人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【無事故で懲戒免職】飲酒運転の罪の重さ【重すぎ?軽すぎ?】


飲酒運転→懲戒免職は重すぎ…福岡高裁判決
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000557-yom-soci


なんか世間は懲戒免職で当たり前という声が多い様子。

俺も『飲酒運転で事故を起こした奴』は懲戒免職でいいと思うよ?
それで人を轢いた奴は死刑でもいいと思うよ?



でも飲酒運転して『普通に問題無く帰宅した奴』にそこまでする必要があるか?



いや、100歩譲って飲酒運転が懲戒免職に相当する出来事だとしたら、スピード違反も懲戒免職にしろよ。
スピード違反事故での死者数は飲酒運転事故の10倍以上だぞ?

スピード違反や赤信号無視、一時停止無視で人を轢き殺しても懲戒免職にならないのに、飲酒運転で事故を起こさなかった奴が懲戒免職ってどう考えてもおかしいだろ。


飲酒運転というワードに感情的になって中身を見失ってるようにしか見えない。

●質問者: wet0909
●カテゴリ:生活
✍キーワード:スピード違反 事故 信号無視 判決 帰宅
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 32/32件

▽最新の回答へ

[1]>スピード違反も懲戒免職にしろよ standard_one

あぁ、悪くないかも。

速度によって懲罰の重さは変えるとして、考え方としては「何にでも甘く」よりはこっちの方がいいと思うよ?


[2]違法無線は seble

死刑にしろよ


[3]>1 弱さ Newswirl

スピード違反は、運転中のふとした心構えの弱さや集中力の緩みで行われますが、飲酒行為とその後続にあたる運転行為は、確信犯でなければ行えないと思います。それらは自動車運転にたいする心の緩みであって、運転中のそれとは別物なのではないでしょうか。


[4]>3 その理論で言うなら wet0909

飲酒運転だって量次第では取り締まりの対象外になるんだから、「自分がそんなに酔ってるとは思わなかった」と言い訳が出来てしまう。

「アルコールが抜けてると思った」のなら確信犯ではないだろ?


逆に、スピード違反も集中力の緩みで起こる1kmオーバーや10kmオーバーでは取り締まられることは無い。

そして50km以上のオーバーで「集中力の緩み」という言い訳は無理あるよな。


飲酒運転もそうならないために呼気アルコール0.15ml以上というかなり甘めの基準で取り締まりをしてる。

0.15ml以上ってのは自覚出来るぐらいの状態だからほぼ確信犯だと言える。

スピード違反も20km未満のオーバーは取り締まりをしていない。

30km以上のオーバーはメーター見なくても普通はわかるから確信犯。


以上のことから「別物」とは言えないだろう。


[5]>1 うむ wet0909

思うのは勝手だが、現実も見ような。


平成18年のスピード違反の検挙件数は266万件。

会社に所属してない奴もたくさんいるだろうが、毎年とんでもない数の失業者を出すことになる。


それともう一つ、道交法違反は基本的に個人だけで処理されるものだから無事故のスピード違反や飲酒運転は報告しない限り会社が知ることは無い。

「馬鹿正直に報告した奴だけが処分される」っていう不条理な規則も問題だろう。


[6]公務員とサラリーマンって haibara557

やっぱり差がある。重い。これがサラリーマンだったらわざわざニュースにしないのでは?


[7]>6 普段は公務員のほうが甘すぎるぐらいだが、 wet0909

飲酒運転には異常に厳しい。

例の福岡の事故の影響なんだろうが、対応が極端すぎるところがさすがお役所って感じ。

業務上で重大なミスをしても減給にすらならなかったりするのにな。

教師なんか生徒に暴力ふるっても3ヶ月10%減給とかいうしょぼさ。


無事故の飲酒運転で免職なんて民間企業のサラリーマンでもあり得ない(運転する業務じゃなければ)。

そのかわり業務上の重大なミスで減給・降格、場合によってはクビも覚悟するのが常識。


民間と同じぐらいの基準にすりゃいいだけだと思うんだがねえ。


[8]>4 微量でも Newswirl

自動車教習所で、飲酒した際や体調が優れない際には自動車運転は避けるように指導されたのではないでしょうか?それがたとえ微量でも飲酒は飲酒です。また、ノンアルコールはそれを売りにしていますが、細心の注意を払って然るべきと個人的には思います。

たとえば、暴走族やドリフト族のように、スピード違反が当然であるかのような接し方を普段からしていれば別ですが、そうでもなければ、先に述べたように一時の感情や注意力の不足によるものだと思われます。これを自動車運転への接し方が云々であるから社会的なモラルを逸脱し、懲戒云々というのはあり得ないと思うのですよ。

50kmオーバーの件ですが、道路状況や彼の環境とを総合的に考えることになると思いますが、おそらく前者の暴走族まがいに部類され、運転への接し方そのものが間違っているという因果関係が結び付けられることとなるるでしょう。その場合に限り、飲酒運転に値すると思います。


[9]東名高速2女児焼死交通死亡事件、未必の故意 motsura

飲酒運転厳罰化の発端となった東名高速2女児焼死交通死亡事件の被害者遺族が言ってたのは

「飲酒運転というのは、飲酒と運転という、2つの選択肢を選んでできることだ。

飲酒したら運転しない、運転するなら飲酒しない。どちらかは選べるはずなのに、その2つを同時に選ぶことは重大である」

という旨の発言をしていました。

つまり飲酒運転というのは、「罪を犯してやろう」と思って犯している罪、「未必の故意」だと言うことです。


http://www.court-law-office.gr.jp/mini-jiten/jiten-html/ma-line/...

スレ主さんの言うスピード違反や赤信号無視、一時停止無視は「運転していて起してしまうミス」であって、運転する時に意図的に何か?の要因を選択して起すミスじゃないですよね。

厳罰化は当然だと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%90%8D%E9%AB%98%E9%80%9...


[10]>5 犯罪には何にだって暗数というものがあります。 haibara557

>「馬鹿正直に報告した奴だけが処分される」っていう不条理な規則も問題だろう。

犯罪には何にだって暗数というものがあります。

行方不明者にしても、報告されている数の数倍の数がいると言われている。

不条理であろうとも、それが現実です。


[11]>8 二日酔い bg5551

夜飲んで、そのまま眠りにつく。

朝起きて頭痛いと思いながら運転する人はたくさんいるはず。

その中には、アルコールが抜けていない人もいる。

これは故意ですか?

また、アルコールが抜けているかどうか自分で簡単に調べるにはどうしたらいいのでしょうか。

感情論ではなく、ある程度の線引きが必要なのでは。


[12]>11 アルコールチェッカーも sidewalk01

売ってますよ


[13]>12 いっそアルコールが抜けるまでエンジンをかけられなくする standard_one

http://www.afpbb.com/article/economy/2606422/4194353

こんな装置もあるそうで。


[14]>13 自分が、他人の命を奪ってしまう可能性があるということを認識していないから sidewalk01

事故らなきゃいいんでしょ?的な発想になるのではないでしょうか?


[15]重過ぎるとは言えないでしょう。 darkwood

記事では、以下のように記載さていますが、

> 30分ほど仮眠をとった後の14日午前0時20分ごろ、車を運転

飲酒後30分ではアルコールは抜けないどころか、状況によっては酔いのピークごろでしょう。単にたまたま事故にならなかっただけ。逆に言うと事故にさえならなければいいの?とも言える。


[16]>15 ピーク時がアルコール値いくつかなんて判断出来ないだろ wet0909

「単にたまたま事故にならなかっただけ」が悪だと言うならちょっとしたよそ見運転も懲戒免職か?

たまたま車や歩行者が出てこなかったから事故にならなかっただけだもんな。



事故にさえならなければいいとは言わないが、スピード違反や赤信号無視で「事故になった運転」より罪が重いのはおかしいだろ。


[17]>10 それは比較対象がおかしい wet0909

犯罪は「警察が取り締まれたかどうか」だ。

いくら逃げようとしても捕まるときは捕まる。

だから暗数は平等。不条理では無い。


しかし懲戒処分は「それを会社に報告するかどうか」。

そいつの行動だけの問題。そいつが隠したら絶対に処分されない。

正直者だけが損をする。これが不条理。


わかるか?


[18]>8 スピードだって微量でもダメだろ wet0909

まあ10kmオーバーとか20kmオーバーならその意見もわかる。

飲酒と違ってほんの不注意で過ぎることもあるからな。


だが30km以上のオーバーでその言い訳はかなり苦しいだろう。


教習所では10kmオーバーでも「速すぎる」と指導されるぐらいだし、30kmオーバーして「気づかなかった」って言い訳をするのは飲酒で「アルコール抜けてると思った」って言い訳してるようなもんだ。


まあその辺は50kmオーバーなら値するって言ってるから要するに程度の問題ってことでいいとしよう。


だが、それなら携帯電話使用はどうだ?

携帯電話使用は間違いなく確信犯だよな。

これは完全に自動車運転の接し方が間違ってると言える。危険も伴う。


しかしそれを懲戒免職にしろって声は聞いたこと無いし、誰に聞いてもやりすぎだと言うだろう。


[19]>13 アルコールチェッカーの設置を義務づければいいのにな wet0909

さすがにアルコール探知してエンジンかけられなくする装置はコスト的に厳しいと思うが、チェッカーはそんなに高いものじゃないし全車両に義務づけてもいいと思うけどな。


しかしそれを義務づけてない以上、「アルコールが抜けてると思った」という言い訳は一定の範囲までは認めざるを得ない。


[20]>9 他の書き込みでも言ってる奴いたが wet0909

じゃあ携帯電話使用も「未必の故意」だよな。

駐車違反なんかは間接的に事故の加害者になるだけだから除外するとしても、携帯電話使用は事故を起こす奴が多いから禁止されたものだ。


乗ったら電話しない。電話するなら乗らない(または車を止める)。どちらかを選べるはずだぞ?


しかし世間では運転中の携帯電話使用が重大な罪だという声は聞いたことがないんだが?


[21]>14 論外 wet0909

そんなもんスピード違反も一時停止無視も一緒だろアホ。


というか違反とか以前に、車に乗った時点で他人の命を奪う可能性があるのは当たり前。

道交法守って安全運転しても人を轢く例はあるしな。


認識したうえで10kmオーバーまでは大丈夫とか、一時停止を徐行するのは安全とか、このぐらいの飲酒までは平気とかそれぞれが判断してんだよ。

そしてどこかでその判断が間違ってて事故が起こる。それだけのことだ。


[22]>21 だから飲酒してもOKだ!と jozetora

貴重な意見ですね。すごいですね。


[23]>16 Re: ピーク時がアルコール値いくつかなんて判断出来ないだろ darkwood

> ピーク時がアルコール値いくつかなんて判断出来ないだろ

わからないから、十分に時間を取ってアルコールを代謝する必要が有るわけです。


故意か過失かとういう点なら、以下は過失でしょうが、

以下は意識して行っているのですから、故意で同じグループですよ。

なので、[ よそ見運転 ]との比較は成り立ちません。

又、今回は、罪、つまり刑罰ではなく、

> 県教委は「飲酒運転をした教職員は原則免職」との指針に沿い

と記載されているように[ 県教委の指針 ]です。そして、この指針は本人は承知していた可能性が高いのではないのですか?


[24]それ以前に t95517

ひとの命を無視して自分の交通手段を確保するわけだから違反した時点でぜんぶ殺人未遂でよくないですか。

まあ事故ったら殺人で


[25]>20 聞いたことないだけですよ motsura

聞いたことないんですか? ちゃんと免許の更新とかしてます? ニュースとか見てます?

とりあえず警視庁のPDFどうぞ。

http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku47/dokoho.pdf

http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku90/shinkyuu.pdf


[26]>22 どのあたりが問題なのでしょうか? inio

違反点数や罰金には同意するけれど、懲戒免職というような法律とは関連のない処分が不当ということですか?


[27]>25 聞きませんね Reiaru

wet0909 様がここで述べている「聞かない」というのは、それが罪がどうかではありませんよね。

運転中の携帯電話利用でも免許取り消しくらいにすべき、その様な声を聞かないという事でしょう。


私は減点 -15 で即刻免許停止にすべきだと思いますけれども。

そんな馬鹿げた事を言っている人は私以外に見た事がありません(笑)


[28]理論的説明 sube-sube

重いと思います。理由がないと水掛け論にならないので、法学的に理由を説明します。


刑罰であれば、犯罪ごとに刑の重さが異なります。

殺人なら上限が死刑ですが、窃盗なら10年の懲役が上限です。

ところが、同じ殺人でも、上は死刑で下は5年の懲役まで選べるのです。

殺人という同じ行為でも、態様によって刑の軽重が変化することは、制度上当然のものとして予定されています。

これを一般に「比例原則」と呼びます。

この原則は刑法に限らず、法の一般的原則として通用しています。

なぜこんな原則があるのかというと、刑罰は道徳的批判の軽重に応じたものでなければならないという倫理的要請ですとか、

重い犯罪には重い刑罰で抑止する必要があるといった政策的理由からです。


公務員の懲戒免職処分は、犯罪等公務員としてふさわしくない行為を行った場合に行われる処分です。

対象となる行為は、仕事をサボったとか、書類をなくしたとか、事故ったとか、人を殺したとか、いろいろあります。

懲戒免職とは、懲戒処分の中でも最も重いものですから、それに応じた重大な行為に基づくものでなければなりません。

行為の軽重は、引き起こした結果の重大性、故意か過失といった点、等々無数の要素に基づいて判断します。


例えば、書類を無くしたぐらいで懲戒免職となれば、当然違法です。

事務処理に及ぼした影響や公務所の信用低下が軽微だからです。

また、故意でない以上は、ルールをことさら軽んじる性格とは言えません。

すると、より軽微な戒告程度の処分で以後のミスは抑止でき、それ以上の処分は過剰ということになります。


問題の飲酒運転ですが、これは免職に相当する行為だとは思いません。

量として微量であること、道交法に関する処分も下されていないこと、

結果的に何ら他人に損害を及ぼしていないこと、酔いを醒ますために相応の努力をしていたこと、等が評価の根拠となる事実です。

およそ酩酊による事故を引き起こす危険もなく、飲酒運転を避けようとしていて規範意識が低いとは言えないわけでうす。

このような場合に戒告程度の処分で済ませた場合に、重大な飲酒事故が再発したり、職務上の非違行為を誘発するものでしょうか。私はそうは思いません。

まして、公職を追放する必要があるとは到底思えません。


そもそも、道路の安全に関しては道交法が担当していますが、今回は道交法で何らの処分もなされていません。

それにも関わらず懲戒免職処分をするということは、公務員が職場で書類を無くしたことを理由に、警察に運転免許を取り消されるようなものです。


[29]>26 違反は何であれ・・・ saru7

スピード違反でも一時不停止でも、他人の命を奪う可能性は十分にありますね。厳罰での対応も十分にありかと思います。


[30]この事例の場合は worldabu

違反を起こしたのが「学校の教師」と言う時点でアウトと思いますよ。

親から依託され人を教育する立場にある人は、当然のことながら倫理観が高くなくてはいけないと思います。


[31]>30 たしかにそれはある wet0909

犯罪行為が教育活動の妨げになるのは明白。

なのに教師や警察も市職員と同じ「公務員」としてひとくくりに処罰してる傾向があり、それは大きな問題点の一つだな。

警察なんかはもっと厳しくて当然だから「警察は甘い」と言われてるし。


まあ市職員も免職になるからこの事例だけで済む話ではないが、この事例に関しては一番納得できる回答だ。


[32]>29 可能性で死刑が妥当? wet0909

>だから飲酒してもOKだ!と jozetora3pt

は?okなんて言ってねーだろボケ。

道交法違反で処罰してんだろアホ。

日本語勉強しろカス。


>どのあたりが問題なのでしょうか? inio

違う。

無事故の違反切符は企業でも市でも知りようがない事実。

自ら報告した奴が懲戒免職で、報告しない奴はお咎め無し。

これが問題無いと思うか?

本人が報告しないとわからないような出来事で最大の罰を与えるのはおかしいってこと。


>違反は何であれ・・・ saru7

じゃあ車乗ってる奴も全員厳罰だな。

交通ルール守っても人の命を奪う可能性は十分にあるもんな。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ