人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アイザック・ニュートンの著書、Principia Mathematicaを読んだ事がある方に質問します。
この本の中の、重力についての記述で、「sling system」、「landing system」という言葉があるそうなのですが、どういったものなのでしょうか?


●質問者: uski
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:Mathematica アイザック・ニュートン 記述 重力
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●35ポイント

コメント欄に書き込めないので、回答欄にて確認することをご容赦下さい。


ラテン語原文の単語は分かりませんか? 英訳されてしまうと、どの部分かが分からないのです。

◎質問者からの返答

ラテン語の単語は分かりません。ただ口頭で上記のように言われました。

本の中では一番最後の、重力の公理の説明のなかにあるそうです。

要は、ニュートンがどのように重力というものを解釈したのかが知りたいのですが、そのまま質問にしてしまうとそれこそ幅がありすぎてしまうと思ったので、このような質問をしました。質問の内容とはそれていてもかまいませんので、ウェブサイトや書籍以外で何か情報がありましたらお願いします。


2 ● pahoo
●35ポイント

sling system は投石機のことでしょうか。いずれにしても、本文にそのような言い回しは見あたりません。


揚げ足をとるようですが、Principia に「重力」に関する記述はありません。

ある質量とある距離の間に働く「引力」の性質を明らかにした、というのが Principia の概要です。

万有引力の法則は質量、距離、係数(万有引力定数)から成り、要素としての時間は含みません。つまり、ニュートンは、瞬時にして無限遠にまで万有引力が及ぶと考えていました。

◎質問者からの返答

分かりました。お答え頂きありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ