人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

緊急保障制度とセーフティーネット貸付はちがうんでしょうか?

●質問者: buyout
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:セーフティーネット 制度
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sk_kls
●35ポイント

「セーフティネット貸付」と「緊急保証制度」 :政府広報オンライン

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200903/4.html


簡単にまとめると・・・


====緊急保障制度============================================


【融資機関】

金融機関から中小企業への融資

【利率】金融機関所定の利率

【メリット】

信用保証協会が100%保証

【デメリット】

0.8%以下ながら、保証料あり

事業所所在地の市区町村での認定と、金融機関または保証協会への申込みが必要


====セーフティネット貸付====================================


【貸付機関】

政府系金融機関である日本政策金融公庫(日本公庫)が資金を貸し付ける

【利率】(中小企業)1.95%、(小規模企業)2.40%

【メリット】

長期固定の低金利

中小企業なら、貸付限度額が7億2,000万円

【デメリット】

不明

◎質問者からの返答

大変わかりやすい回答有難うございました!


2 ● nekomanbo56
●35ポイント

信用保証料率が違うのではないでしょうか。

据置期間1年と2年の違いがあります。

http://www.miyagi-shinpo.or.jp/index.cgi?cid=15


緊急保障制度の方は期間が平成22年3月末までです。

http://www.miyagi-shinpo.or.jp/index.cgi?cid=102

◎質問者からの返答

有難うございました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ