人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

生物起源の炭酸ガスを利用している、食品を教えてください。1回答1種で結構です。既出のものはだめです。
石灰石や化学薬品の反応、燃料などの燃焼による物もだめです。
「同様」「そう思う」などは特にだめです。従って、他の人の回答の後ろにつなげる事はできないと思います。(ツリー構造にならないかもしれませんが、回答が即表示の機能を利用のためです)


●質問者: Moonbal_Sunbal
●カテゴリ:生活
✍キーワード:ツリー構造 化学 既出 炭酸ガス 生物
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

[1]ビール khazad-Lefty

あの泡は発酵の炭酸ガスです


[2]ビール ootatmt

説明不要ですよね?


[3]パン ootatmt

酵母が発生する二酸化炭素で膨らんでいます。

# ビールの回答がかぶってしまいました。


[4]シャンパン&スパークリングワイン idetky

泡物系さいこー!!!!


[5]>3 発酵食品全般 australiagc

ビールの様に炭酸ガスが残るものでなくて良いのであれば、パン以外にもお酒全般、チーズ、味噌、醤油、味醂なんかもこの部類ですよね。


[6]>5 この回答はだめ Moonbal_Sunbal

「全般」とすると他の食品が皆かぶる。配点0にできないところがつらい。

具体的に1品種でお願いいます。パン,ビール等はOKです。


[7]>4 デゴルジュマン garyo

シャンパーニュ製法で、瓶内発酵時に生じた澱を取り除く作業。

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~urase/drink/winedass/degorgement.ht...

ボトルを逆さまにしたまま?25℃??20℃の塩化カルシウム水溶液につけ、首の部分に集まった澱を凍らせます。次に勢いよくボトルの栓を開けて、氷と一緒に 凍った澱を飛び出させて取り除きます。


[8]シドール garyo

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E9%85%9...

シードル (仏:シードル cidre 、英:サイダー cider )はリンゴ酒で発泡性のことが多いです。


[9]炭酸の日本酒 ls_10_5

生の濁り酒などが多いのですが、日本酒でも瓶内で発酵させ、その二酸化炭素を利用して炭酸にしているものがあります。


[10]松葉サイダーってのは反則でしょうか? kyokusen

http://www.naturetainment.com/asobi/saider.html

多分、松葉についている天然酵母の作用だと思うのですが、炭酸になります。


[11]チーズ australiagc

すみません、では一つずつ、まずチーズから。チーズにあるあの「穴」はバクテリアが発行過程で炭酸ガスを出したものが残って出来ます。


[12]続いて味噌 australiagc

アルコール発酵の過程で発生する炭酸ガスは、雑菌の繁殖を抑制させる効果があります。


[13]>7 いい回答ですけど Moonbal_Sunbal

あなたの回答には5点くらいつけたいけれど、いわしはその上の回答者にもポイントを与えなければいけないところがつらい・・・

・・・回答が即開いて(既回答を別の回答者が参考にできて)回答別にポイントが付けばいいのだけれど。


[14]有馬名物 炭酸せんべい australiagc

あまりに直接的過ぎて忘れてました。


[15]>14 そういう回答です Moonbal_Sunbal

が、その炭酸は温泉水に含まれている炭酸ガスでは?、または「重曹」(炭酸水素ナトリューム)では?


[16]>8 語源はそうですね。 Moonbal_Sunbal

サイダー=リンゴ、、ラムネ=レモン、シトロン=柑橘類の1種、ジンジャーエール=生姜・・・それぞれが主原料の炭酸発泡飲料ですね。自作のキーウィジュース、ニンジンジュース、パプリカジュースも約10℃で約1週間程度で炭酸飲料になってしまいました。飲んでみましたが・・・酸っぱかった。

殆どの野菜、果物は自前の酵素で発泡飲料になりそうです。ただし発酵と腐敗を間違わないようにしないと腹痛になりますね。


[17]>10 メカニズムは判りませんが Moonbal_Sunbal

正しい理解の回答だと思います。完全に生物起源の炭酸ガスの利用ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ