人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

脳の内部で、誰の声だかわからないけど、無声の声によって思考したり、手紙を書いたり、キーボードを打ってています。また、本を読むときも、文字列を頭の中で音声化しています。

このような無声の声、心の中の声は、学術用語でなんというのでしょうか。

1248749834
●拡大する

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:キーボード 手紙 文字列
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

[1]内言語 TeX

http://kotobank.jp/word/内言語

で、なぜいわし?


[2]脳内の思考では Mook

映像派と言語派がいるようですね。

http://kotonoha.cc/no/79666


リチャード・ファインマンの自伝の中にも考え方に関する記述がありました。


[3]internal monologue meefla

学術用語かどうかはわかりませんが、Wikipedia[en] には Internal monologue として記事があります。


学門の領域としては、認知科学心理言語学(Psycholinguistics) ないし 言語心理学(psychology of language) でしょうか。

ウィキペディアでは同一視してますが、言語心理学の方が近いような気がします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ