人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

航空機・飛行機に詳しい方、教えてください。
第一次大戦の飛行機乗りの映画を見ていたら、プロペラを動かす前に整備士に「コンタクト」と叫んでいました。これはどういう意味なのですか?語源・由来もあわせて教えていただけるとありがたいです。

●質問者: expansion05
●カテゴリ:趣味・スポーツ 旅行・地域情報
✍キーワード:コンタクト プロペラ 整備士 映画 第一次大戦
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●14ポイント

エンジン始動の意味。


当時の航空機のエンジンは、クランクまたはプロペラを手回しすることでスタートさせていました。

エンジンに点火、始動すればプロペラが回転をはじめるので、手回し始動担当者に退避させる意味も込めて叫んでいたのです。

◎質問者からの返答

なるほど ありがとうございます


2 ● MEI-ZA-YU
●26ポイント

接続という意味 日本ではコンタクトがなまり「コンタック」という

http://ncode.syosetu.com/n3285b/37.html

いよいよエンジンを始動させ、飛ぶ事となった。

新一と快斗が操縦席に納まる。

旧日本軍の機体の多くはエンジンを回す為に付けられる電動のセルモーターがないため、

手動でエナーシャと呼ばれる始動用の機器でセルモーターを十分な回転数まで上げなければならない。

快斗

「本山さん。回して!!」

本山はエンジン下部にあるセルモーターを回す。

セルモーターが回転数を上げていく。

もうそろそろだと思えるたところで、

快斗

「離れて!!」

このままエンジンを回すとプロペラで巻き込んでしまうので、エナーシャを回していた本山はすぐに離れる。

快斗

「コンタクト!!」

接続という意味の言葉とともに、スタートボタンを強く押す。ちなみに、旧海軍では少しなまった「コンターック!!」という言葉を使っていた。



http://www.warbirds.jp/senri/04yatabe/yatabe2-2.html

「コンタック!」

と、呼称しながら起動索を引っ張る。

勢いよく回転しているイナーシャーの主軸が、エンジンと嵌合されてプロペラが回転し始める。

http://ncode.syosetu.com/n1650h/5.html

「よし! 回せ!」

濱口の掛け声で整備員達は始動用スターターを回す。

スターターが充分回った事を確認しエンジンを掛ける。

「コンターック!!」

コンタックとは接続を表すコンタクトがなまったものであり

日本海軍独特のものである。

◎質問者からの返答

いつもご回答ありがとうございます!

非常に勉強になりました。


3 ● kimudon
●40ポイント ベストアンサー

http://www006.upp.so-net.ne.jp/aviatorstale/TigerMoth20060204web...

http://www.souda.net/aileron/1.htm

マグネトースイッチを「ON」にした意です。

http://www.flightgear.jpn.org/wiki/index.php?FlightGear%A5%D5%A5...

マグネトー点火にかんしてはこちらの「エンジン始動」を参照してください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

非常に深い情報をいただけました。助かります!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ