人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

やはり、アポロは月へ行っていなかったのでしょうか。
物理学者の大槻教授が、昨年12月のテレビ番組で、アポロが持ち帰った月の石について疑問を述べていました。公式ブログに詳しく書いてあります。
http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/15-dc4c.html

私は物理学の素人なのでよくわからないのですが、大槻教授が疑似科学にだまされているとは思えません。何か嘘があったのだと思います。
どんな嘘だったのか、素人の私にも分かるように教えて下さい。よろしくお願いします。
この質問はhttp://q.hatena.ne.jp/1249361694のつづきです。


●質問者: trn-rumiko
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:12月 アポロ テレビ番組 大槻教授 物理学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● asahiru
●10ポイント

月の石の成分分析が地球の砂漠の砂の成分と似ているのが事実だとしても

月に行ってないとは断定できないこと。

月は、地球から分裂してできたという理論もあるので、成分が似ていても

問題ない。

大槻教授は、まともじゃないです。そもそも専門外ですから、素人とかわりません。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大槻教授がまともじゃないとすると、いったい誰の話を信用すればいいのでしょうか。

教えて下さい。よろしくお願いします。


2 ● ShinRai
●30ポイント ベストアンサー

Space Newsという業界紙があり、そこにアポロ11号が月に着いたとされる頃、アメリカの宇宙産業で働いていた人から投書が最近ありました。

いったい誰があの技術を作ったのか、それを誰も気にしていないのではないかという内容でした。

たしかに、ロケットや着陸船がどのような技術で、誰がどこで作ったのかということは、一度も議論されていませんね。

やはり怪しいということかもしれません

http://www.space.com/spacenews/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

アメリカの現場でも疑問を持っている人がいるのですね。


ShinRaiさんのコメント
アメリカの現場にいた方ですが、現在外国に住んでいるから、こういうことを言えたのでしょう。アメリカ国内では言えないことでは?

3 ● 耳の人
●15ポイント

公式Blogをちゃんと読めばわかりますが、大槻教授は月の石だと断定するには「調査が足りない」と言っているだけですね。もし彼の要求する調査を行い、満足いく結果が出れば本物だと認めるでしょう。

あと、彼の発言は間違いも多いです。あまり信じすぎない方がいいですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E7%BE%A9%E5%BD%A...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

私も月着陸捏造説を信じているわけではありません。

ただ、大槻教授が書いているように、何か納得できないのです。

でも、大槻教授の発言に間違いが多いなら、だれの話を信じればいいのでしょうか。


4 ● Cru
●5ポイント

大槻センセが何考えてるかはともかくとして…

かぐやが測量した地形の3Dレンダリング映像がアポロ計画で撮影した映像とほぼ一致してます。

http://www.isas.ac.jp/j/topics/topics/2008/0520.shtml

上記URLの下から3枚目の画像。

アポロの頃は月の地形の測量は不可能でしたから、捏造も不可能でしたよね♪

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

でも、ここでは大槻教授のブログについて話題にしています。

とくに月の石のことです。


5 ● Gleam
●15ポイント

http://item.rakuten.co.jp/book/3693337/

これは前回の質問で紹介させていただいた本と同じです。


この本の中で2003年の大晦日、『ビートたけしの 世界はこうしてダマされた!?』で大槻義彦教授がした発言について書かれていますので、引用します。


「アポロが月へ行ったという(略)特に学術的な証拠と言われるのは月から持ち帰った石なんですよ。全世界の一流の物性物理学者に託されて、これだけの年数をかけて研究したのにもかかわらず、画期的な研究成果ってのはあがっていない。地球の環境と月の環境が違って、大量の宇宙線にさらされますから月では、まあミクロには穴ぼこだらけ、スカスカ穴が空いている、そういう状態になっているはずなのにね、多少そういうことはあるにしても、画期的な違いはないと。ですから、そういうことを考えると、そのへんの、アメリカ南部の砂漠の石なんじゃないかと、そういう気がしてしょうがない」


大槻教授は他局での番組も含め、同じような内容の発言を何度もしています。

まず、月の石が学術的に分析されていないというのは間違いです。


http://item.rakuten.co.jp/book/148941/

『月の科学』という古い書籍に月の岩石の成分や組成の解明の成果が出ています。


百歩譲って月の石が偽物だったとして、それがどうしてアポロが月へ行っていない証拠になるのでしょうか。

行った証拠といえるものは前回の質問への回答にいくらでもありませんか?

私は大槻教授の言っていることは支離滅裂なたわごと程度にしか思いません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

もしアポロが月へ行ったのなら、なぜ持ち帰った石のことで嘘をつかなければならないのでしょうか。そこが納得いきません。

もし大槻教授の行っていることがたわごとなら、そんな人が、どうして長年有名大学の教授をして、立派な教科書を書いて、テレビに出ることができるのでしょうか。こちらの方が信じられません。

大槻教授の話が嘘だということを証明している科学者はいるのでしょうか。

もう、誰を信用していいのか分からなくなってきました。

助けて下さい。よろしくお願いします。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ