくれた巨人に入団。このときも、「落合も巨人に入りたかったのか」と多くの人に誤解を受ける。

しかし、入団3年後、成績が3割20本塁打を超えていたにも関わらず、清原入団で翌年度から代打に回す、との球団首脳の方針を聞いた落合は、いとも簡単に巨人を捨てて日本ハム入りし、誤解を晴らした。

だが、落合在籍中、巨人は3年で2度の優勝を成し遂げたため、皮肉にも手当たり次第、次々と金でFA選手を集めるまでに堕落していく。


?名球会入り拒否

落合は、2000本安打以上を放ち、打者は安打2000本以上、投手は200勝以上に与えられる栄誉である名球会入りの条件を満たした。しかし、落合は、入会を拒否。

理由は、その記録に達しなくても優れた選手が多くいるのに、長くやっていればできる記録が判定基準になっているから。基準の不公平さに異論を唱えるとともに、名球会入りできなかった大選手に配慮してのことである。

落合は、後にプロ経験者なら誰でも入れるプロ野球OBクラブに加入している。


?節目はすべて本塁打

落合は、プロ通算500本安打、1000本安打、1500本安打、2000本安打をすべて本塁打で飾っている。これは、もちろん過去に例はなく、奇跡に近いものであるが、おそらく狙って打ったものと思われる。

その証拠に、中日時代、練習の終わりに「あと10本ホームランを打ったら帰る」と若手の前で宣言してフリー打撃をしてみせ、11スイング中10本塁打して帰って行った、という伝説が残っている。


?右翼席へ本塁打

右打者でライト打ちのうまい選手は、多いが、常に右翼席へ本塁打を打てる選手は皆無に近い。

落合は、ライトへの本塁打が非常に多く、現役510本中176本がライトへのホームランである。この特異な技術は、独特の打法と卓越した技術から生み出されるものであり、アウトコースの球を払うように打って本塁打する姿に感嘆したスポーツライター山際淳司は『アウトコース』という作品を著している。


?伝説の試合10.8

1994年、巨人は、一時の独走態勢から急降下。129試合目にして中日と同率で首位に並び、10月8日の巨人×中日最終戦で勝ったほうが優勝という状況になった。

この年、巨人を優勝させることができなければ引退することを決めていた落合は、ただならぬ雰囲気の中、2回に先制ソロホームランを右中間スタンド中段に打ちこむ。このホームランは、試合後、読売の渡辺社長が「1億円ホームラン」と賞賛した。

同点に追いつかれた3回にはライト前に勝ち越しタイムリーを放つ。結果的にこれが決勝点となった。

落合は、3回裏の守備で足を痛めてベンチに退くが、巨人は槙原・斎藤・桑田の3本柱を投入して6対3で勝ち、優勝した。


?監督として現有戦力の底上げでリーグ優勝

2004年、落合は、中日の監督として様々な斬新策を打ち出した。1年間の解雇・トレード凍結、1・2軍を切り分ない春季キャンプ、一芸を磨く指導、トスバッティングの廃止。

現有戦力の10%底上げによる強化を図った落合中日は、開幕戦から復活をかける川崎憲次郎先発で幕を開けた。それが大きな痛手となってしまうのを防ぐ最善の策だったことが明かされるのはシーズン後のことである。

キャンプから横一線でスタートさせ、支配下選手の大部分を1軍で起用し、競争力を高める落合の采配は、1年目から功を奏し、6月に首位に立つと独走態勢を築く。リーグ最小失策記録を達成する鉄壁な守備陣を作り上げ、抜群の投手力で僅差の勝利をものにする守りの野球を落合はシーズンを通じて貫いた。まさに巨人とは対照的なやり方でリーグ優勝をもぎとったのである。


?監督として中日を53年ぶりの日本一に導く

2007年、落合は、ぶっちぎりの優勝を宣言して臨んだが、主力選手の故障により、巨人に1.5ゲーム差をつけられて2位に終わる。

しかし、シーズン中に無理をさせなかった投手起用が功を奏し、クライマックスシリーズでは阪神、巨人に怒涛の5連勝を飾る。

さらには、シーズン前に落合自らが獲得して育成選手からレギュラーに登り詰めた中村紀洋を筆頭に投攻守がかみ合い、日本シリーズで日本ハムに4勝1敗と前年の雪辱を果たす。この日本一は、落合が現役時代だった中日でも達成できておらず、中日としては実に53年ぶりの歓喜だった。

また、このシリーズ第5戦では8回まで完全試合の快投を見せながらもマメをつぶしていた山井大介投手を降板させ、9回に守護神の岩瀬仁紀投手を送るという勝負に徹した采配は、話題を呼んだ。

http://1st.geocities.jp/dogyamanet/


3 ● EmptyFort
●26ポイント

伝説といえば東尾へのデッドボール後のピッチャー返し報復じゃないですか?

http://www.youtube.com/watch?v=QOV4FprSKV4

落合は出塁率の高さが異常な打者で、四球が多く、面白いことにほとんど死球がありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E5%90%88%E5%8D%9A%E6%BA%8...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ