人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事用で使っているノートPCをSSD搭載のものにするかで悩んでいます。
http://ameblo.jp/monex-oki/entry-10289930716.html
を読んで、128GBのSSD搭載のノートPCを某量販店で試してみたところ、確かにOS・アプリの起動は爆速でしたが、エクセルのグラフ処理等では非搭載の機種との差異が感じられませんでした。店員に聞いても、「起動の早さ以外全く意味ないですよ」、「金持ちが満足のために買うものですよ、一般人にフェラーリはいりませんよね」と不必要の一点張り。あと2年もしたらきっと買い換えることを考えると、魅力が感じられなくなりました。
そこで質問なのですが、
1)残りのメリットとして駆動音が静か、バッテリの持ちが少し良くなる、といったくらいしか思いつかないのですが、オフィスソフトを中心に、メールとネットを普通程度にしか使わない人にとって、何か特筆すべきメリットというのはあるのでしょうか。外でも仕事はするのですが、価格を考えたらスピードは我慢できるので。。。
2)2年後くらいを見据えると、上述のブログのように、SSDがより安価になりノートPCにおいて広範に普及するようなものといえるのでしょうか。

●質問者: sutebuu
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:OS pc SSD アプリ エクセル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●35ポイント ベストアンサー

ランダムアクセスが遅いということですね。失礼ながら、その店員さんの発言は間違っています。

旧式のものや廉価なSSDであれば、そういうこともあるかもしれません。しかし、メモリチップがSLCのものや、MLCでも大容量キャッシュ(64MB以上)を搭載しているSSDであれば、ノートPCの現行2.5インチHDDより明らかに高速です。


松本大さんが購入したのは、おそらく 東芝 dynabook SS RX2/WAJ ですね。

PC Watchのレビューを見ると、4kアクセスでも無茶苦茶速いですね。デスクトップのHDDでも 1.0MB/s 前後ですから。


1)その他のメリット


2)今後の普及について

私は普及すると思います。

2.5インチHDDの容量は限界に達しつつありますし、HDDの発熱や振動の関係で、ノートPCをこれ以上軽量化できない原因にもなっていますので。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。メモリチップが大事なのですね。大いに参考にさせて頂きます。

ご想像に難くないかと思いますが、私も店頭で見ていたのはSS RX2の安い機種でした。今後の見通しについても、分かりやすくご指摘ありがとうございました。


2 ● きあ
●35ポイント

1)について

衝撃に強いです、HDDは軸を中心に回転していますのでSSDに比べ衝撃に弱いといった点が上げられます。

外でのお仕事が多いとのことですし、ぜひSSDをお選びください。と営業してみる。


2)今のところ技術的には先進的なものであるということ。もちろんそのため、販売価格には開発費が乗っているということ。

先陣を切っているメーカーが開発費を回収し、価格を下げた場合、後発のメーカーも競争のために下げるしかない状態に。

2年もあればそうなるんじゃないかなぁ・・・。


トリビアということで下記を紹介。フラッシュメモリ開発した方です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9B%E5%B2%A1%E5%AF%8C%E5%A3%A...

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。営業効果が効いてます。ぐんぐん欲しくなってきました。

NANDが1986年の発明だったとは…不勉強でした。


3 ● seble
●10ポイント

ssdはHDと違い、物理的な駆動部分がないためにそれによるトラブルがありません。

HDは駆動中の振動に弱く、読み書きの最中に本体を動かしたりするとヘッドとディスクが接触し、その部分を破損してしまう場合があります。

最近の2.5インチは自動退避装置がありますが、それでも完璧ではなく、瞬間的な振動には対応しきれないと思います。

SSDはそういった問題はないので、本当に持ったままの操作をしても大丈夫です。

グラフ処理の場合はほとんどがcpuの演算処理でしょうから、HDにしろSSDにしろ関係しないと思います。

まだ若干信頼性に欠けますが、メンテフリーや神経を使わなくても良いという点で逆に一般人向けと思います。

メールやネットなど軽い処理しかしないのにOSの起動に延々待たされたり、容量のほとんどを使い切らないような大容量は不要でしょう。

確かにバイト単価はHDに負けますが、必要容量で考えると同等レベルまで落ちてきました。

今は高止まりしていますが生産が増えるにつれ安くなるでしょうし、また、HDより構造が単純な事から劇的に安くなる可能性も秘めています。

(可能性というよりすぐにそうなるでしょう。バイト単価はともかく、メインメモリと同等の価格レベルにできると思います)

同時に信頼性も上がるでしょうから、今後はどんどんHDから代替されると思います。

あわてて乗り換える必要はありませんが、そのうち自然に乗り換わってますよ。

紙テープがFDや磁気テープになり、HDになり、同時に光ディスクなどにもなり、今度はシリコンディスクに移行するだけの事です。

HDは光ディスクと同等のバックアップ用の媒体となり、ssdはマザーに直接スロットで挿すとか直付けというような形でどんどんコンパクトになるであろうと思います。

(今でも、組み込み機器や超小型PCではそうなっていますね)

昔は自動車自体が金持ちだけの物でした。

町内に何台あるか?みたいな感じでしたね。

それが今じゃ1人1台ですね。

当時も今もフェラーリはフェラーリで高嶺の花のままですが、SSDは決してフェラーリではなく、強いていえばトヨタコロナかな?

(あれ?今はコロナって無くなったっけ?)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ