人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“イエ・ルポ 2” #040

THEME:「記念日ではないけれど、忘れられない思い出の日付」を教えて下さい

「街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!」と展開してきた“イエ・ルポ”の続編コーナーです。“イエ・ルポ 2”では、特にマチとイエ、人と家族のドラマやものがたりを語らっていきませんか?毎回のテーマに沿って、あなたのルポをご投稿下さいね!
豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とルポ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090731

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は8月6日(木)正午で終了させて頂きます。

1249015735
●拡大する


●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:8月6日 theme あなた いね おすすめ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 211/211件

▽最新の回答へ

[1]6月13日、中学を転校した日 iijiman

1981年6月13日。ごくごく個人的な理由で忘れられません。

中学を転校した日です。それも、近畿から関東へと、文化の大いに異なるエリアを跨いで。

両親が関東生まれでしたし私も生まれは関東でしたから、言葉が「わからない」ということはなく、その意味では苦労が少なかった方かもしれませんが、やはり、中学生なりの文化や価値観が噛み合わないことが多く、悲しい思いをしました。そして何より、従来の友達に会えなくなってしまうのが悲しかったです。

あれからもう随分たちます。

それからなぜか、私は、6月頃に引っ越しをする事が2回ありました。入居先の空きを待っていたり、仕事の都合があったりという事情でしたが、転校を伴う引越が一番辛かったです。


[2]10/11 大失恋をした日 koume-1124

すっごく大好きで大好きな人がいて

どうしても付き合いたくて仕方なかった人が人生で1人だけいました。

好きになってもらえるように努力して本当に頑張ったけど

結果はダメで。。。

そしたら彼から結婚している事実を聞かされました。

あまりに衝撃で、悲しくて、涙が止まらなかったのを覚えています。

軽い付き合いが出来たらと思って彼は言わなかったみたいですが

どんどん私が本気で好きになってしまったので

言えなくなったみたいです。

この日が来ると毎年思い出してしまう、ちょっと切ない思い出です。


[3]1月13日 カノープスを見た日 kabatotto

初めてカノープス(南極老人星)を兄と一緒に海辺で見た日です。

それから何年も一緒に同じ日に同じ場所に見にいきましたが、これは大昔の話。

もう自分が老人性!になってしまって、痴呆症にやや近いかな…


[4]給料日 sidewalk01

ちょっと味気ないですがこれだけは忘れません!一ヶ月頑張った成果が振り込まれる日なので頑張りが評価されているんだと自分の中で確認する日ですね。できれば昭和の時のように、茶封筒に現金で給料が出ていたらもっとありがたみがあるんでしょうが、セキュリティ上しょうがないですね。。


[5]12月8日位? 親友と出会った日 qwer-asdf

大学に入って友人がなかなか出来ず、つまらないなと思っていました。


確か、12月の8日くらいに何度か言葉を交わした事がある女の子のとなりに座りました。

授業の事で話が盛り上がり、思い切って「ご飯食べに行かない?」と声をかけたら彼女がOKしてくれました。

そのときから私と彼女のつきあいが始まりました。


あれから10年。

彼女は都会へ、私は地元に残りましたが、今でも続く親友です。

10年後もまたご飯食べようねと言い合っています。


[6]>4 25日の給料日 koume-1124

確かに!忘れられませんね。

毎月近くなってくるとワクワクしてしまいます。

あまり変化もないんですが、残業で多少いつもより給料が多いと

これだけ頑張ったのか〜とシミジミ思ってしまいますね。

これは毎月忘れられないです。


[7]7月12日 初めて富士山に登った日 powdersnow

7月の初旬、まだ梅雨明けが発表されていない時期で、登れる天候かわからなかったのですが、何とか無事に決行できた登山でした。

当初は曇りや雨マークがちらついていた予報も、当日には晴れマークが覗くほどで、とても良い流れだったことを覚えています。

事前にいろいろと、話には聞いていた山でしたが、独特の山肌と言いますか、日本最高峰の山ということもあって、とても印象深い登山でした。

結局、無事に山頂まではたどり着くことはできましたが、最初の登頂では、山頂の風が異常なまでに強く、「お鉢巡り」という火口を一周する道を歩くことはできませんでした。

無事に登れたことへの感謝と、完遂できなかった残念さ、けれども無茶をすることはなかった判断、色々と記憶に残っています。


[8]>6 1990年4月16日 iijiman

学校を卒業して、正社員としての初月給の日でした。

16日が給料日って、今思うと、ちょっと変わっていますね。

駅の売店でクッキーを買って、親にプレゼントしました。

実際にはお金は口座振込だったのですけれどね。


[9]>8 初月給 mandoto57

は忘れられませんね。

社会人の仲間入りをした実感が沸きましたね。


[10]7月1日 一人暮らしを始めた日 powdersnow

一人暮らしを始めた日のことは、結構記憶に残っています。

部屋の整理をして、手伝ってくれた友達と食べて、飲んで、寝て……

最も印象が深いのは、その後の初めて一人で寝た日かもしれませんね。

部屋に一人だけで寝るのなんて、実家暮らしでも当たり前のことですが、

家というか、空間そのもので一人というのは、やはり余りある機会ではありません。

怖いとか寂しいという感覚ではありませんでしたが、

ああ一人なんだなと、どこか実感した記憶があります。


[11]1月9日 初めて青春18切符を利用 powdersnow

定期的に一人旅行ができるようになったのは、社会人になってからでした。

なので、お金より時間の方が取りづらいという形になっていたものの……やはり兼ねてから存在を耳にしていた青春18切符で、鈍行旅行をしてみたいという考えを抱いていました。

最初に青春18切符を使ったのは、1月の初め。

関東から名古屋、彦根を経由し、雪の降る金沢まで1日で到達しました。

非常に時間がかかりましたが、初めて乗る車両、初めて降り立つ駅、色々と印象に残っています。

やはり、新幹線と比べると、凄く時間がかかってしまって、現地で過ごせる時間が短くなってしまいます。

ですので、最近ではなかなか使えるタイミングが見つかりませんが……また時間ができた時には、ゆっくりと時間を気にせず鈍行旅行をしてみたいと常々思っています。


[12]11月、初めて自分でホームページを作った日。 nakki1342

プロバイダーと契約してから数ヶ月たった後

ホームページ作成ソフトを使って

ホームページを作って、ネット上に公開を始めました。

その時、アクセスカウンターを置く事さえ

アタフタしましたね。

そのときの事は忘れられません

今では、ホームページよりブログの方を

頑張っているんですけどね

まだ閉鎖はしてないんですよ。


[13]>5 8月28日 親友と出会った日 powdersnow

とある日付と同じだったので、会った日はとても良く覚えています。

偶然に知り合った全く面識のない相手だったのですが、すでに十数年の長い付き合いになります。

少しでもお互いのタイミングがずれていたら、会ってすらいないような偶然の産物なので、今でもあの日、あの場所に行っていなかったら……みたいな話題になることがあります。


[14]>3 カノープス canorps

カノープスって日本では東北より南で見ることはできる・・・とは行っても地表ぎりぎりで

かなり見るのが困難だといいますよね。

鹿児島や沖縄はまだ見れると聞きます。

結構南のほうの海辺で見られたのでしょうか。

うらやましいです。

私のハンドルネームはカノープスのトロイ戦争時のギリシャ艦隊の水先案内人に由来するという説

にあこがれて。

しかし若気の至りで、スペルを知らず、たぶんこれ!

としてためなのです。

実際はCanopus。うーん私惜しい!


[15]>9 初任給 canorps

学生のアルバイトではなく、きちんとした就職先で正社員として

いただいたお給料は茶封筒に現金でした!

少ない金額でしたからたいしたあつみもないんだけれど、ずっしりと

した重みを感じたのを今でも思い出します。

でも私の初任給は、当時は動物の保険などなかったため

愛犬の腫瘍摘出手術で全額吹っ飛んで行ったのでした・・・

それでも、愛犬の命が助かったのでよしなのですが。


[16]>15 初任給 bg5551

初めての給料はうれしかったですね。


[17]6月22日、初恋を始めた日 TinkerBell

私はとても臆病で引っ込み思案な子供でしたので、初恋と呼べる思いを持ち始めたのは、かなり遅くなってからでした。

だから、初恋の始まりのことを、今でもとても鮮明に思い出せるんです。

その日は朝から雨でした。

登校途中、私はバシャッと、車がはねた水を浴びてしまったんです。

かなり濡れてしまいました。

傘を持ちながらカバンも持ってハンカチを取り出すのはなかなか大変です。

もたもたしていると、ほらとハンカチを差し出してくれた人がいました。

泥水を拭くなら男の汚いハンカチを使うに限ると言いながら手渡してくれ、

わー、キザなことしちゃったよ、恥ずかしいから先行くぞと駆けて行ってしまいました。

二つ隣のクラスの男子でした。

かっこいいですよね。

気取らず、飾らず、こんなに人に優しくできる人って本当にすてきだと思ってしまいました。

その日のお昼休み、私はこっそり二つ隣のクラスを遠くからのぞいていました。

廊下の隅っこをゆっくり歩きながら、気付かれないように、さりげなく、さりげなく。

そうしたら教室からその人が他の何人かの男子と一緒に出てきたんです。

私はもう、ドッキーン!です。

声が近付いてきます。

「今日、何の日だか知ってるか?」

その人が言っています。

一緒にいる男子はみんな「なんだ?」「しらねぇ」と言っています。

私も考えましたが、何の日かぜんぜんわかりませんでした。

そうしたら、私の前を通り過ぎながら、

「カニの日!カは五十音の6番目、ニは22番目。だから6月22日はカニの日」

と言ったんです。

私が、え?え?と指を折りながら数えていると、気付いてくれて、

今朝のハンカチ返さなくていいからと声をかけてくれました。

覚えていてくれたうれしさで、またドッキーン!

それからというもの、その人のことが忘れられなくなりました。

6月22日は、生まれて初めて好きという感情が生まれた日でした。


[18]合格発表の日 bg5551

高校、大学に合格した時の感動は忘れられません


[19]>1 転校 nakki1342

私も中学を転校した経験があるので

大変だった事を覚えています。

同じ県内で転校を経験したんですが

色々辛かった事があったんですよね

もう今では、転校する前に暮らしてた地域よりも

長い間やってきたここに住んでいるんですけどね


[20]4月15日 ペットが亡くなった日 sunaco

手術もしたけど加減がよくなることはなく、14日の晩から動くことができなくなった我が家のうさぎ。

次の日は学校があるからと、後ろ髪をひかれながらも床につきました。

夜中に父母に起こされ亡骸を抱いた時は、もう少し起きていれば看取ってやれたのにとひどく後悔したものです。


15日の朝は学校を休みたい気持ちでいっぱいでしたが、学校があるからと寝てしまったのに行かないなんてことはできません。

その日は高校の入学式からちょうど1週間後。

看取ってやれなかった私が唯一報いることができるのは、ちゃんと学校に行くことなんだと思いながら登校しました。


高校に通った3年間、学校に行きたくないと思う日もありましたが、そんな時は決まって4月15日を思い出しました。

卒業式の日に頂いた皆勤賞を、庭のお墓代わりの木に報告してはじめて、赦されたような気がしたものです。

あの日以来生き物は飼っていませんが、いつかまた新しい家族を迎えられたらと思っています。


[21]>16 初任給 twillco

めて給料を貰った時は感動で嬉しかったですね。

母には自分の好きに使いなさいといわれましたが

親孝行もかねて食事に行ったのが思い出として今でも覚えてるし

両親も嬉しかったと言ってくれるので行って良かったなと思ってます。


[22]>21 初任給 r-zone

働いた分がお金として貰える事が、仕事としての評価に繋がっているんだと実感したときでもありました。

大人の階段を1つ上がったのを実感した日でもありました。


[23]>20 8/11 ペットが亡くなった日 r-zone

初めてペットトをを飼った時。当然、死はつきものなんですが

幼い頃の私には相当なショックでした。

毎日かわいがって散歩もしていたので

最後の最後は、家から脱出して車にひかれてなくなりました。

突然脱走していなくなったので、探しまわったんですが

結局、2日後にひかれたのを発見したんですが

あまりの突然の別れで今でも忘れられずに、写真が飾ってあります。


[24]>10 7月10日 故郷を離れた日 canorps

私も一人暮らしをはじめた日のことをよく覚えています。

実家から他県へと引っ越すため、荷物を小さなトラックへ載せて母と中央道をひた走りました。

母が運転していてくれていたのですが、突然母が「おかしいおかしい」

といいだしトラックは失速。高速バスの停留所へ。

私が見るとなんとガソリンが空!

私も悪かったけれど、運転の仕事の長いメイン運転手の母もなぜ気がつかなかったのか・・・

そんな恐怖のロングドライブをおえ8時間ほどかけて私の住むマンションへ。

荷物を運びいれ、次の日には仕事があるためにすぐ帰るという母は仮眠。

帰宅する前に母は私に封筒を渡してくれました。

「二つしか見つからなかった」

中には四葉のクローバーが二つ。

これから一人で知り合いの少ない土地に住む私のために

探してくれたのでした。

母子家庭で二人っきりの家族だというのに

私はずっと、母から離れたくて、それでこんなに遠い土地を選んだというのに

母は反対もせずに応援してくれて。ものすごくうれしかった。

いまでもそのクローバーを見るとあの日を思い出します。


[25]>23 12/20、12/21 ペットが亡くなった日 azaburecipes

中学の頃から迷い込んできた雄のシャム猫を14年間飼っていました。さらにその猫が雌の日本猫も連れてきて、夫婦の猫を飼っていました。猫は恩返しをしてくれるらしく、数多くの恩返しをしてくれた不思議な猫の夫婦でした。亡くなった日にちも偶然続いていて、仲良しの猫夫婦なんだなぁと思ってしまいます。


[26]>22 初任給 fumie15

私も初任給の日は忘れられません。家族みんなでお寿司屋さんに行きました。代金を払うとき、誇らしかったです。


[27]>12 6月1日ブログ開設 VEGALEON

ここを見ている人にとっては極々普通で当然のことですが、

自分のブログをネットに公開することは幾ら匿名とはいえ勇気が必要です。

個人ブログは「日記」みたいなモノでして、自分の分身でもあります。

開設当初は何を書いていいのか不安でしたし、本当に読んでいる人がいるのか疑問に感じていました。

三日坊主か一週間でギブアップすると思っていました。

「ランキング」って何?「トラックバック」って何?「レス」って何の事?

訳のわからない用語ばかりで試行錯誤の日々でした・・・

しかし1年以上続いていますね!

始めて2ヶ月ぐらいの時にGoogle検索などで自分のサイト名なんかを見付けると

「全国区」になったみたいで嬉しいでしたね。

これからも書き続けて「ライフワーク」になるといいです。


[28]>14 駿河湾ごしに kabatotto

東海地方の冬場はいつも良い天気に恵まれます。

なのでカノープスは南の低空さえ望めれば割と簡単に見つかります。

ただし、あの時の砂浜は浸蝕されてしまい、今では影も形もありません。

代わりにテトラ越しの無粋な風景になっています(泣;)


ギリシャ艦隊の船はアルゴー船ですね。

今では4つの星座に分かれてしまった巨大な星座だったとか。

久しぶりに星座のページを覗いてしまいました。


[29]>27 5月2日、サイト開設 sunaco

ハウツー本とパソコンをにらめっこしながらサイトの体裁が出来上がった時は、興奮のあまり何度もトップページをリロードしてにやついていた記憶があります。

ネット上での交流が増えたことで交友関係も広がり、旅行を機に遠方の方と実際にお会いしたことも。

家の中に居ながら世界が広がったのは、サイトのおかげでした。


[30]>29 サイト開設 bg5551

本を片手に見よう見まねでつくりました。

UPしたときはひときわうれしかったですね。


[31]6月3日 ペットが来た日 fumie15

動物嫌いの父が動物好きの母に説得されて手のひらサイズの子猫を連れて来たのは6月のはじめでした。手のひらの上でミャーミャー鳴く姿は忘れられません。父がメロメロになるまで時間はかかりませんでした。家族中で可愛がり、家族でペットの話題で盛り上がりました。爪とぎのせいで家中の柱がボロボロになりました。それでもみんなで可愛がりました。



もう虹の橋に行ってしまったけれど、私が行くまで待っていてね。

たくさんのありがとうを言いたいです。


[32]3月15日 ネットが開通した日 fumie15

ネットが開通した日のことはよく覚えています。パソコンに詳しい男の子に来てもらってつないでもらいました。珍しくて姉と二人でパソコンを一日中見ていました。雑誌に掲載されていた漫画家のHPに行ってみたり、噂に聞く2ちゃんねるをみて文字の多さにあわてて戻ってきたり、とても楽しかったです。

もうあのときのときめきはありませんが、今でも楽しんでいます。


[33]3月20日 自分の部屋を手に入れた日 fumie15

私の家はずっと転勤ばかりしていて、姉と同じ部屋でした。中学進学と同時に新居を建て移ることになりました。貯金をはたいて自分でベッドを選び、そのベッドに横たわって天井を見たのは大きな喜びでした。本やぬいぐるみを自由におけたのが嬉しかったです。


[34]>24 3/20故郷を離れた日 r-zone

遠くの専門学校に通う為に初めて実家を出ました。

そんなに距離はなかったんですが

学生なので車も無く、いつでも変えれない状況に

初めてホームシックになったりもしましたが

今では1人で何でも出来るようになったので

実家を出て良かったと思ってます。

送り出してくれた母親にも感謝です。

支えてもらった分、今度は親孝行をしたいと思ってます。


[35]>34 一人暮らし twillco

一人暮らしの憧れが強く、親の反対を押し切って初めて一人暮らしをしました。

すっごく怒られたし、勝手に物件も見てきてしまいましたが

両親も段々許してくれて最後には笑顔で送り出してくれました。

初めての一人暮らしで親に頼ってばかりだったので

本当の意味での一人暮らしではなかったように思えます。

あれこれ助けてくれた両親には、ありがとうと言いたいです。


[36]>30 ブログ開設 tibitora

初めてブログを開設したときはいろいろわからないことが多かったですが、無料のカウンターやブログパーツを選んだりするのも楽しかったです^^

グリムスというブログ更新で木を育てていって、大人の木になると本当の木を植林できるブログパーツのためにもちまちまと更新をしています。

1度大人の木になったのですが、小さな芽だった木が大きく育ってうれしかったです^^

今は2本目の木を育てています。


[37]>2 2/14 失恋した日 twillco

私も大失恋した日は今でも忘れられません。

ちょうどバレンタインデーに告白したので日付もしっかり覚えちゃってます。

今でこそ旦那さんと過ごす、楽しいバレンタインデーですが

たまにふと降られたときの事を思い出すと辛くなりますね。


[38]>26 初めてのバイトのお給料 tibitora

初めてバイトをして給料をもらった日は忘れられません。

仕事を任されている以上、短時間のアルバイトでもりっぱな仕事だと私は思います。

茶封筒に入った現金でもらったのですがすごくうれしかったです^^

うちの親はご飯代とかはもらってくれなかったのでお菓子を買って帰って一緒に食べました^^


[39]>35 7/23 同棲した日。 koume-1124

初めて彼と同棲した日は覚えています。

一人暮らしもした事が無かったので

親元を離れる事に寂しさがありましたが

彼と一緒にいられる嬉しさの方が勝ってしまって、ワクワクしてたことを覚えています。

母が心配して料理を教えてくれたりと、実家にいた時よりも

母とコミュニケーションの場が増えたように思えます。

なので家を出て良かったなと思う部分の方が多いですね。


[40]>25 1/23 ペットが亡くなった日 tibitora

実家の犬がこの日になくなりました。

私が実家を出る前からいる犬で里帰りをしたときにしか会えていなくて、亡くなったのを電話で聞いて悲しかったです。

天国でも生まれ変わっても楽しくすごしていてほしいです。


[41]>36 ブログ開設 sidewalk01

覚えてますねー


[42]>41 ブログ開設 kinnoji7

今までにもいくつかブログは作ったことがあるので、ブログ開設の手順はわかっていましたが、デザインを変えるのにテンプレートのHTMLをいじるのに手間取りました。やっぱり、既存のテンプレで100%満足っていうのはないですからね。


[43]>40 3/18 ペットの命日 sidewalk01

飼っていた犬がなくなりました。予防接種には毎年行っていたのにヒラリアにかかってしまい、血尿を出したり、散歩をしていても歩けなくなって、抱いて帰ってきたこともありました。峠と言われている日が医師から宣告されていたので覚悟していましたが、目が覚めて様子を見に行くと冷たくなっていました。その時は、涙は出ませんでしたが、その報告を県外で暮らす姉にTELして「あの子が死んだよ」と言った瞬間、涙が流れ出して電話を持ったまま号泣しました。ありがたいと言う気持ちで一杯でしたが、もっとかわいがってやりたかったと思います。それ以来、まだペットは飼ってないですね。


[44]>39 4/1 一人暮らし sidewalk01

大学の学生寮でしたが、親元を離れた当初はホームシックになりましたね。


[45]>44 一人暮らし kinnoji7

これから初めて一人暮らしを始めようとしている方は、恐らくいくつかの疑問、不安を抱えていると思います。しかし、恐れる必要はありません。少し予習をすれば疑問や不安は結構簡単に減少して、自信を持って一人暮らしに望めるはずです。一人暮らしを考えている人は引っ越す前から小さな準備をしておきましょう。その準備というのは自覚です。これから自分の事は自分でやるんだという心構えです。これを一人暮らし脳と言います。もし、一人暮らしだったら、自分でやらなきゃいけないとしたら、ということを考えてみる癖をつけましょう。


[46]部活の最後の試合 sidewalk01

高校サッカーを3年間続けてきて県大会で負けて引退が決まった日は今でも覚えていますね。1試合でも多くこのメンバーでやりたいと頑張って練習してきて、引退が決まった瞬間、自分の中で1つの時代が終わったような感覚に教われました。その後の人生でもイロイロなことがありますが、あれだけ向こう見ずに没頭したものの幕が引かれたときには、強い哀愁を感じました。


[47]>38 初任給 kinnoji7

初任給は何か記念になるモノを買う学生が増えてきていると聞きます。どこかのCMではないですが、「モノより思い出」。ご両親にカタチあるモノをプレゼントするのも素敵ですが、和美のように多分一生忘れられない思い出をプレゼントするのも粋で素敵だと思いますね。


[48]>18 合格発表 kinnoji7

合格を願い、ドキドキしながら発表を待つ受験生たち。今までの努力が実を結んだ瞬間、歓喜、涙、笑顔。会場のあちらこちらから歓声がわき起こります。自分の番号を見つけたあの感動は、一生忘れられない思い出になるでしょうね。


[49]>37 失恋 kinnoji7

失恋した友人の話を聞く際に、みなさんはどのようなことを気を付けているでしょうか。友人に感謝されるような関係を築くことができれば、自分自身が失恋した時、話を聞いてくれる大切な存在になるかもしれませんね。


[50]>47 初任給 miyupie777

初めてもらった時のことは忘れられません。

社長さんが「この1ヶ月よくがんばりましたね。おつかれさま」とおっしゃりながら給料袋を手渡していただき、社会人として認められたという喜びでいっぱいになりました。

初給料は家族でホテルの豪華ディナーを食べに行きました。


[51]>19 転校 miyupie777

私は小学2年の1月に、九州から関西へと転校をしました。

iijimanさんと同じく文化の大いに異なるエリアゆえ、言葉や文化や価値観の違いに悲しい思いをしました。前の学校の友達に会えなくなってしまったのも悲しかったです。

今思えば、良くも悪くも貴重な経験ですが、当時は本当つらかったですね。


[52]6月12日・結婚記念日 to-ching

結婚記念日、誕生日の2W前なので忘れたくても無理・・・


[53]3月3日・オヤジの命日 to-ching

苦しんだ上に亡くなりました・・・桃の節句です


[54]8月15日・終戦記念日・元の彼女の誕生日 to-ching

黙祷するのですが・・・そのほかの日でもあったんだ・・・


[55]2月26日 2・26事件従兄弟の命日 to-ching

若くて亡くなりました。226ですものね・・・


[56]9・11 アメリカ同時テロ to-ching

ちょうど夜のNHKニュースをみていました、CGか??と思うくらい、飛行機がビルに当たって・・・ビックリして、家族に知らせて回ったです。


[57]元彼の誕生日 peach-i

忘れたいのに忘れられない。

3年付き合ってきた元彼でしたが別れてもう10年以上経つのですがやはり覚えてるものですね。

新しい恋もしてますが、なぜか思い出します


[58]>51 転校した日 peach-i

悲しい気持ちだったんですよね。

今でも思い出します。

同時に転校することで、新しい自分の人生が始まった日でもあります


[59]>42 HP開設 peach-i

タグなど解らなかった自分が一生懸命作って開いた日は覚えています。

自分の大切なお部屋が出来上がった日ですからね^^

そこで色んな出会いがあったり、素敵なふれあいがあったり。

そうしたことが生まれた大切な日です


[60]祖父の命日 peach-i

お爺ちゃん子だったので、かなり色濃く残ってしまいました。

家族の皆はもう忘れたかのように過ごしていて・・・

少し寂しくなります。

でも、もしかしたら忘れるというもの自体が私以外の家族にとって一つの大事な作業だったのかもしれません。

お爺ちゃんは、みんなを悲しませないように忘れさせてあげたのかもしれません。

それでもお爺ちゃん大好きだった私は、一人毎年思い出してしまいます。

忘れたくない。そして忘れることが出来ない日です。

この先、私は一生思い出し続けることでしょう。

それは私にとって大切な作業であり、思い出すことで確かに私の心の中にまだおじいちゃんが生きていて存在している証なので。

魂は目に見えずこうして残された人の心の中に生き続けます。


[61]ファーストキスの日 peach-i

わかがりし思い出ですよね。

初めてのキスの日を覚えている方は結構いるかなと思います。

初めて相手と心が繋がることを確かに感じた日です


[62]4月1日上京した日 meizhizi87

初めて生まれた県を離れて東京に行った日です。不安もありましたが、ずっと東京に行きたいと思っていて、7年越しで夢がかなった日でもありました。新しい友人もでき、楽しいことがたくさんあり、上京してよかったです。今は地元に戻ってきましたが、今でも仲良しで毎年会う仲間ができました。


[63]>57 元カレの誕生日 miyupie777

その元カレと付き合い出したのが社会人になりたての頃だったもので、その頃に作った通帳その他あらゆるものの暗証番号を元カレの誕生日にしちゃったんですよね…若気の至りですな。

でもその数字の並びに愛着があったので、付き合いが終わったからと言って暗証番号を変える気になれず、そのままにしています。そして新たに暗証番号を作る必要があると、ついその番号にしちゃってます。というか、他の番号にしたら覚えられなくなってしまって…

そんなこともあって、旦那には絶対暗証番号の由来は教えられません(笑)


[64]>59 5月7日 powdersnow

HPを開設した日は、データを作っていたり、サイトに表示したりしているので、わかりやすいですね。

ブログなどは、今や多くの人がやっていることですが、数年前までは珍しい存在でしたよねぇ……

常識が変わる時間は、時によってすさまじく早いことを実感させられます。


[65]>64 ブログ開設 some1

ジオシティーズにサイトを作った日は前世紀なのとほったらかしだったので削除してしまい忘れましたが、

ブログは2003年からずっと続いてます。(はてなダイアリーじゃないですけど)


[66]>56 9.11 ttz

あの夜の衝撃は今でも消えることはありません。テレビに釘付け、衝撃というか、なんと言うか・・・


[67]>65 我がブログ、休眠中 ttz

最初の勢いはどこへやら。三日坊主とも言います。なかなか長続きしないです。。


[68]>61 日付までは覚えていないけど ttz

記憶はハッキリ残っています。ん?なんだか懐かしく、不思議な気分になるな?


[69]>50 初任給 ttz

懐かしいです。とってもうれしかったのを覚えています。ひとつ心残りといえば、初任給で親孝行的なことはしなかった事です。


[70]>49 シツレン ttz

ショックから立ち直るのは、年齢を重ねると共に早くなっていった気がします。あのつらい感じは、過去のものとなればいい思い出になるんですよね。


[71]>48 大学の合格発表 adgt

ドキドキしながら待った気持ちは忘れられない!


[72]>45 一人暮らし adgt

相当に自由な感じがしたのを覚えてる!


[73]>70 失恋 adgt

若い頃の失恋ほど痛々しくのこってる気がする


[74]>67 ブログ開設 adgt

段々とエントリーを書いて、もう少しでダイアリー市民へ・・・


[75]>73 2月の失恋 qwer-asdf

私はかなり頑張って忘れました。携帯の電話、アドレスを消し、思い出したら映画や音楽などで気を紛らわしました。


連絡を取れないようにしたらあきらめがつきました。ときどきその人との楽しいことを思い出しますが、それは無理して忘れようとは思いません。


[76]>66 私も忘れられません qwer-asdf

不謹慎ですが映画のようだと思いました。


[77]>69 初任給 adgt

社会人になれた!と思えた一瞬だった


[78]6月22日 初デート qwer-asdf

彼と初めてデートしました。もう付き合ってはいないけれど大切な思い出です。


[79]>63 元カノがらみの暗証番号 atomatom

ぼくも高校生のときの彼女の誕生日、覚えていますねえ。

自分の誕生日と近いこともあって忘れないです。20年以上経ってもまだ覚えている。 甘酸っぱい思い出というヤツですね。

miyupie777さんも書いていらっしゃいますが、昔の彼、彼女の誕生日や電話番号を暗証番号にする人って結構いるんですよね。たしかに今の同居人には教えたくない由来です。


[80]8月18日 生まれて初めて自分の名前が雑誌に載った日 momokuri3

とある活動が認められて雑誌の編集部から執筆依頼が来たのは、まだ夏にもなっていない時期でした。突然知らない人から電話がかかってきて、記事を書いてくれませんかとのお話。びっくりしすぎて何が起こったのかもわからないうちに電話は終了。数日後に正式な執筆依頼の手紙が届き、「あれは本当のことだったんだ!!」。それまで私は、記事はおろか、名前すら本に載った経験がありませんでしたから、もう本当に驚天動地の出来事でした。

さっそく執筆に取りかかろうとしましたが、いざ書こうとすると、出だしの言葉が見つかりません。あれ?雑誌の記事ってどう書き始めればいいんだろう、拝啓読者様…違う違う、皆様はじめまして…たしかにそうだけどそんなふうに始まる記事なんて見たことない、などとアホなことで本当に悩んでしまいました。

何とか規定の字数にまとめて編集部に提出。少し構成を直されて、舌足らずを指摘された所などを書き直し。これがダメ出しってやつ?すげー、俺プロみたいなどと、不備を指摘されているのに喜んでいる変な私がそこにいました(笑)。

並行して参考図版や写真、参考文献の一覧などを作成して送付。ドキドキしながら電話を待ち、オッケーですの返事で万歳三唱。本という物はたったひとつの記事にもこんなに手間と時間をかけるのかと、一つ一つの記事の重さを知りました。

発売日の少し前、大きな封筒に入った掲載号が郵送で届きました。執筆者になると、まだ書店に並んでいない最新号が読めてしまうんですね。しかし私は自分の記事を見るのが恐くて、数時間はページをめくることが出来ませんでした。小心者なんです。

そして迎えた8月18日。雑誌が書店に並ぶ日です。この日はもううれしくて、あちこち書店をハシゴしてしまいました。掲載誌が平積みになっているのを見てはにんまり。買っていく人を見ると、思わず「ありがとうございましたーっ」と頭を下げてしまいたくなりました。

これと同じ感激を、私は去年の2月にも味わいました。もちろんこれが書店に並んだ時です。

リブ・ラブ・サプリ―今日できるいいコト、365日暮らしのサプリ (「イエはてな」ライブラリー)

リブ・ラブ・サプリ―今日できるいいコト、365日暮らしのサプリ (「イエはてな」ライブラリー)

本屋さんを見つけると飛び込んで、並んでいる所を探して回りました。

本は気軽に読み捨ててしまえばそれまでですが、一度でも作る側に立つ経験をしてみると、一ページ一ページに込められた重みがよくわかります。そういう稀有の体験をさせてもらった最初の雑誌が書店に並んだ日。それが夏真っ盛りの8月18日でした。


[81]>76 CNNのサイトにアクセスしてみたら momokuri3

すごく重くて、ほとんどまともにつながらない状態になっていました。きっと世界中の人が情報を求めて殺到していたんですね。

翌朝ラジオを聴いていると、やはり事件直後の様子を伝えるリポートで、CNNをはじめとするアメリカのニュースサイトがパンク状態だったと言っていました。自分が経験したことがそのままニュースになっているのを聴いて、遠い別世界の出来事ではない、私が生きているこの世界での事件なんだと実感して身震いしたのを覚えています。


[82]>60 祖父の命日 otayori

うちは逆に小さいころに亡くなって、あまり祖父と思い出がなく

大人になってから、とても会いたくなり、命日に祈るようになりました。


[83]>43 5/1 と 1/4 otayori

皆さん、覚えてるものですね。。。

うちも一緒に過ごしてくれた二匹のワンコの命日

おぼえています。いろんなことを教えてくれました。


[84]7/20 初めてヨーロッパ otayori

驚きの連続でした。ローマだったんで、人種の多様なこと!

アフリカが近いこと実感しました。


[85]>82 友人の命日 twillco

ちょうど7月7日。癌で友人を亡くしました。

若いからと思っても癌は関係ないんですよね。

病院嫌いの私も、それからというものの病院に行くようになりました。

友人が出来なかった事、精一杯頑張って生きようと思いました。

忘れられないし、忘れちゃいけない事なので

ずっとずっと覚えています。


[86]>83 724 twillco

去年ワンコを亡くしました…

いつも一緒だったので突然の別れは、なかなか気持ちの整理が出来ないものですよね。

今でも急に思い出しては泣いてしまうときがあります。

亡くなっても可愛い愛犬の気持ちは変わる事はありません。


[87]>85 9/117 祖父の死 koume-1124

二年前に亡くなりました。

家も近所だったのでしょっちゅう遊びに行っていたので

本当にいなくなってしまったことをリアルに感じるのでショックでした。

亡くなる前にはボケてしまい、私の名前はもちろん分からず

ほとんどの事が一人では出来なくなってしまっていましたが

それでも大好きなおじいちゃんでした。

今は天国で元気にやってるかな?と思います

ずっと見守ってて欲しいです。


[88]>87 祖父の命日 bg5551

もう10年以上たちますが忘れませんね。

非常に悲しく、これからも忘れることはないとおもいます。


[89]>81 9.11 bg5551

あの日の衝撃は忘れることができません。

前の人が書いているように、映画を見ているようでした。

翌朝の報道で事の重大さをおもいしらされました。


[90]>89 9.11 linne

これは衝撃的でしたね。突然のことでテレビにくぎ付けになりました。

その後もマスメディアに何度も取り上げられるうちに、9.11が忘れられない日になりました。


[91]7月1日 交通事故にあった pir

この日にまだ幼稚園児だった兄弟が車にはねられました。幸い後遺症も残らず回復しましたが、毎年この日には事故には気をつけようと家族で話すようになりました。


[92]9月1日、免許を取った日 atomatom

車の免許を取ったのがぼくは遅かったんです。38歳になってから。

教習所に通っているときも回りは9割以上年下。

仕事終わってからの教習所通いはしんどかったのですが、それでもしっかり勉強しまして、途中の仮免許試験や、免許センターでの本試験も見事に1発で合格しました。

教習料金を支払うときにいろいろとコースが選択可能で、何度試験に落ちても料金が定額という「落ち放題コース」もあったんですが、ぼくは落ちるごとに補講を実費で受けることを選択していましたから、1発合格は何より嬉しかったし、自信になりました。まだまだ頭、使えてるじゃん、と。

免許証の交付の日付けは9月1日。

毎年その日が近づくにつれ、教習のことを思い出します。

あのころは運転しながらタバコを吸うなんて一生無理だと思っていましたし、ラジオなんて鳴ってても全然耳には入ってきませんでした。

おかげさまで現在のところ無事故無違反。

車の保険の等級が上がり、保険料が下がっていくのを楽しみにしているところです。


[93]>90 臨時ニュースで・・・ saru7

夜TVを見ていたら、急に臨時ニュースで・・・最初は信じられませんでした。


[94]>92 特別美 eiyan

免許を取得した日は忘れられないですね。

特に初めてなら余計に。

将来の幸運日になってます。


[95]>91 事故日 eiyan

事故日は忘れられないですね。

それが初めての大きな事故なら余計です。

気をつけたいですね。


[96]>84 外国旅行 eiyan

外国旅行は楽しいものですね。

それが初めてなら余計に思いますね。

一生の思い出になりますね。


[97]>78 初デート eiyan

初デートは心に残りますね。・

特に恋人とのデートならそれが失恋になっても心の思い出は残る。

一生の心の記録はあの世まで。


[98]>62 上京日 eiyan

芸能人の多くは地方から東京に上京して芸能界に入る。

夢と現実のギャップの大きさに対応次第で将来が決まる。

芸能界の厳しさは上京しない人にはわからないかも


[99]王貞治さんの誕生日 atomatom

王貞治さん、ぼくの世代のスーパースターです。今で言うイチローのような人気がありました。特に756号ホームランがいつ出るか、日本中みんなでカウントダウンしていたように思います。

その王さんの誕生日がぼくと1日違いなのです。

それが悔しくって悔しくって。

母がもう1日遅く産んでくれていたら、憧れの王さんと同じ誕生日をクラス中にじまんできたのに。

当時ぼくのクラスでは、野球選手の誕生日を調べ、自分と同じ誕生日の選手を応援するというのが流行っていました。

王さんとニアミスのぼくも探しました、ドンピシャ同じ日の選手を。

それが、こういっては失礼なのですが、あまりパッとした選手がいなかったんです。

一人だけジャイアンツの5番を打ったこともある選手が同じ誕生日だったんですが、なんというか地味で、友達に言っても「ふうん」ってだけで、イマイチ盛り上がりませんでした。

そんなわけで、ぼくの誕生日の1日後、王さんの誕生日になると子供のころのことを思い出しています。


[100]>95 事故にあった日 tibitora

pirさんのご兄弟さんが無事に回復されてよかったです。

交通事故にあうと忘れられないですよね、私もあったことがあるのですが忘れられません。

十字路などの曲がり角では、車のを運転している人は死角が増えてしまうみたいですので気をつけて道を通るように気をつけています。

みなさんも交通事故に限らず山や海、家の中建物内、いろんなところでの事故にあわないように事故を起こしてしまわないように気をつけてくださいね。


[101]>88 親しい人の命日 tibitora

家族や親しい人の命日は忘れられないですね。

毎年その日になると思い出します。

私は記憶するのは声を一番よく覚えているみたいで、思い出すときは元気な声を思い浮かべることが多いです。


[102]>97 初デート 12/23 koume-1124

初デートは今でも覚えています。

クリスマスの前日に初デートだったので、クリスマスよりも思い出に残っています。

あの頃のワクワクしてた初々しい気持ちはどこへやら。。。

でもクリスマスをむかえると、いつも付き合った頃を思い出します。


[103]>96 初めての海外旅行 koume-1124

中学生の頃、夏休みに入ったと同時に家族でハワイに行ったのが初めての海外旅行でした。

飛行機にも乗った事が無かったので

空気、景色、人、食事と全ての事がまったく普段とは違う空間に、とても新鮮で楽しかった記憶があります。

連れて行ってくれた両親に感謝ですね。


[104]>93 9.11 koume-1124

まるで映画を見ているかのようでした。

本当に痛ましい事件ですよね。

9.11は忘れられません。


[105]>101 祖父の命日 r-zone

ハッキリ覚えています。

祖父に関わらず、命日は忘れられないですね。

悲しい出来事で急な事が多いので衝撃すぎるし、忘れたら行けないと思ってます。


[106]>79 元カノの電話番号 bg5551

20年以上前ですが、当時は携帯もなく公衆電話で10円玉を握り締めて

電話をかけていました。

当時の電話番号を今でも覚えています。忘れられないですね。


[107]>100 事故日 sidewalk01

姉の小学校卒業式の日でした


[108]>106 元カノの誕生日 sidewalk01

不意に思い出すとチョット切ないですよね。


[109]終戦記念日 sidewalk01

広島では、小学校から平和に関する教育がなされて、折鶴をクラス単位で折ったりするらしいですね。自分も祖母や祖父から戦争の話を良く聞かされていたので、終戦記念日の特集など毎年よく見ますね。


[110]>105 祖母の命日 sidewalk01

ばあちゃんっ子だったので鮮明に覚えています。


[111]>104 9.11 sidewalk01

衝撃でした。


[112]>109 終戦記念日 jozetora

今の子供達は、戦争の昔話に触れる機会も少ないのでしょう。家族に戦争経験者がいないというのも、核家族ではしょうがない話ですし、その辺りの問題をどう取り上げていくかということは憲法の論議もでている昨今では重要なことですね。


[113]>111 その後のアフガン戦争も TomCat

世界中が愚かな報復はやめろと言っていたにもかかわらず強行された報復戦争。現代にこんなことがあっていいのかと、9.11と共に二重のショックを受けました。

アフガンでも多数の命が失われました。もちろん米軍側にも、この戦争で二千数百名の死傷者が出ています。報復のためにさらに不幸を重ねたこの戦争。死者の上にさらに死者を重ねたこの戦争。恐ろしいことでした。

って、今も終わってないですけどね。この戦争。9.11の惨事が本当に終結するまでには、まだたくさんの「チェンジ」が必要なようです


[114]5月13日・初ライブ体験の日!! TomCat

バンドを組み始めた私達は、早くライブをやりたくてやりたくてたまりませんでした。ライブに出るには一応オーディションなどを受けなくてはなりませんから、まずは地道に練習です。しかしある程度練習が煮詰まってくると、新たな展開が欲しくなってきます。だんだん「ライブやりてー!!」がみんなの口癖になってきました。

もちろんライブに出るためには、持ち時間をきちんと埋められて、なおかつちゃんとお客さんを湧かせられるだけの曲も用意しなければなりません。なかなか前途は多難です。

そんな中でだんだん閉塞感が高まってきました。

「やりてーやりてーって口だけで、お前何も努力してねーじゃん」

「お前に言われたくないね」

だんだんメンバー間の空気が険悪になってきました。ある日の練習の後、メンバーの一人が言いました。

「まだこれからってバンドが解散していく理由がよく分かったよ」

この一言が決定打になってバンドは解散・・・・、と思いきや、そこに降って湧いたライブ出演の話。あっという間にバンドは再結成され、そして迎えたライブ当日。これが忘れもしない5月13日だったんです。

この日は通称「メイストームデー」。八十八夜の別れ霜にちなんで、バレンタインデーから88日後のこの日は恋人同士の別れの日、嵐の日なのです。それにちなんで出だしの一曲には、「メイストーム」と名付けたデスメタル風のショートナンバー。全員で作り上げた新曲でした。

この曲のドライブ感が功を奏して、後はもうノリノリ。初ライブは予想以上の大成功でした。打ち上げで、今日から88日目に俺たちが解散するかどうか賭けようぜ、ということになったのですが、全員が解散しない方を選んで、この賭けは成立しませんでした。

「なんだよ、一人くらい反対に賭けろよ」

「できるわけねーだろ」

みんな見つめ合って、ちょっと涙ぐんでいました。


[115]>113 9.11 lovespread13

衝撃的でした。

最初TVで見たときはおよそ現実とは思えませんでした。

命の尊さを考えさせられた出来事でした。

知り合いに9.11が結婚記念日っていう友人がいます。その日、世界は不幸に包まれたけど、私たちにとってはこれからもずっと幸せな世界であり、二人で幸せな人生を築いて行きたいというのが彼女たちの思いだそうです。

幸せな人が一人でも増えれば世界もすこしは幸せになるでしょうか。


[116]6月23日・慰霊の日 nakki1342

沖縄県内の公立学校では休みになる日です

先の大戦で地上戦があったこの地で組織的な戦闘が

事実上終わったとされてるこの日を県の休みとし

戦没者の霊を慰め、県中が平和を祈る日となっています。

(ちなみに県主催で追悼式を毎年開催しています)

自分が住んでいるところからは、追悼式が開催されている場所は

少し遠く一度も行ったことはありませんが

個人的には

これは、無くさないでほしいなと思っています


[117]>103 12/25 初めての海外旅行 qwer-asdf

小学校6年生の時クルーズでグアムに行きました。伯父が子供のうちに海外を見ておくのはいいことだといってくれて約10日間のクルーズに行かせてもらいました。初めて水平線というものを見ました。初めて満天の星空を見ました。初めて海の底が見える場所で泳ぎました。

おかげで船の排気の匂いが大好きです。

行かせてくれた両親、伯父に感謝です。


[118]>71 合格発表 fumie15

私は怖くてなかなか見ることができませんでした。でも一緒に合格発表に行った母親があったよと言ってくれ、嬉しくて思わず叫んでしまいました。


[119]>115 9.11 kinnoji7

9.11は衝撃的だった。以来、毎年この日には、いろいろなことを考えさせられる。あの日からこれまでにも、多くの事件があった。報復攻撃が始まり、イラク戦争があり、イスラエル、チェチェン。9.11やイラク戦争のニュースを見ると、「こりゃ、ヤバい。何かしなければ」とは思うものの、「何」をしたらいいのだろう?という疑問が、ずっと頭の中にあった。デモに参加すればいいのか、署名運動に協力すればいいのか、平和運動にカンパするのか…。何もしないよりゃ、したほうがいいよなと思う程度の問題意識しか持っていない自分は、許される範囲の中で、協力してきたつもりではあるものの、頭の中の「?」は取れないまま、ここまで来ました。


[120]>117 初めての海外旅行 kinnoji7

私の初めての海外旅行の行き先はタイでした。パスポートを作るのも初めて。

税関を通るのも初めて。緊張の連続でしたね。その頃とても円高だったのでたくさんお小遣いをもっていきましたよ。タイは交通渋滞がひどいと聞いていましたがラッキーなことに渋滞に巻き込まれることもなく、天気にも恵まれてすごく楽しい旅行になりました。アユタヤ遺跡をみたりエメラルド寺院を訪れたり、異文化に触れることもできいい思い出になりました。


[121]>112 終戦記念日 kinnoji7

終戦記念日というけど、終戦したのは日本だけ、ということを日本人は忘れがちになる。しかも、8月15日は。降伏勧告のポツダム宣言を受諾したと元首が国民に通知しただけで、実効の降伏文書に調印したのは9月2日。終戦記念日は9月2日とすべきかとも思うが、沖縄を含む南西諸島の日本軍守備軍と米軍との間で降伏調印が行われたのは9月7日。なので、沖縄戦が本当に終わったこの9月7日をもって、日本の終戦記念日としたほうがいいと思う。


[122]>102 初デート kinnoji7

やっぱり、初彼女との初デートは忘れれないですね。あの日は映画を見て、ご飯食べて、街を回って、夜になって帰るときにやっと勇気を振り絞って手を繋いで、帰りのバスで彼女がボクの肩に頭を乗せてきたあの日は一生忘れることはないでしょう。一日中、緊張してました。


[123]>94 免許を取った日 kinnoji7

高校に入ると、まわりのみんなが原付免許を取り始めます。あこがれましたね。運転免許証。16歳になってすぐに、高校の入試のために休校になった日があり、中学のときの友達と一緒に試験場で原付を受験。自分とその友達を含め、この日は高校生がたくさんいたのが印象的でした。前日の半分徹夜での勉強の甲斐あって、晴れて運転免許証を取得。このとき、免許証を眺めながらすっごーく大人に近づいたな、って感じたのを今でも覚えてます。原付免許を取ったその日から親のHONDA Dioを乗り回しておりました。親の持ち物でありながら、総走行距離の半分以上は自分が運転したものです。


[124]3月9日 レミオロメン tk09

「レミオロメン」の歌ですが、この曲が凄く好きなのと、

カラオケでよく歌う曲なので。。。


初めて歌を聴いたときに、「おおっ」って思いました。


[125]>119 9,11 tk09

高校生のときだったが、友達4人と家のテレビで事件を知った。


ゲームをやっていた後だったので、一瞬、ゲームの続きかと思ってしまうぐらい現実味の無い映像に感じてしまった。あれは本当に衝撃的だった。。


その後の報道で様々な事実を知り、考えさせられました。


[126]>125 9.11とアフガン戦争と日本 Fuel

この時世界はNO Violence、テロも戦争も一切の暴力はNOだと反応したと思います。でも日本は違いました。あの時首相は小泉さんでしたね。頬杖をつきながら報復戦争への協力を語る小泉さんの目が異様に陶酔している気がして恐くなった記憶があります。


[127]4月1日 今のところ生涯ただ一度の骨折をした日 Fuel

まだ春休みでした。私は自転車に乗っていました。友だちの顔が見えたので、おーいと手を振った時、タイヤが段差に乗り上げました。そのまま転倒。倒れ方が悪かったんですね。瞬間、肩に激痛が走りました。

私はその時、真っ青な顔をしていたそうです。そのくらい痛かったんですね。慌てて駆け寄ってくれた友だちが、おい、嘘だろう、エイプリルフールだよな?と言っていたのをおぼえています。

見知らぬ大人も駆け付けてくれて、救急車を呼ぼうかなどと言ってくれていたようでしたが、まさかそんなおおごとだとは思いませんから、必死でいいです平気ですと断りました。

友だちが私の家に知らせに走ってくれて、すぐ母がやってきました。そのまま病院へ。鎖骨骨折でした。上半身をほぼ覆ってしまうような仰々しいギプスを付けさせられ、すごい重症者みたいです。何か夢を見ているみたいで、私も心の中で、これってエイプリルフールか?などと思ってしまいました。

翌日からが色々とまた大変でした。風呂にも自由に入れませんし、ギプスが邪魔で寝ることもできません。仕方なく、夜は布団をリクライニングシート状にして、ちょっと体を起こして休みました。熟睡できません。

それからおよそ3週間ギプスは続きました。ギプスが取れてもまだ襷のようなバンドで固定されましたが、子供は新しい骨が出来るのが早いそうで、約一ヶ月で全治しました。大人だともっと時間がかかることもあるんだよと、病院の先生が言っていました。

この経験は、今になって思うと、得難い経験だったと思います。この最中、どれほど家族や友の力添えがありがたかったか。また、やりたいことが出来ないもどかしさ、悔しさなども、身に染みて体験できたからです。

障害という言葉はあまり使いたくありませんが、人はいつ事故や病気で障害を負うかわかりません。たとえ障害があっても幸せに暮らせる社会作り。そういう努力をしていかないといずれ困るのは自分だと、子供心にそんなことを思いました。


[128]>123 私も免許を取ったのは早かったです Fuel

やはり大人へのパスポートみたいな憧れがありましたね。友だちが使っていた本を借りて勉強。常識だと思っていた交通法規を意外に知らなかったことにびっくりしました。

試験は順調で一発合格でしたが、受けに来た人の2/3以上が不合格だったみたいで、こんなに落ちるのかとまたまたびっくりでした。原付問題なんて常識の範疇とたかをくくっていると、そうなってしまうのかもしれないですね。

あとで原付の「裏講」なる物の存在を知りましたが、そんな予備校みたいな物を使うよりは、ちゃんと理屈を理解しながら交通ルールを身につけることが大切じゃないかと思いました。

ちなみに実際にその免許で運転したのはずっと後のことでした。しばらくはもっぱらレンタルビデオ屋の会員証を作ったりするときに使っていました(笑)。


[129]>122 初デート peach-i

ドキドキしながら一緒に手を繋いだ日のことは今でも忘れられないですね。

手を繋ぐだけで幸せな気持ちになれたあの頃は、本当に純粋無垢であり、大切な時間であり、思い出です


[130]>118 合格発表 peach-i

あの感覚は、あの時代にしかないものであり、非常に良い刺激でしたね。

自分の頑張りの集大成なわけでしたから、思い出となりました。

受験というのはこの感覚を味わうためにもあるのかもしれないです


[131]>77 初任給 peach-i

アルバイトとは違うケタのお金を自分で働いて手にすることが出来たときは自分が大人になったという自覚と感覚、そして、一人で歩みだすことの出来る力が出来たという喜びで溢れました


[132]>75 失恋 peach-i

大好きな人に気持ちを伝え、そしてダメな結果になってしまった日の心の傷は大人になっても覚えているものですよね。

甘く切ない、生傷であります

その痛みをまた癒したのも、恋であり、恋は恋でしか癒せないことを知りました


[133]再会した日 peach-i

連絡が途絶えて長く疎遠だった友達と、小さなきっかけから再会。

それからは本当に今では頻繁に会うほどの親友です。

今でもその再会した日は忘れられません


[134]>121 たしかに Fuel

さらに中国に対する降伏文書への署名は9月中旬になりますから、それまではまだ日本は、国際法上は他国との交戦状態にあったことになると思います。玉音放送の日から約一ヶ月、日本はまだ戦争の中にいたことになりますね。

でもとにかく、日本の軍国主義は8月15日をもって終結したと言えると思います。それを再び蘇らせようとする政治家は後を絶ちませんが…。


[135]>126 9.11 adgt

テレビでながれる映像はどこか現実感が欠如してしまってるようだったなぁ。


[136]>135 9.11の後 C2H5OH

日本中が厳戒態勢になりましたね。表立っては平静を保っていましたが、裏に回ると様々な防護対象に恐ろしいほどの警備が投入されていたようです。

世界平和を作ると世界に宣言した日本。なのにアメリカの軍事同盟国としてテロリストに狙われる日本。不気味でした。


[137]>108 元カノの誕生日 adgt

思い出すと凹むなぁ。


[138]>86 ペットの命日 adgt

ネコをかってて、かなり体力はおちていたのに何処かへいってしまった。死に場所を探していったんだろうか?


[139]>58 転校生が来た日 adgt

も思い出深いなぁ。


[140]>128 免許 adgt

電光掲示板をドキドキしながらみてた。


[141]>140 免許 powdersnow

教習所は、問題なく通れたのですが、最後の免許センターに出向いての筆記試験は、少し緊張しましたね。

近い場所ではないので、何度も出向きたくはありませんでしたし。

1カ月ほど集中的に通って所得出来ましたが、頑張った分だけ、所得出来た喜びは感じることが出来ました。


[142]>110 祖父母の命日 powdersnow

祖父母が亡くなる年齢になると、親元を離れている人も多いのでしょうね。

私もすでに実家を離れていた時だったので、結構唐突に感じました。

それとなく、事前に示唆はされても、やはり現実にそうならないと、なかなか直面できません。


[143]>46 最後の試合 powdersnow

最後の試合は、今でもよく覚えています。

そして、あのときああなっていれば、ああできていればとか、何年経ってもふと考えてしまう時がありますね。

個人としては、悔いのないというか、やれることはやれたと言える結果でしたが……

それでも、もっと先に行けた可能性を考えると、今でも悔しいですねぇ。


[144]>134 この時期になると ttz

テレビでも戦争関連の話題やドキュメントが多いですよね。毎年そうですが、見るたびに胸が痛くなります。もう絶対あってはならないなと思わされます。。


[145]>137 元カレの誕生日 Elliee

暗証番号に設定したために忘れたくても忘れられなくなりました。

自分のパーソナルデータにまったく関係ないのでセキュリティという意味では頑丈ですw


[146]>120 初海外。 ttz

大学の卒業旅行でした。3月だったので安くいけました。今はそんな安い時期に行けないですからね。多少無茶もして、いい思い出ですね?


[147]>138 ペット ttz

今も飼っています。こればっかりは避けて通れませんね。本当に悲しいことです。人間くらい長生きすればいいのにと何度思ったことか・・・


[148]>130 合格発表 ttz

そんな過去もありましたね。ある意味、人生をちょっと左右する瞬間ですよね。もうあれぐらい勉強することもないだろうし、あの一生懸命さは自分のためになりました。


[149]>131 初任給 meizhizi87

私も社会人になって初めて給料をもらったとき、胸にこみあげるものがありました。今でも給料明細は全てしまってありますが、初任給を見返すと、これが原点だったんだなぁと思います。お金を得ることの大変さが改めて分かります。そして働くことの喜びも得られます。


[150]>129 初デート ttz

懐かしいな?。

携帯も普及していなかったころで、実家に電話したりしてました。これがまた緊張するんですよね。お母さんが出ちゃったりして。懐かしいな?ホント


[151]>148 合格発表 meizhizi87

私はもうダメだと思っていたので、合格した時の喜びはとても大きかったです。予備校の面接にも行っていたくらい覚悟をしていました。発表当日、友達から電話がかかってきて、おめでとう!と言われました。私は、時間を勘違いしていたのか発表になったとは知らずにいて、全然状況がつかめず、合格したんだよ!おめでとう!と友達から言われたとき、声になりませんでした。そして急いで家族と一緒に掲示板を見に行きました。同時に親の転勤も決まり、1人暮らしをすることになりアパートを決めてきました。新しい春を迎えた日です。


[152]>144 本当ですね C2H5OH

60何年たってまだ人々を嘆き悲しませ続けている戦争、多くの人の命を奪い生き残った人の人生も狂わせていった戦争は、二度と繰り返してはなりませんね。しかし太平の世に育ち、戦争の恐ろしさ、平和の尊さを実感できないのが私たちの世代とも言えると思います。8月をいい機会に、戦争の歴史をしっかり見つめてみたいですね。


[153]>33 9月3日 新しい家へ meizhizi87

私の家も転勤族だったので、初めて持ち家に住んだときはとても感動しました。新しい家のにおいが心地よくて、完成する前に何度も見に行ったりもしていて、いざ住めるようになった時はとても嬉しかったです。1人暮らしを始めて、一時期家を出ていた期間もありますが、安心して帰ることができる家があるのは嬉しいものです。家にも親にも感謝です。


[154]3月25日 卒業式 meizhizi87

大学の卒業式の日は忘れられない思い出の日です。高校までは、卒業しても進学することが決まっていたので何となくそういうものなんだろうなぁという感じでいたのですが、大学は初めて卒業したくないと思ったところでもありました。こんな大切な仲間と離ればなれになるのはとても寂しいと半年以上前から仲間と話すことがありました。社会人になるという期待もあったはずなのですが、もう二度と戻れない日々を思うと胸にこみあげるものがありました。一番楽しい時期を過ごすことができた日々でした。


[155]3月7日 骨折した日 meizhizi87

出勤中に転んで右足を骨折してしまいました。7週間ギブス生活を送ることになり、それまで1人暮らしをしていたのですが1人では生活が出来なくなり、仕事も1ヶ月程休み、自宅にいました。骨折中は、友達が気遣ってくれてカラオケやドライブに連れて行ってくれたり、電車では、顔見知りの外国人に大丈夫?と席を譲ってくれたり、人のやさしさを感じた日々でした。


[156]>141 免許取得日 tk09

免許の取得日って免許証に記載されていて、

履歴書にも記入欄があるので意外と覚えています。


最終学科試験だけが2回目合格で、他は順調でしたね。

注意された記憶も無し。。

2年ほど、仕事で車を使っていた時期もあったけれど、

事故は一度も無くて今年ゴールドになります。


誕生日の1ヶ月前に免許を取ってしまったので、更新がすぐに来てしまった。。。

18歳だったので一日でも早く取りたかったんだろうなぁ。


[157]>143 最後の試合 atomatom

ああ、最後の試合。ぼくの場合は10月まで引退せずに頑張っていました。受験で早期引退をする仲間も多かったのに、なんだかぼくは意地を張って秋の試合までは部活を続けたんでした。

今考えると後輩には少し迷惑だったのかも。

しかし、結局、負けて引退。

ま、最後は必ず負けるんです。優勝する以外は。

最後の試合を勝って引退できる人たちはうれしいだろうなあ。ただ、負けてもその試合を覚えていられるということで、十分の値打ちなんですけどね。


[158]8月8日 広島 C2H5OH

夏、旅行で訪れた広島。平和記念式典と重なる6日は避けて、翌7日に広島に入りました。一瞬にして命を奪われた十何万人の人たちのご命日となる6日に観光で入るのは、いささか不謹慎だと思ったからです。

7日のお昼過ぎに広島市内に入り、帰省しているはずの友人に電話をかけました。すぐに迎えに来てくれて、その晩は友人の実家に泊めてもらう段取りとなりました。貧乏旅行ですから、宿代が浮くのは本当に有り難いことでした。

市内をあちこち巡り、もちろん平和記念公園にも出かけ、夜は友と語り合いつつ飲み明かしました。そして迎えた8月8日の朝。

一緒に黙祷してくれないかと私にも声がかかり、仏間に案内されました。ご家族の方とともにお仏壇の前で静かに祈らせて頂きましたが、皆さん泣いていらっしゃいました。何のことだかよくわかっていない私に、家の方が説明をしてくれました。

原爆で死んだ人の中には、何日も苦しみ抜いていった人達も多いんですと。うちのおじいさんも二日間苦しみ抜いて、やっと8日の朝に楽になれたんです。わが家の原爆の日は6日一日では終わらないんですよと。

戦争の記憶は、それを体験していない世代に代替わりしていけば、次第に失われていくものかもしれません。しかし、故人のご命日はけっして消えません。人として生き、尊い人生を歩みつつ、それを中途で奪われた人の無念は消せません。

8月。今年もたくさんの、故人を悼む祈りが捧げられることでしょう。戦争を知らない私にも、そこにある深い悲しみは分かります。そんな体験をさせてもらった日が8月8日でした。


[159]>156 免許 koume-1124

ドキドキしながら発表をまってました


[160]2月29日 閏年だけにある記念日 powdersnow

小さい頃の友達に2月29日生まれの人がいたので、4年に1度しかない日という意味が、とても印象に残っています。

普通に暮らしていれば、ただの1日で、30日までの月と31日まである月の違い程度でしかないのですが……

その日が誕生日であったり、何か記念や思い出の日であると、やはり感慨深いものがあるようです。

当日がない年は、繰り上げて28日という形にするようですが、きちんとその日時があるというのは、それだけで嬉しいのだとか。

年に同じ日は一度だけ。それだけでも長い間隔なのに、さらに4倍となると、流石に間隔が開きすぎ……第三者すらそう感じてしまいます。

だからこそ、その日付がとても大切なものになっているのだと思いますが。


[161]はじめて自分一人でパンを焼き上げた日 MINT

五年生の時。日付は十一月十五日。これが記念すべき、最初から最後まで誰の手も借りないでパンを焼き上げた最初の日でした。それまでは母の手伝いというか、母に手伝ってもらってというか、そんな感じでしかやったことがありませんでした。でもこの日は、オーブンを使う時だけ母が立ち会うという条件で、あとは全て一人でやっていいことになったんです。

まずどんなパンをどのくらい作りたいかを決め、必要な道具と材料を揃えて並べます。使いやすいような道具の配置を自分で決めるんです。これってすごいこと。わくわくするスタートです。

続いてきちんと計量します。そしてこねます。こねかたは、どんなパンを作るかによって変わります。ロールパンのようなふわふわパンを目指すなら、生地を薄く伸ばした時に向こうが透けるくらいまでグルテンを引き出します。フランスパンなどはその手前。生地を薄く伸ばすと薄い膜になる前に生地が切れるくらいでちょうどいい。こういうこね加減も自分一人で見極めます。

そして丸めて一次発酵。この時の丸め方も大切です。ガスが抜けないように、とじ目をしっかりとじていくのがコツ。ここでつるんとした生地にしておくとおいしいパンになるよ。そういう母の言葉を思い出しながらやっていきます。

発酵開始。発酵には温度も湿度も大切です。ちゃんと膨らむかな、どうなるかなと、もう気になって気になって、他のことが手に付きません。母はいつも一次発酵に入ったら、パンのことなんか忘れたように他のことをしていました。それってベテランのあかしだなぁ、私にはとても無理だよーと、格の違い、経験の違いみたいなものを思い知らされました。でも初心者だからいいの。私は何度も何度もパン生地を覗きに行きました。

もういいかな。指に粉を付けてフィンガーテスト。生地を指でつついてみて、穴の様子で発酵の進み具合を確かめるんです。この時の母の教えは「酵母の声を聞くのよ」。酵母と語り合う気持ちになって、もういいかいと聞いてみます。

もういいよ。酵母さんの声。すごいです。母に教わりながらやっていたときは、酵母の声を聞くなんて、たとえ話だと思っていました。なのに自分一人で真剣に生地と向かい合っていたら、本当に酵母の声が聞こえてきた気がしたんです。今が最高!って。

さぁ、ガス抜きです。この加減も作りたいパンによって変わりますが、ガスを抜くことで再び酵母の活動が始まって、きめ細かなパンができるんです。あとは分割して丸めなおしてベンチタイム。手早く作りたいパンの形を作って、二次発酵です。どうかな、どうかな。

二次発酵完了間際。おかあさぁぁぁぁぁぁぁん!

母を呼んで、オーブン予熱開始です。うちのオーブンはガスオーブン。一人でこんな大きな器具を使うのは初めてです。安全確認、点火用意…。

「これでいいの?平気?だいじょぶ?」

「さぁ、自分で納得いくまで確認しなさい」

「ひぇぇぇん」

何度も安全と手順を確認して、いよいよ点火です。まるでロケットの打ち上げのような気持ちでした。スリー、ツー、ワン、ゼロ、ファイアー!

はぁはぁはぁはぁ。点火成功です。いよいよ焼きます。いい香りがただよって、さっきまでの興奮が、一転してうっとりするようなおだやかな時間に変わります。母が紅茶を入れてくれました。きっと大成功よ、見ればわかる。そう太鼓判を押してもらって、私はもううれしくてうれしくて!

焼き上がったパンは、その日の夕食になりました。母がポタージュを作ってくれて、父も弟もおいしいと喜んで食べてくれました。この日の日付をおぼえていたのは、当時の日記があったからです。日記って、今回のテーマのような記念日ではないけれど特別な日を集めた、とっても貴重な資料なんですね。これを書かせていただく中で、あらためて日記の大切さにも気付かせてもらいました。


[162]>136 9.11 nakki1342

あの日の事は今でもはっきり覚えていますね

テレビをつけっぱなしでいつの間にか寝てしまってたんですが

目が覚めて、テレビに

目をやるとこのニュースを伝える臨時番組で。

もちろん目はくぎ付けでした

あの映像の衝撃はずっと忘れないと思います

(ちなみにその直後・・私の住む島も影響をうけましたね

アメリカ軍の基地が集中しているからです)


[163]>162 映画のワンシーンかと思った kumonoyouni

衝撃的でした・・・。友達に急いで電話したのを思い出します。


[164]>145 元カレの誕生日 koume-1124

これは、忘れたくてもしっかり覚えてしまっているので忘れられないですね。


[165]>163 9.11 r-zone

目を疑うような光景でしたよね。

皆パニックでTVの前で固まってしまったのを今でも思い出します。


[166]>150 初デート r-zone

これは覚えています。

同級生に見つかってとても恥ずかしかったので・・・

次の日はそれはもう学校中の話題になってしまいました。


[167]>146 初めての海外旅行 r-zone

初めての海外旅行は全てのものが新鮮で衝撃を受けました。

学生の頃にフランスへ行きましたが、国が違うとこんなにも景色がまったくの別世界になるんだと思いましたね。


[168]>151 合格発表 r-zone

初めての就職活動で内定を貰ったときが一番感動でしたね。


[169]>164 好きだった人の誕生日 qwer-asdf

よく覚えています。友人のままだったので余計に覚えています。


[170]>132 失恋 r-zone

ショックだったのでかなり引き釣りました。


[171]>133 1月10日 再開の日 fumie15

道でばったり、小学校の時の友人と出会いました。

偶然の出会いって本当にあるものなんですね。


[172]>107 事故日 fumie15

それからは気をつけて歩くようになりました。


[173]4月、初めて選挙権を行使した日 Catnip

詳細な日付は忘れてしまいましたが、4月の下旬でした。二十歳になって最初に迎えた選挙です。自分の一票が社会を変えることもある。私はそう考えました。

友人の中には、何千何万人分の一の票なんかで社会は変わらないというやつもいましたが、私はそうは考えたくありませんでした。一票差で落ちる選挙もある、立候補者は全体の何千何万人分の一の票を喉から手が出るほど欲しいはずだ、だったらその一票の持ち主の意見に耳を貸すに違いない、そう考えました。つまり、ただ黙って投票するだけなら一人で社会なんか変えられない、でも投票に当たって立候補者に意見をぶつけたら何かが変えられる。そう考えたんです。

いわゆるドブ板選挙というのでしょうか。候補者が握手をして回っている所に出くわしました。私は握手ではなく、短くていいですから対話を求めたかったのですが、あの、と一声出した瞬間、「あどうもどうも、お若い人も応援ありがとうね」の声に遮られてしまい、次の瞬間にはその候補者は何人もの向こうに消えてしまっていました。

次に別の候補者の個人演説会というのに行ってみました。でもそれもただ話を聞くだけで、こういうことについてどう思いますか、みたいな対話の機会はありませんでした。

選挙ってこんなに一方通行なんだと、私はちょっと悲しくなりました。向こうはやはり一人なんて相手にしている暇など無いんだ、立候補者が主役、有権者は脇役、やっぱり一人じゃ何も変えられないのか、政治なんてこんなものかと落胆しました。

そして迎えた投票日。選挙公報を頼りに一番自分と考えが近そうな人に投票し、外に出ると、同じ町内に住む中学時代の恩師に出会いました。私のちょっと前に投票を済まされたようで、一緒に来た奥様をお待ちだとのことでした。

君は、もしかしてこれが初めての選挙になるかな。

先生はそう仰いました。はいと答えると感想を聞かれたので、ちょっとこれこれこういうことで落胆しましたと答えると、先生ははっはっはっと笑って、

君、政治というのは普段の活動がメインじゃないか、選挙ではない時こそが政治家の本当の仕事の時なんだ、選挙が終わったらどんどん議員に君の意見を伝える試みをしてごらん、それで社会が変えられることもある。

そう教えてくださいました。先生は社会科の先生でした。私は公民を教わりました。あの頃のままの先生の言葉に中学時代に戻ったような、そして二十歳の国民としての新たな自覚に目覚めたような、不思議な気持ちになりました。詳細な日付は失念してしまいましたが、この時の先生の薫陶は今も私の胸に生きています。


[174]クラスの自主制作映画完成日 watena

学生時代最大の思い出がこれです。高二の文化祭。もう来年は三年で思い切ったことが出来ない。今年しかできないでっかいことをやろうぜと話し合って決めたのが、自主制作ミュージカルの上演でした。しかしクラブ発表などでスケジュールが一杯で、体育館はクラスの出し物には使えないことが判明。教室での上演も考えましたが、色々制約が多く、私たちの自主制作ミュージカル計画は暗礁に乗り上げました。

しかしもう、台本や音楽は八割方出来上がりつつあります。わがクラスは才能に満ちていました。台本がクラスメイトのオリジナルなら、使う音楽も別のクラスメイトのオリジナルです。それぞれすでに大変な労力をかけて作られています。これを無駄にするわけにいきません。

そこで、生演技が駄目なら映画だ、という声が上がりました。よしやろうということになり、台本を担当していた女子が監督に。撮影は、父が持っていた機材が借りられるという理由だけで、私が担当することになりました。

わがクラスは本当に才能に満ちています。台本担当の女子はコミケ常連の同人小説作家でした。そこに同じくコミケ常連の同人漫画家が支援に入って、あっという間に素晴らしい絵コンテが。これで撮影のイメージが完全に固まりました。手芸の達人が衣装を作り、街を遊び歩いている連中が撮影に最適なロケ現場を選定し、役者は個性豊かな連中が勢揃い。

みんなの都合がなかなか合わず、撮影はかなり押し気味でしたが、何とか文化祭に間に合うスケジュールで取り終えました。そこからは私の孤独な編集作業です。カットの編集だけでなく、効果音などもこの段階で入れましたので、映像だけでなく音声の処理も入って、かなりの作業になりました。作業終盤はほぼ三日完徹になりました。もちろんその間、学校なんか行ってません。学生にあるまじき活動ですw

でもクラスのみんながフォローしてくれました。うちの親には仲間が家までやってきて、彼しかいないんです、ちょっとだけ見逃してくださいと土下座までして理解を取り付けてくれました。担任にはクラス委員だった女子が進退をかけて見逃しを嘆願。おかげで心ゆくまで作業に専念することが出来ました。

10月23日早朝。ラジオが、今日は電信電話記念日ですと言っています。完成しました、みんなの映画。監督だった女子に電話をかけると、比較的家が近所だったクラスメイトに連絡が回って、登校前に完成作を取りに来てくれました。そして「○○さんから伝言、今日も学校はうまくやっておくからゆっくり寝て」。ありがとう、○○さん!!ぐー。

文化祭は大成功でした。なによりみんなの思い出が映像作品に残ったことが素晴らしい成果でした。クラス全員が何らかの形で制作に携わりました。全員の名前がスタッフロールに載りました。今でも当時のクラスメイトと会うと、この時の思い出が話に上ります。最近、この時の映像をDVDに焼いて配りました。いつかもう一度母校を借りて、そこでこれを上映する同窓会をやりたいと声が上がっています。私たちの文化祭は、まだまだ終わっていないようです。


[175]>168 合格発表の日 atomatom

25年ほども前、高校受験の合格発表の日のことはよく覚えています。受験戦争ということが言われ始めていたころ。子供の数も多く、志望校に入るのはなかなかに大変な時代でした。

発表の日は強い雨でした。

友人と一緒に発表を確かめに行ったのですが、ぼくは合格で友人は不合格。

帰り道、どう話しかけていいかわからないまま一緒に帰ってきました。

中学校にその足で報告することになっていたのですが、中学校の前に、別の高校を受験していたクラスで1番勉強のできるK君が傘もささずずぶ濡れで立ち尽くしています。

K君ほど頭のいいやつでも受験失敗したのかと思ったら、かれは合格していたんだと。

それでもずぶ濡れにならないとやっていけない何らかの事情というか、心の動きがあったんでしょう。

3月に雨が降るとそのずぶぬれのK君の姿を思い出してしまいます。


[176]>158 広島・長崎 to-ching

両方行きました、日本人は行くべきと思いましたね。


[177]>176 原爆の日は一日では終わらない TinkerBell

言われてみると本当にその通りですね。

生き残った方々も長い間たくさんの苦しみを背負ってここまで来ていると思います。

一年が全て原爆の日。

一年中、一日も忘れず非核平和を願い続ける。

そういう日本人でありたいと思います。


[178]>173 あ!目からうろこ! TinkerBell

私もずっと、私の一票なんかでは社会はどこも変わらないとあきらめていました。

でもそうじゃないんですね。

向こうは一票差で落ちることだってあるんだから、私の一票がほしいはず。

だから私が何かを言えば、きっと耳を貸してくれるはず。

ただ選挙の時は一人一人の意見に対応している時間がないから、政治家との対話は選挙じゃないときに。

つまり私たち有権者も、本当に政治と真剣に向き合うのは、選挙ではない普段の時。

選挙以外の時にどれだけ政治に関心を持っていくかで自分の一票の価値が変わるってことなんですね。

すごく納得できました。私もこれを機会に、真剣に社会と向き合ってみます。


[179]>159 ごく最近原付を取りました TinkerBell

試験を受ける前に実技の講習を受けておくと楽だよと言われて申し込んで、はじめてバイクにまたがりました。

うわ、うわ、勝手に走る!

うそ、右に曲がるときはそんなに真ん中まで出ちゃうんですか?私恐くて曲がれない!

みたいな、もうドタバタで講習終了。

試験は一度で通りましたが、電光掲示板に発表が出ると、どよどよっとざわめきが起こって、半分以上帰ってしまったのに驚きました。

今、緑の免許です。

乗るバイクがないので乗っていませんが、郵便局に荷物を取りに行ったときに本人確認に免許証を使って、えへへーと鼻高々でした。

はじめて人に免許を見せたこの時が私の免許記念日かな。

実は写真の写りがよくて、ちょっとお気に入りなんです、この免許!


[180]>169 元カレの誕生日 twillco

覚えていますね。

もう全然好きでもないのに;


[181]>179 免許 twillco

免許を取って初めてのドライブは母とでした。

近場をクルクルッとしただけでしたが

すっごく緊張したのを覚えています。


[182]>167 初めての海外旅行 twillco

初めての海外旅行は家族でグアムでした。

見た事の無い位の綺麗な海とすかっとした気候にまさに天国!と思いました〜。

本当に楽しい思い出です。


[183]>182 初めての海外旅行 tunamushi

私が初めて海外に行ったのは高校生の頃です。アメリカでホームステイをしました。2つ年下の女の子の家で、仲良くなりしばらく文通もしました。アメリカでは行ってみないと分からないことや日本との文化の違いを感じ、とてもいい経験をしたと思います。また、日本のよさも改めて発見できたような気がしました。あれから海外には行ってないけれど、もしまた行く機会があったら、その女の子と再会したいです。


[184]恩師の誕生日 tunamushi

恩師の誕生日は覚えています。試験勉強をしていて、どうしても点数がのびず、悩んでばかりいた時に、大丈夫だよ、分かる問題から解きましょうと言ってくださりました。それがすごく心の支えになったのでした。試験も合格することができ、あきらめなくて本当によかったです。


[185]4月3日 ティーパーティー tunamushi

大学の入学式前に、新入生が集まるティーパーティーに参加しました。そこで、偶然同じクラスの女の子と隣同士になりました。それから4年間、ずっとその子と授業を受けたり実習に行ったりしました。その子とその場で偶然に会わなければ、また違った大学生活になっていたかもしれません。巡り逢って本当によかったです。


[186]>74 HP開設 tunamushi

私はサークルの仲間でホームページを作ったのですが、2003年10月11日にスタートしました。結成当時はみんなうれしくて毎日編集作業をしたり、みんなが順番に日記を書くという交換日記までしていました。今でも近況を掲示板に書き込んだりしています。


[187]8月1日 花火大会 tunamushi

今年の8月1日、ある研修先で偶然にも花火大会が行われました。ちょうど、1日目の研修が終わって懇親会をしていた時に花火があがって感動しました。およそ180名で見た花火大会でした。研修が終わってみんなそれぞれの職場に戻ったけれど、これを原点に仕事を頑張り、また再会しようと心に思いました。


[188]>180 元カノの誕生日 r-zone

時々思い出します。

あ〜そういえば今日だっけな〜なんて。


[189]>147 去年の4月29日 fumie15

まだ忘れられません。まだ書けません。未だに辛いです


[190]>152 休日にすべし! to-ching

平和、戦争に付いてゆっくり考える!休み!


[191]>177 修学旅行は to-ching

広島か長崎にするべし!戦争もあったことも知らないアンポンタン学生が沢山いて、ビックリします!これでは行かんです!


[192]>189 だから to-ching

絶対に飼いません!


[193]>188 次! to-ching

まだまだあります、頑張ろう!


[194]>187 花火 eiyan

花火は綺麗ですね。

綺麗な花火程記憶に残る。

強壮剤になりますね。


[195]>7 初登山 eiyan

初登山は新鮮でよいですね。

何事も山登りの記憶は深いもの。

登頂での感激はひとつものですね。


[196]>11 青春 eiyan

青春は一生で一度だけ。

その青春中の出来事は一生忘れられないもの。

青春という旅は瞬間ですね。


[197]>17 初恋 eiyan

初恋は知らないうちに過ぎていく。

過去を振り返りあれが初恋だったんだと納得する自分。

初恋は何度も経験したいものですね。


[198]>31 ペット eiyan

どんなペットでも可愛いものですね。

特に子供の頃に出会ったペットは忘れられないもの。

それ程ペットは重要ですね。


[199]>191 米有権者の61%「原爆投下は正しかった」というニュースを見て kumonoyouni

米有権者の61%「原爆投下は正しかった」 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

【ワシントン=黒瀬悦成】米キニピアック大学(コネティカット州)の世論調査研究所は4日、米国による64年前の広島と長崎への原爆投下について、米国の有権者の61%が「正しい行為だった」と回答したとする全国世論調査の結果を発表した。


「間違いだった」は22%で、米国人の圧倒的多数が原爆投下を支持していることがわかった。

年齢別で原爆投下に対する支持が最も高かったのは55歳以上で、73%が「正しかった」と回答。一方、35?54歳の支持率は60%、18?34歳では50%に低下した。同研究所のピーター・ブラウン副部長は、「第2次世界大戦の惨禍を記憶している人は、トルーマン大統領(当時)の原爆投下の決断を圧倒的に支持している」とする一方で、「第2次大戦や冷戦を知らない世代ほど、原爆投下を支持しない傾向が強い」と指摘した。

党派別では、共和党員の74%が支持したのに対し、トルーマン大統領と同じ民主党員の支持は49%(不支持29%)にとどまった。

調査は7月27日?8月3日にかけて、全米の有権者2409人を対象に実施された。

(2009年8月5日10時48分 読売新聞)

というニュースを見た。


この時期が近づくと思い出すことがある。


私の祖父は、原爆の落ちたすぐ近くで仕事をしていた。

原爆が落ちた瞬間、服は一瞬で焼きつき、その後、歩いて帰ろうとしたようだが、周りは地獄絵図だったらしい。

帰る道すがら、のどの渇きを癒すため、ひたすら水を捜し求め、飲めるものは何でも飲んだようだ。

火傷がひどい場合、水を飲んだら命にかかわることもあるが、祖父の場合、幸い命に別状なかった。

原爆の後遺症はあったようだが、我流でリハビリを続け、日常生活を普通に送れるまで回復した。


この話は、私が幼少の頃、祖父が誰かに当時の話をしていたのを傍で聞いていた記憶の一部だ。

学校の授業では、正直ピンとこなかった。

大人になってから、いろいろ自分で調べるうちに初めてその意味するところを知り、先の話をフラッシュバックのように思い出した。その時には既に祖父母は他界しており、親に聞いても、祖父母はその当時の話を思い出したくなかったようで、入手できた情報はほんのわずかだった。


それもあって、この時期になると、自問自答するのである。

仮に祖父母がまだ生きていたとして、自分はその話を面と向かって聞きだせただろうか?と。


そんな私が、前出のニュースを見て思うことは、「第2次大戦や冷戦を知らない世代ほど、原爆投下を支持しない傾向が強い」という点は、まだ救いがあると言えるのかもしれないな・・・と思う一方で、当時を知っている人たちは原爆を落ちた後の状況や話を実際に自分自身で見聞きしても、その決断が正しいと言えるのか?聞いてみたい気もする。


ただ、祖父母が好んで話をしようとしなかったという話を聞くにつけ、案外リアルを知っている人たちほどそうした現実から目を背けたくなるのかもしれないな・・・とも思うのである。


[200]>178 もうすぐ、選挙だから改めて。 nakki1342

私は、たぶん、ほとんどの選挙で投票に行っています

住んでいる場所から少し遠くて面倒くさい時も

正直あったりするのですが

権利だし、危険するのは、勿体無いから

たった一票で何が変わるの・・と思うことも

あるけれど意思を示す機会だし

これからも出来るだけ投票したいと思っています

もうすぐ国政選挙があるけれど

ニュースを見て改めて投票の事考えてみたいですね


[201]>199 さきほど黙祷しました watena

私たちは今、世界から核兵器を無くす、世界から戦争を無くすという新しい時代に直面しています。確かに私たちの世代は原爆の真実を知らないのかもしれません。しかし、私たちはこれから、核兵器が消えた後の世界をこの目で見られる世代なんです。

無くしましょう、核兵器。必ず出来るはずです。そのために私たちの国日本が果たすべき役割は大切です。世界唯一の被爆国として、オバマさんの後を付いていくのではなく、世界の先頭に立って活動していくことが求められると思います。そういう本気の活動が出来る政府を作ること。それが今に生きる私たちの、歴史との関わり方だと思います。未来を作るという歴史との関わり方。きっと出来るはずです。


[202]>199 広島。 nakki1342

私は、長崎へは、修学旅行で行ったことがあるのですが広島へは行ったことはありません

沖縄では、先の大戦で地上戦を経験して

その体験談などを色々な機会で聞く事があるけれど。

それ以外の戦争の話は、あまり知らないですね・・

(少しは、知らなきゃいけないですね)

6月23日だけでなく

機会あるごとに平和を祈念したいものですね


[203]>116 これは忘れられない日ですね watena

歴史上の重要な日というだけでなく、個人的にも、大切な方々につながる様々な思いがつのる日だと思います。

私もこの日ではありませんが、沖縄へは行ったことがあります。その時、たくさんの慰霊碑を回りました。驚きました。本島だけでいったいいくつの慰霊碑があるのかと。その一つ一つに人々のおびただしい犠牲が刻まれているのかと思うと、たまらない気持ちになりました。それから私も沖縄の慰霊の日には、時間は合わないこともありますが、黙祷を捧げています。沖縄とゆかりのない私にとっても、忘れてはならない日になりました。


[204]>192 それは無理ですよ watena

ペットというのは、縁有って家にやってくるもの。生まれてくる子供と同じように、やはりさずかりものだと思います。自分は望まなくても、家族が連れてきてしまうこともありますし、こればかりは一人の意志で拒否できる性質のものではありません。

死は悲しいです。あの時こうしてやっていれば、ああしてやっていればという悔いも残ります。でもそれは愛していればこそ。悲しみの大きさは、そのまま愛の大きさです。

悲しみたくないから愛さない。それも一つの人生かもしれませんが、私は、愛ゆえの悲しみならそれもしっかり受け止めるという生き方を選びたいと思います。その覚悟をしなければ愛せない愛もあります。でも愛さずにはいられないという人生もあるんです。


[205]>190 休日案、賛成です watena

考えてみると日本には、法で定められた戦没者追悼の日というのがないんですね。日本国憲法の最大の特徴である、戦争という過ちへの反省と世界恒久平和実現の決意を表す日もありません。それらを総合して、8月15日を休日に。これはとても意義深いことだと思います。

ただこれを「祝日」とするのはちょっと違うと思いますから、国民の祝日に関する法律とは別の特別立法が必要ですね。そういう意味でも、一年に一日くらい、お祭り騒ぎのお休みとは違った特別な意義を持つ休日があってもいいと思います。


[206]>68 8月20日でした watena

後から知ったことなんですが、この日はなんと「蚊の日」だったんです。蚊からマラリアの原虫が発見されたことを記念してこう呼ばれる日になったとのことです。

その日は二人ともファースト体験で、すごい時間をかけて、やっと唇が一瞬触れるところまでたどりつきました。それが屋外だったものですから…。後で気が付くと、二人とも刺されまくり。蚊の日にふさわしい体験でした。


[207]>160 私の知り合いにもいました watena

大学時代の知り合いなんですが、二十歳になっても巡ってきた誕生日は5回だけ。わたち5ちゃい、なんてやっていました。飲み会でそれをやるものですから、いつも大爆笑でした。

誕生日のお祝いは、彼女の場合は3月1日にやっていましたね。法律的な手続き上の誕生日は2月28日にみなされることが多いらしいですが、彼女の場合は子供の頃から3月1日に祝ってもらっていたそうです。家に春がやってくるお祝いの日でもあったようです。


[208]>13 こういう日は思い出に残りますね watena

詳しい日付は覚えていなくても、あの日の空模様はこんなだった、あの日二人でこんなことを話した、こんなことをやった、何でも昨日のことのように鮮明に思い出せますね。

親友というのは、予め運命づけられている家族とも、将来を約束し合う恋人とも違う、不思議な間柄だと思います。でも、家族や恋人に匹敵するくらい大切な相手ですね。

私にも親友がいます。始まりはただの知り合いとしての他愛のない会話からでした。ところがちょっとしたことで話が合って、お互い夢を語り合っていくと、すごく盛り上がるではないですか。それぞれ描いている未来像は違いましたが、お互い共感できる所山盛りでした。そのあと一緒にラーメンを食べに行きましたが、どちらからともなく親友の固めの杯を交わそうぜということになり、杯の代わりにラーメンの丼を交換して食べ合いました。あのラーメン、うまかったなぁ。今でも彼とは変わらない親友です。


[209]>161 これはすごい!! watena

こういう特別な日の思い出を伺いたいと思っていました!記憶の一コマ一コマが鮮明で、今もどんなに大切な記憶としてとどめられているかが分かります。

その記憶の手がかりとして、日記が大切な役割を果たしていたんですね。日記のページには、きっとこの日の感激が事細かに記されていると思います。それは人生の珠玉の記録ですね。

この書き込みを読ませて頂いて、私も改めて日記の大切さに気付かせてもらいました。ブログなどのネット上の日記はあくまで他人に見せるための外面の断片ですが、そうでない、自分のための記録としての日記帳。そういう日記を大切にしていきたいと思います。


[210]>165 私も9.11の後が watena

何人かの人が触れていますが、私も報復戦争開始の報に、強いショックを受けました。9.11も大きなショックでしたが、私はあれは犯罪として国際的な捜査が展開され、組織の実態が暴かれ、首謀者は厳しく訴追されるものと思っていました。それこそが世界がショックから立ち直る道だと思っていました。犯罪には正義を持って立ち向かう。それが人の道というものです。

ところがアメリカが選んだ道は戦争でした。全てがうやむや。あれだけの大規模犯罪の真実を何も明らかにしないまま、相手の犯罪と同じ土俵の上に立って、無関係な民間人を殺戮する。そんな理性のないことをあの先進国がするのかと、そしてそれをこともあろうに応援してしまう日本ていったい何だと、強い憤りをおぼえました。

私は今も「テロとの戦い」というスローガンを信用しません。憎むべき犯罪をうやむやに葬り去った誤ったやり方としか見ていません。こういう私は間違っているでしょうか。


[211]>198 ペットを飼った日 koume-1124

最近飼いましたのでよく覚えています♪

可愛くってメロメロです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ