人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

IP電話とスカイプを企業で導入する際の
それぞれのメリットとデメリットを教えてください。

本社と工場で電話料金の見直しを検討しています。
そこで、おもいきってIP電話
スカイプ・アジルフォンなどの導入を検討しています。
現在それぞれのメリット・デメリットを洗い出しています。

どちらかのデメリット・デメリットのみでもかまいませんので
少しでも多くのご意見がいただければと思います。

また、IP電話はよく切れると少し前に聞いた事があるのですが
今現在でも、電波状況によって通話が度々切れてしまうなど
度々起こりうるのでしょうか?


●質問者: xxkinocoxx
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:IP電話 アジ スカイプ デメリット メリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

[1]安さ&管理のし易さ vs ラインの不安定さ&セキュリティの問題 australiagc

VoIPは個人的にほとんど使っていないので分かりませんが、Skypeのみに関して言うなら、個人的にはここだと思いますね。

とりあえずSkypeは安いし、アドレス帳なんかの管理も簡単です。

ついでにチャット画面から写真や書類を電話と同時進行で送ったりできますし。

顧客サポート向けなら、ついでにホームページにライブヘルプを導入するのも先進的な活用法ですよね。


ただ、サーバーやネットの状態によってはラインが若干不安定な時があります。

切れることこそまずないですが、設備が悪いと音声が微妙だったり、タイムラグが出る可能性も考慮しないといけません。

まあ、連絡事項ぐらいならチャットやメールで通達すれば良いわけですが。


あとはセキュリティの問題でしょうか。

インターネットでのやりとりを傍受するのは、物理的に傍受する必要のある電話回線よりは比較的に楽ですので。


[2]会社でスカイプ試しました kia_44

スカイプは無料なのは魅力ですがセキュリティ以外にも問題がありました。

・内線(転送)できない。

・PCのスペックが一部足りないものがあった。

業務の体制の問題なんですが、

机があり専用PCのある人にはかけられますが、そうでない人はちょっと不便ですね。


[3]会社でスカイプ試しました kia_44

スカイプは無料なのは魅力ですがセキュリティ以外にも問題がありました。

・内線(転送)できない。

・PCのスペックが一部足りないものがあった。

業務の体制の問題なんですが、

机があり専用PCのある人にはかけられますが、そうでない人はちょっと不便ですね。


[4]仕様 takano32

IP電話は仕組みがオープンですが、Skypeはクローズドな部分がありますね。


[5]私の場合 IP電話はほとんど切れません。 miraa

停電の時は切れます。でも停電そのものが基本的に少なくなりました。

停電以外では、私の経験上は一度も切れていません。


対策を取っておくと、IP電話も、停電時に使えるそうです。


[6]IP電話とスカイプの違い MrDeePlanet

IP電話とスカイプの大きな違いを見てみると、IP電話は普通の電話機を使って通話を行いますが、スカイプはPCを通して通話を行います。その点でメリットとデメリットを考えさせていただきます。

■IP電話

メリット:電話機を使って通話が可能。今までと同じ感覚で通話が行うことが出来、料金が通常の通話より安めになる。

デメリット:普通電話は電話回線から電源を取得しているので停電時にも回線が通電されている場合は通話が可能ですが、IP電話はネットと電話を繋ぐ装置に電源が必要なため、停電時にはバックアップ電源が無いと通話が出来ません。

■スカイプ

メリット:世界中のどこでもスカイプ同士での通話が無料。またスカイプから一般回線に通話を行っても安めの料金で通話が可能(詳細はわかりません)。また、PCで通話を行いながら、データのやり取りも行えるので、資料の交換や通話以外にも、チャット形式で文字で会話を行うことが出来る。

デメリット:PCを使って会話を行うことになるので、マイクに向かって会話をする行為が違和感がある。専用の電話機のような機材をPCに付けることも可能。

PCが起動していない場合や、スカイプを起動していない場合は通話が出来ない。電源やPCの状態が不安定だと通話も途切れたり不安定。

それぞれの点で、

IP電話を選ぶ場合は今までと同じような感覚で通話が出来、今より料金が安くなる。

スカイプは無料で今までとは違った通話が行え、PCを使うことで会議中のデータのやり取り等可能性が広くなると思いますが、やはりPCを使ったデメリットも大きいかと。

長くなりましたが、今までの通話を安く済ませたいぐらいであれば、IP電話。完全無料で新しいことに挑戦するなら、スカイプだと思います。ざっとした僕のイメージですが。


[7]責任 kamesannn

何か問題が起こったときの責任が最もリスクです。

それが問題ないならいいと思います。

SKYPEはインターネット経由なので、重要な話、情報提供は辞めた方がいいです。

IP電話は色々ありますが、両端がNGNだったり専用線経由なら問題ないと思います。


[8]オープンソースのIP-PBXで社内IP網を作るという選択肢は? Kazabana

工場と本社間のみでの見直しなのか、その他支社などがあったりするのか想定している状況がわからないので、ありきたりの知識での回答ですが、ご参考になれば。

Skypeは基本PCがないと使えないと思ったほうがよいです(Wifi向けの専用端末がありますが、通常の電話とは仕様がことなります)。PCの利用が難しい環境人員の場合には選択しにくいかと思います。また一時期利用者数が毎日大幅に増えていたときには音声が途切れやすくなることもありました。音質自体は通常の電話よりもよいです(データで拾える音域がアナログ電話より広いため)。

アジルフォンはIP-PBXのサービスです。商用なので撤退すれば当然サービスは受けれなくなります(この点はSkypeも同じ)。オープンソースのIP-PBX用ソフトであるAsteriskをベースとしているそうなので、AsteriskベースのIP-PBXを社内におくといった選択を考えているのであれば、選択の一つにはなるかと思います。

モバイルセントレックス、インターネット電話(IP電話)、ビジネスフォンのプロ

http://www.agile.ne.jp/asterisk.php

Asteriskについては秋田県大館市の事例などで知られるようになってきています。以下の記事が参考になるかと思います。

見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること - 記者の眼:ITpro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20090209/324420/

秋田県大館市 [ IP-PBX導入に関する情報公開 ]

http://www.city.odate.akita.jp/dcity/sitemanager.nsf/98aeab5db7a...

管理者の有無や規模にもよると思いますが、大館市の事例のように自前で構築して拠点間の電話代をゼロにする、というのもひとつの選択かと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ