人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://q.hatena.ne.jp/1249392367
http://q.hatena.ne.jp/1249361694

私は「アポロは月へ行った派」です。
上記質問に気合を入れて回答したのですが、質問者様の心を動かすことはできませんでした。
自分の無力さを嘆いております。

このことをテーマに、大したポイントが入らないいわし質問ですから、気軽に語らっていただけますでしょうか?

●質問者: Gleam
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:いわし アポロ テーマ ポイント 気合
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 27/27件

▽最新の回答へ

[1]月着陸が詐欺である可能性は限りなくゼロに近い。 miharaseihyou

人的要素から考えると、国家的な詐欺を完全に成立させるには完全な情報統制を常時維持するしかない。

そして、それは、係わった人数からしても限りなく不可能に近い。

情報漏洩を防ぐ為の特殊機関が必要だし、関係者全員の自発的な協力も不可欠となる。

うっかり日記に真実を書いて・・・などという事態までも防ぐには「超法規的な規制」を加えるしかない。

そして、そんな事をしても採算が合わない。

アポロ計画全ての予算を合算したよりも巨額の費用が必要になる。


[2]>1 早速の書き込みありがとうございます。 Gleam

>アポロ計画全ての予算を合算したよりも巨額の費用が必要になる。

こういう重要な要素に、否定論者は見向きもせずというところがありますね。


[3]次回の月の有人探査でもよいのでは? asahiru

次回の月の有人探査で、この件ははっきりすると思うので保留でよいかも

月に言ってようが言ってなかろうが、現実生活に影響はないわけですから。

1960年度の技術レベルでは、すれすれのラインでいけたんだと思いますね。


[4]>3 気の長い私でも Gleam

私は気が長い方だと自分では思っていますが、次回の月の有人探査は待ちきれません。

まあ、気持ちの持ち方次第だという気はしますけどね。


[5]命題Aの立証にBが疑問があったとしても、Cで立証される kumeuchi

「月に行った証拠(A)」として、「月の石(B)」に疑問があったとしても「アポロ15号が設置した鏡(C)」があるじゃないですか。

Cがある限りAは立証されます。

わざわざB(月の石の真偽)に疑問を持った人に「いや、そうじゃないんだ。Bも真なんだ。」と説いても時間の無駄の気がします。


[6]>5Gleam

懐疑論の人は無人で鏡を設置したとかいうんですよ。


[7]>6 精度 kumeuchi

地球にちゃんと反射する角度に無人で設置する精度とリモートコントロール技術があったんですか、あの時代に。(笑)


[8]>7 鏡に関しては精度は必要ないですね y-kawaz

僕は懐疑論者ではありませんが、鏡の角度に関する反論には突っ込みどころがあるので説明しときます。

以下のような構造の鏡であれば光は入ってきた方向に帰っていくので、反射鏡の角度に関しては考慮する必要はなく、論点にはなりません。

この構造は自転車の後ろに付いてる赤い反射板とかで馴染みがある物だと思います。

?? ↓↑ ??

|\/\/\/|

--------------

(こういう構造の鏡のことを差す名前があるはずだが思い出せなくてモヤモヤする…)


[9]大衆は愚かだ seble

そして優秀な指導者は希有である。

歴史が証明している。

人類は愚かである。

5千年以内に滅びるであろう。


[10]>8 そもそも宇宙を行き来する技術が凄い精度だと思います IlO10l0Il

特に宇宙から地球に帰還するのは針の穴を通すような作業だと言われていますし、無人で鏡を設置するぐらいはそこまで難しいことでは無いでしょう。


[11]>2 それに当時は視認出来たはずです IlO10l0Il

月に着陸したところまでは見えなくても、宇宙空間に到達し、月に接近したところまでは高性能望遠鏡で見えたはずですよね。

だからこそ世界各国で疑う余地の無いことだと判断されたのでしょう。


[12]>4 逆の論理で考えると australiagc

もし1960年の月面着陸に疑いの余地があるのであれば、


1.Gleamさんが生きているうちに再度月面着陸が行われ、星条旗など1960年の月面着陸成功が証明できる証拠が見つかる

> 1960年の月面着陸は真実であったと証明される


2.Gleamさんが生きているうちに再度月面着陸が行われ、1960年の月面着陸成功を否定する証拠が見るかる

> 1960年の月面着陸は詐欺であったと証明される


3.Gleamさんが生きているうちに月面着陸は行われない

> 1960年の月面着陸が真実であったと証明されない


とまあ、こういう事じゃないでしょうか。ようは、証明されるまでは誰が何を言おうとも決定力はないので、「不明」ということで。


[13]質問者自身ポイントが整理できていなかったのでは? standard_one

大槻教授の話をしたいように見えつつ、実はかぐやの写真にインパクトを受けたがゆえに質問を立てているようにも見えます。

だからGleamさんが何を言っても相手に響かなかったのでは?


[14]>8 前言撤回 kumeuchi

なるほど、確かにこの形状の鏡なら、無人探査機から月の表面へどすんと落としても大丈夫ですね。

失礼しました。


[15]>13 慰めてくれてありがとうございます。 Gleam

優しい気持ちを感じました。


[16]>12 私が生きているうちにか・・・。 Gleam

私(男性)は、現在30代後半です。

自分が生きているうちに再び人類が月へ到達できるかというと、最近の不況のニュースばかり聞いているとないようにも思えるし、楽観的な展望をすればあるようにも思えます。

微妙なんです。


[17]>2 ほぼ三日で破綻するタイプの嘘だと感じる。 miharaseihyou

NASAの誇り高き未来を信じるスタッフに、その手の情報統制を仕掛けたら、スタッフ全員の総意を持って反撃されるだろう。

国威高揚のための嘘としてはあまりにも割りが悪すぎる。

先ず三日でリークされて、結果として大統領がリコールされるまで、良く保って半年だろう。

若田さん辺りに聞いたら鼻先で笑われるタイプのジョークじゃないかな?


[18]月着陸自体は技術的には最難関ではない。 miharaseihyou

むしろ、地球への大気圏突入に失敗した・・・というのなら信じる余地がある。

スペースシャトルの耐熱タイルの剥落が何故最重要課題として問題視されるのか?

それは今も昔も、打ち上げと大気圏突入が最難関だから。

当時の記録では大気圏上層部での綱渡りのような危険な操縦を残り少ない推進剤でコナしている。

それも、あの無骨な着陸カプセルで。


[19]>16 まあ景気は15年くらいの周期で廻ってきますので australiagc

ただ、冷戦時代みたいに直接利益に繋がらないような実験を、どこの国が何のためにやるかですよね。

アメリカなんて、石油欲しさに戦争ふっかけてるような有様ですし。仰るとおり微妙ですよね。

ちなみに自分は行ってない派寄りの中立なので、白黒つけてもらえるとうれしいです。


[20]説得は無理です。 matsunaga

質問者さんは、真実はどうなのかを客観的に知りたかったのではなく、自分の好む理論を裏付けるような回答を求めたのであり、そうでない回答は真実を隠そうとする陰謀の一部あるいはそれに騙された人たちの妄言としかとらえていないと思われます。


たとえば私は「フォトンベルトなど存在しない」ということを論理的かつ現実的にまとめたページを作成しましたが、そこについたコメントを見ると、「そうやって事実を隠そうとしている」「たとえフォトンベルトがなかったとしても、現在世界には危機が存在しており、そこから目を背けるべきではない」「たとえフォトンベルトがなかったとしても、2012年12月には何かが起こるだろう」「フォトンベルト否定派も何か必死になっているように思えます」みたいな反応が多々あり、こういう人たちに対しては「論理的な説明や、証拠に基づく反証も何の効果もない」ということがわかります。

http://www.kotono8.com/2004/09/24photon-belt.html

このページのコメント欄より。

フォトンベルトは存在しない。

だから2012年には何も起こらない。

とは言えないですよね。

なんだか疑り深い自分としては、

「簡単に否定できる情報をわざと用いて、簡単に否定できないはずの答えを、ごまかしている」

ような印象を受けます。

今回の質問者さんも、これと同様の思考回路のような気がします。


何か、ハッとさめるようなことがないと、こういう考え方を捨てることはできないように思えます。


[21]>6 懐疑論の人に pomki_chi

”無人で設置した”、”月に到着してなかった”って

証拠を見せてもらいたいところですね。

カグヤの写りの悪い月面画像もちだされるんですかね・・

”月面車が写って無いじゃん”って・・・

噴射跡うつってるのに・・・

無人で設置したとか、月に到着して無い証拠にはならないと

おもうのに・・・

カグヤの写真にうつってないとか

目に見えないって、結構よわいですね・・・

写真以外の証拠は皆さんで列挙されてた気がしますのに・・

大本の質問をされた方も

雑誌のムーとニュートンを同時に読まれたような

混乱をされていたのかもしれないですね。

両方とも文章の著者は博士の肩書きですし


[22]もっともらしい嘘話が多すぎるせいでしょう j1nn

月には6回も着陸しているのに、生活にあまりに関係がないため嘘だと思いこむ人がいます。地球が実は平らと同じレベルの話ですが、月面着陸映像はキューブリックが撮ったとか、放射線で死ぬとかもっともらしい話が多いので、信じる人がいてもおかしくは無いと思います。


[23]>8 反射板の名称 Cru

思い出せなくてモヤモヤ

これですね♪

http://ja.wikipedia.org/wiki/コーナーキューブ

アポロ映像も


[24]>23 スッキリしました y-kawaz

感謝ですw


[25]>20 自分自身で気づかないとダメなんですよね。 darkwood

単に回りにそういう人がいて迎合しているだけならいいんですけど、本人が本気で思い込んでいると、どう説得しても聞いちゃくれないんですよね。問題は、どうやって気づかせるかなのですが、これがね〜。いい方法が有ったら教えて欲しいです(真剣)。基本的には心理学の問題なんでしょうが。

所で、[ フォトンベルト ]は知りませんでした。へー、ティーカップ理論ですね。しかも、予言付き。


[26]>11 あれだけ大々的に報道しましたからね。 darkwood

全世界に向けて大々的に報道し、流された映像も半端じゃないので、miharaseihyouのおっしゃる通りなんですよね。むしろ、ああいう風に思う思考の流れに興味が有ります、というか、知りたいです。


[27]>26 他罰主義というやつでしょうか? miharaseihyou

「鬱憤晴らし」或いは「自己主張」を行うのに、「他者への攻撃」を第一候補にする人が多くなってきているようです。

揚げ足取りとでも表現するべき主張がスケープゴートを求めてネット上を徘徊している。

欲求不満が嵩じて自己管理を放棄した「攻撃する者」が増えています。

権利を主張するのは「常に正しい」と思い込んでいる、思考能力に問題のある人達です。

単一のパターンに当てはめて考える習性を「自己の強さ・正しさ」だと勘違いしている。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ