人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

"principal component factor analysis"の日本語訳って「主因子法による因子分析」でよいでしょうか
? また,この英・和の用語を対応させて書いて有る文献・サイトがあれば御教示下さい.

●質問者: relattori
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:Factor サイト 対応 日本語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● lqdf
●35ポイント ベストアンサー

「主成分分析」(PCA; Principal Component Analysis)のことだと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E6%88%90%E5%88%86%E5%88%8...


"EXAFS and principal component analysis: a new shell game"というタイトルの論文中に"The use of principal component (factor) analysis"というフレーズがあるらしいのをみつけましたが(Googleの検索結果の部分には出ていた)、購読していないと中が見られないので、未確認。


http://www.scielo.cl/pdf/ijmorphol/v24n4/art09.pdf

↑(PDF)この中でも"Principal Component Analysis"と"Principal Component Factor Analysis"(タイトルにしか使っていない)を混ぜて使っているようです。

◎質問者からの返答

迅速なレスありがとうございました


2 ● m&M
●35ポイント

主成分分析(PCA)と因子分析(FA)が混同されたか(誤用または厳密な区別なく手法として記述)両方を手法的に同等として扱っている論文であろうと思います。

この話、長い論争の歴史があるようで、以下にその考察があります。

主成分分析は因子分析ではない!

http://koko15.hus.osaka-u.ac.jp/~kano/research/seminar/30BSJ/kan...

因みに、Google Scholar で検索すれば、沢山の principal component factor analysis の論文がヒットします。

しかし、これらは上述の混同〜誤用、区別をしない立場の論文と思われます。

http://scholar.google.co.jp/scholar?q=%22principal+component+fac...

中には、principal component (factor) analysis といった記述のものもあります。

手法の専門家でないために、上述の論争のどちらの立場で何を行ったかが明確でない研究者(手法の利用者)が、このような曖昧な表現を用いるのではないかと思います。

日本語のサイトに絞ってみても状況は同じで、手法としての記述を曖昧に表現している論文が多いように思います。

http://scholar.google.co.jp/scholar?start=10&q=principal+compone...

以上、ご参考まで。

◎質問者からの返答

迅速なレスありがとうございました.

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ