人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

下記URLの記事に書かれている「オープンソースjava」「商用java」とは、それぞれ、具体的に何のことをさしているのでしょうか。
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/casestudy/nec_pegasus/nec_pegasus_01.html

よろしくお願いします。

●質問者: kyoko55
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Java URL オープンソース
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●20ポイント

アンケートの本文を見ていないので、確かなことは言えませんが、以下のようなことだと推測されます。


Java本体を供給する Sun Microsystems は、Javaに対して複数のライセンスを用意しています。

このうち、SCSL(Sun Community Source License)が「商用ライセンス」に該当すると思われます。SCSLは、ソースコードは無償提供されますが、自社製品にJavaまたはその派生物を組み込んで販売し、利益をあげるような場合には、利益に応じたライセンス料を支払うというものです。


SCSL 意外のライセンスである、JRL(Java Research License)、JIUL(Java Internal Use License)、JDL(Java Distribution License)は「オープンソースJava」を指していると思われます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

複数のライセンス・・・初めて知りました。


2 ● newta
●35ポイント

あんまりしっかり書いてなくて分からないですが、

TomcatやJBossとPostgreSQL、Linuxのオープンソースの環境でのjavaと

WeblogicとかとOracleやSQLServer、WindowsやUnixって言う高機能、高品質なものってことじゃないですかね?

ちなみにアプリケーションサーバ、DB、OSの順で並んでます。


まあ、java屋から見たら細部は違ってもメインの部分はほとんど変わらないように感じますけどね。

企業としては項目として分けるほどに収益が違うのでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

理解できました。


3 ● b-wind
●40ポイント ベストアンサー

@IT [FYI] Webアプリケーション・プラットフォームとしてWindowsを選択する理由

上記連載で同じアンケートが使用されています。


で、この連載中では以下のように定義しているようです。

@IT [FYI] Webアプリケーション・プラットフォームとしてWindowsを選択する7つの理由<前編>

いまや定番ともいえる商用アプリケーション・サーバ製品が存在する。例えば、IBM WebSphereやBEA WebLogicなどが代表的なそれだ

Webアプリケーション・プラットフォームとしては、オープンソース・コミュニティが提供するJBossやJakarta Tomcatなどのプロダクツを組み合わせること

つまりアプリケーションサーバーまで含めたプラットホームとしての比較らしいです。


個人的には素の .NET と並列に並べられると違和感はありますがこの文脈ではそういう定義です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

理解できました。

連載のURLは大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ